2018年 12月 の投稿一覧

VIO脱毛について知らない女性へ

女性の艷やかな肌の美しさは、男性すべてを魅了します。
いつの間にか「美肌」という言葉が作られましたが、それが普及したのも、人が肌の美醜にこだわっている証拠。

また美しい肌は健康さにもつながるため、キレイな光沢を帯びた肌に視線を奪われるのも生物的な本能なのかもしれません。

10代20代の女の子が季節を問わず肌を露出したファッションをするのも、人を惹きつけるその魅力を知っているからでしょう。
特にシルエットの美しさを兼ね備えていると、男性だけでなく同じ女性の目もついそちらに向いてしまいます。

面白いことに、周りの視線を浴びるとその美しさも磨かれますから、さらに肌を露出しようという気になります。

ただ引き締まった健康的な肌をアピールするのはいいのですが、その時に気を配る必要があるのが、知らないうちに成長しているムダ毛の存在。

処理をしっかりと施していないとみっともないですし、一旦美しい肌に視線を向けた男性からも「あんなに露出しているくせに手入れもしてないのか」と軽蔑されかねません。

ただ、月に何回も毛抜きやカミソリで自己処理するのは面倒という女性も多いでしょう。そんな人にとって助かるのは、プロが熟練した技術で脱毛してくれるサロンやクリニック。テレビのCMや雑誌の広告などで、それらの名前はすっかり世間に流布しています。

実は、脱毛がこれほど人気を得たのは近年になってから。以前は電気バリを毛穴に突き刺すという大変な方法を取っていたこともあり、ビックリするような費用がかかっていました。そのせいで「カネとヒマのある中年女性が受ける贅沢なもの」というイメージがつきまとっていたのです。

しかし最近ではレーザー技術を応用したスピーディな脱毛マシンが開発され、脱毛してもらう女性が急増。
さらに初心者をターゲットにした様々なキャンペーンが盛んにおこなわれています。

また、脱毛の対象となる部位も以前よりさらに多くなりました。以前は夏にムダ毛の目立つところ(ワキや脚)が施術部位のメインだったのですが、現在では腕や顔に加え、「VIO」というパーツが人気となっています。

それを聞いて「え、VIO? それって体のどこ?」という女性もいるでしょう。脱毛人口は驚くほど増えましたが、サロンや専門クリニックとはまったく縁のない人も多いのですからそれも当然です。

そこでこのサイトを作ってみました。VIO脱毛についての基本的な紹介し、あわせて脱毛一般のトピックもいくつか取り上げています。

「VIO」って一体どこを指すの?

「VIOとは何?」と聞かれて、「コンピューター関係の専門的な用語」と答える人がいるかもしれませんが、もちろん間違っています。実は美容業界で「デリケートゾーン」と名付けられた部位、つまり女性器からお尻にかけての股間一帯を指します。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(股間前面のトライアングルで、「ビキニライン」とも呼ばれる)
・Iライン(女性器の両サイドの細長い部位)
・Oライン(肛門を中心に円を描いた半径2センチくらいの部位。「ヒップ奥」と呼ぶクリニックもある)

をあらわしています。

つまり、各パーツと形が似ているアルファベットがあったことから「VIO」と付けられたので、別に長い用語の略称ではありません。

というわけで、「VIO脱毛」を一言でいえばアンダーヘアーの脱毛のこと。

そしてVIO3つを一気に無毛状態にする場合は、「ハイジニーナ」という別の名前でも呼ばれます。

「外国でアンダーヘアーの脱毛が流行っている」というニュースが流れた時、その呼称は「ハイジニーナ脱毛」でした(現在でも、VIOではなく「ハイジニーナ脱毛」という言い方をしているサロンや医療クリニックがあります)。

その時は、美容に関心の高い海外の女優やモデルがおこなっている変わった脱毛、というイメージがあったのですが、それから年月が経ち、いまでは日本でもすっかり人気のあるプランとなっています。

「これから脱毛する予定」という女性の間でも、「最も施術したい部位は何?」と聞かれて、VIOと答える人がたくさんいます(実際、各種のアンケートでもワキに続いて2位となることが多いようです)。

ただ上で述べたようにVIOは3つのパーツを合わせた呼称なので、実際の契約にあたってはそれぞれバラバラに脱毛することもできます。

Vライン脱毛での定番デザインには、どんなものがある?

Vラインは、デリケートゾーンの3つの部位のなかでも、特に施術希望が多いところ。

外国ではハイジニーナが流行っているので、Vラインも完全にツルツルにしてしまう女性が相当数います。しかし、日本ではまだまだ無毛には抵抗があるらしく、女性のほとんどが一部のヘアーしか脱毛しません。

その場合、「残ったヘアーをどんな形にするか」が問題となります。

サロンやクリニックでは、次のように定番デザインを何パターンか用意しています——

・逆三角形

定番デザインの中でも1番人気があるもの。とてもナチュラルなので、「脱毛しました、というデザインはイヤ」という女性にはもってこいでしょう。

・オーバル型

オーバルというのは英語で「楕円」という意味。ナチュラルさは「逆三角形」ほどではありませんが、デザインそのものは女性らしい可愛らしさがあるので、結構人気があります。

・Iライン型

デザインの中では最も大胆なもの。細い線状になるよう、アンダーヘアーを処理します。露出度の高い水着や下着を楽しみたいという場合にはピッタリ。また縦のラインが強調されるので、足を長く見せたい人にも向いています。

・Uライン型

「逆三角形」を元に、尖った縁を柔らかく処理したもの。ナチュラルさを保ちながら脱毛範囲を広くしたい、という人に最適です。

・スクエア型

「Iラインは大胆すぎてできない……」という女性がよくチョイスするデザインです。ただ、やはりナチュラルな感じはしないので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに、クリニックと契約してレーザー脱毛を受ける人は、デザインはよく考えて決めて下さい。

というのもレーザー脱毛だと毛根部位は徹底的に破壊されます。一度脱毛するともう毛は復活しないことが多いので、施術部位は生涯そのまま、ということになります。

もし大胆なデザインにしてしまうと後々悔やむこともあるので、なるべくナチュラルな形にしておく方が無難です。

Oライン脱毛にはどんなメリットが?

V、I、Oの中でも、VラインとIラインはとりわけ脱毛希望者が多くなっています。露出が高めの水着や下着を楽しむなら、どうしてもこの2箇所のヘアーは脱毛しなければならないからでしょう。

ところがOラインだけはなぜか不人気。VとIの陰に隠れる形で、施術希望部位のランキングに入ることがありません。

でもOライン脱毛をすれば肛門付近は非常に清潔になります。ムレが少なくなり、ニオイの不快感も改善されます。

また、セックスをおこなう時も体位によっては男性の目がOラインに向けられることがあるのですが、脱毛しておけば安心できます。

施術の際は、紙パンツが手渡されるのでそれに履き替えます。スタッフがそのパンツをずらしながら、脱毛マシンで施術していくわけです。

「うつ伏せでの開脚姿勢」か「四つん這い」が、施術時の姿勢。恥ずかしさの点で前者の方がマシなので、「うつ伏せで」とスタッフにリクエストしましょう。

最初の頃は恥ずかしいでしょうが、施術を繰り返せばそのうちに慣れてきます。

時間も10〜15分しかかかりません。ぜひOライン脱毛にチャレンジしてみて下さい。

VIO脱毛の費用はどれくらい?

脱毛してみたいと思った時、真っ先に調べるのはその料金でしょう。

ここでは「VIO3つをすべて脱毛するコース」の施術料を紹介してみます(3つを個別に脱毛する場合は金額も違ってきます)。

まず、サロンでの施術の場合。

有名サロンの施術料は下の通りです——

毛を減らす程度に抑える

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回で、1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回で、1回分は13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回で、1回分は8,640円]

徹底的にツルツルの状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回で、1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回で、1回分は9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回で、1回分は9,180円]

続いてクリニックでの施術の場合。

有名クリニックの施術料は下の通りです——

毛を減らす程度に抑える

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回で、1回分は10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回で、1回分は12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回で、1回分は19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回で、1回分は18,540円]

徹底的にツルツルの状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回で、1回分は9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回で、1回分は11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックは、8〜9回のプランなし)

こうして一覧で比較すると、サロンの方は回数が多くて意外に割高。普通高いと言われるクリニックの方がリーズナブルなのがわかります。

特に湘南美容外科が格安なので、VIO脱毛してもらうならここが第一候補でしょう。

なぜ脱毛では何度も施術を繰り返すのか?

最近はブームということで脱毛を受ける人が増えました。ただ、その施術の詳細についてはまだまだ無知な人が多いようです。

例えば「施術を一度受ければ、それだけでその部位は一生無毛状態になる」と勘違いしている方がいます。

確かに施術してもらうと、普通2週間以内に毛が抜けてツルツルになりますが、しばらくすると毛はよみがえります。そんな再生を防ぐには、日数をかけて施術を繰り返す必要があるのです。

「短期間に施術を繰り返したら?」と思う人もいるでしょうが、発毛の仕組みとの関係でそうもいきません。

毛は伸びては抜けることを繰り返していて、そのサイクル(毛周期)は「成長期」「退行期」「休止期」で構成されています。

毛根から成長し、肌へ先端を出す時期が「成長期」。

伸び切って成長がストップした時期が「退行期」。

毛根から離れ、抜けるのを待っている時期が「休止期」。

実は脱毛マシンの効果があるのは、このうちの成長期だけ。

しかも毛一本一本の成長期は異なるので、どうしても脱毛の施術には日数がかかってしまう、というわけです。

トラブルを避けるために施術後の肌をしっかりケア

サロンや医療クリニックでは、脱毛機で施術をおこないます。

現在主流となっているマシンは、レーザー系の光線を肌に照射するもの。この光線は肌には無害で、メラニン色素を含む毛と毛根部位だけに大きな損傷を与えます。

この時、毛根は高熱で焼かれるので、それに接した毛穴も軽微な火傷を負うことになります。

すると肌の水分が蒸発し、バリア機能も一時的に衰えます。そうなると赤み、かゆみ、そしてむくみといった症状が起こりがちになります。

それだけならまだいいのですが、その部位を爪で掻きむしったりすると菌が入りこみ、さらに重篤なトラブルの一因となります。

特に注意したいのが毛嚢炎です。これは毛穴から菌が侵入して炎症となったもの。見た目がブツブツしている上に赤みを帯びていて、ニキビにそっくりです。

普通炎症は軽いので、かゆみも痛みも生じません。放置しておいても、1週間くらい経てば自然に完治してしまいます。

しかし毛穴の奥に感染が及ぶと、段々ふくらみが大きくなっておでき状になり、かゆみや痛みが生じてきます。

症状がひどいと慢性化し、何度も発症するようになるので要注意です。そうなると炎症が広がり、その痕を肌に残すことになります。

そんな事態を招かないためにも、施術後は入浴や飲酒、あるいは汗を伴う運動を避け、バリア機能の衰えた肌を守りましょう。

以上、VIO脱毛に関する初心者向けの情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし、毎週のようにアンダーヘアを自己処理しているのなら、ぜひ一度脱毛してもらうことをおすすめします。カミソリや毛抜きを用いた自己処理は肌に大きな刺激を与えるので、深刻な肌トラブルを引き起こしかねません。

脱毛すれば股間が衛生的になるばかりでなく、肌トラブルを未然に防ぐことができます。

自己処理にウンザリしているならぜひ足脱毛を

すっと伸びた足で、軽やかに街を歩いていく女性。いかにも都会的でソフィスティケートされた魅力があります。
女らしさをアピールするなら、足という部位を誇示したくなるのは当然です。

特に自分のスタイルの良さを心得た人なら、多少寒い季節でもその美しい脚を露出し、周囲の注目を集めようとするでしょう。

ただシルエットは文句なしとしても、その肌に生えているムダ毛がそのままだと価値は半減します。

やはり艷やかな肌合いがあってこそ、足の美しさは引き立つものです。ムダ毛の処理がいい加減な女性には「足を見せびらかしているにしては、肌の手入れを怠ってるんだな」と、かえって軽蔑を含んだ視線を向けられてしまうでしょう。

「そんなこと言われなくても熱心にムダ毛に対処している」という女性も多いでしょう。ただ、カミソリ、毛抜き、除毛クリームなどで自己処理していると肌へのダメージが積み重なっていき、せっかくの美しい足に肌トラブルが起こる確率が高くなります。

肌をキレイにするためにやっているのに、シミや色素沈着を生じさせては本末転倒です。

「色々とトラブルの多い自己処理なんてやめて、サロンや医療クリニックで1度脱毛しようかな……」

そんな考えを抱く人も少なくないでしょう。

でも経験がない場合、わざわざサロンやクリニックに出かけて脱毛の契約をするというのは、男性が考える以上にハードルが高い行為です。

「脱毛完了までに、一体どれほどの日数が必要なの?」
「施術はどれくらいの頻度で受けないといけない?」
「施術のせいで肌が乾燥し、かえって状態を悪くすると聞いたけど?」
「1番リーズナブルなサロンで料金はどれくらい?」

こうした脱毛についての疑問がネックとなって、結局脱毛を経験せずに自己処理を継続している、という女性も少なくありません。

そこでこのページでは、サロンやクリニックにおける足脱毛の料金、プランの選び方、そして脱毛が終わるまでにかかる日数や施術回数などについて、色々と解説してみることにしました。

以下に紹介する情報が、脱毛初心者の疑問を解決できれば、と思います。

脱毛料金がお得なサロンと医療クリニックはどこ?

足というのは体の中でも大きなパーツだけに、その表面積はワキや顔などとは比べ物になりません。そのため、脱毛は「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲・指」など、細かく分けられたパーツごとにおこなわれるのが一般的です(もちろん、足全体をまとめて施術するプランもあります)。

サロンやクリニックによって各部位の料金は相当大きな違いがあるので、各サイトなどを綿密にチェックすることが大事です。
そこに書かれた料金を比較検討することによって、よりリーズナブルに脱毛できます。

では、その中でも特に料金が格安のところはどこでしょうか。以下、サロンとクリニックの名前とその料金をまとめてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(施術6回分)
・ひざ下……18,000円(施術6回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(施術8回分)
・足全体……48,000円(施術8回分。ひざ上・ひざ下は6回分)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(施術8回分)
・ひざ下……42,000円(施術8回分)
・ひざ……21,000円(施術8回分)
・足の甲・指……21,000円(施術8回分)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(施術8回分)
・ひざ下……31,200円(施術8回分)
・ひざ……14,400円(施術8回分)
・足の甲・指……14,400円(施術8回分)
・足全体……91,200円(施術8回分)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(施術8回分)
・ひざ下……31,840円(施術8回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(施術8回分)
・足全体……95,520円(施術8回分)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(施術5回分)
・ひざ下……41,250円(施術5回分)
・ひざ……13,750円(施術5回分)
・足の甲・指……13,750円(施術5回分)
・足全体……92,900円(施術5回分)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(施術5回分)
・ひざ下……89,800円(施術5回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(施術5回分)
・足全体……119,800円(施術5回分)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(施術6回分)
・ひざ下……81,000円(施術6回分)
・ひざ……28,750円(施術6回分)
・足の甲・指……28,750円(施術6回分)
・足全体……219,500円(施術6回分)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(施術5回分)
・ひざ下……60,000円(施術5回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(施術5回分)
・足全体……100,000円(施術5回分)

となりました。

格安サロンの中でも特に費用がリーズナブルなのは、なんといってもミュゼです。ひざ上・ひざ下の2つを施術してもらっても36,000円なので、他の店よりもグッとお安くなります。

ただ、太ももからつま先に至るまで脱毛したいとなると銀座カラーがおすすめ。通い放題なのに151,152円というのは非常にお得です。足全体をツルツルにしたいという方はこのコースがベストでしょう。

続いてクリニックですが、サロンより脱毛効果が高いだけに料金も安くはありません。その中ではアリシアクリニックが1番お得。ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指をすべて網羅した足全体プランが92,900円です。

高級なクリニックになると、部分脱毛といっても40万円以上の施術料をとるところもあります。
それらと比較すると、足全体で10万円以下というのは本当にリーズナブルです。

脱毛を初体験するならジェイエステティックで

全身脱毛ほどの値段はしませんが、足脱毛も決して料金が安価とはいえません。

「脱毛について全く知らないのに、いきなり高額のコースを契約するのは怖い」という方は、ジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で脱毛を一度体験してみましょう。

これは、「両ワキ12回」プラス「体の18部位から3つをチョイスして1回」だけ脱毛できるというコース。驚きなのはたった300円で施術可能という点です。

これで施術がどんな具合なのか経験した上で、改めて自分に合ったサロンやクリニックを探すといいでしょう。

ムダ毛処理が完了するまでの回数と日数は?

足脱毛の費用については上記でお分かりになったと思います。

続いて、脱毛が終わるまでの日数と回数について説明しましょう。

公式HPでサロンとクリニックのデータを調べてみると、以下のような結果になりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

この数字を見て、「予想よりもはるかに回数と時間がかかる」と思った人が多いかもしれません。

実は「足は脱毛部位の中でも施術効果が現れやすい」とされています。それでも上記のような長い期間の施術が必要なのです。

これはなぜかというと、現在の脱毛方法と、毛が生え変わるサイクルが密接に関係しています。

それを次のセクションで説明していきましょう。

長期にわたる施術が必要な理由とは?

脱毛方法から説明していきましょう。

現在、脱毛サロンと医療クリニックで使われている脱毛用のマシンのほとんどは、肌にレーザー系の光を直接照射することでムダ毛にダメージを与えます。

この光は薄い色の肌には全く何の影響もありません。ただ黒いメラニン色素にぶつかることで熱エネルギーに変化する特質を備えています。ですから肌への照射により、黒い毛だけがその影響を受けることになるわけです。

熱エネルギーは、皮膚の奥に隠れた発毛組織(毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部)に大きな損傷を与えます。このことでムダ毛は伸びなくなり、肌はツルツルに変わります。

「それなら照射は1度やればそれで終わりなのでは?」と思われるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。
というのも、ムダ毛は見た目は全部同じに思えても、毛根部分では一本一本の状態が異なっているからです。

体毛は絶えず生えたり抜けたりしており、そのサイクル(毛周期)は「休止期」「成長期」「退行期」という3つの時期に分かれています。このうち光の照射によって脱毛効果が生まれるのは、「成長期」(毛が成長する時期)のみです。

残りの「退行期」(成長を終えた毛が毛根から離れる時期)、そして「休止期」(毛根から切れた毛が抜け始める時期)は、施術しても効果がありません。

光の照射後1〜2週間すると成長期の毛は抜け落ち、1〜2ヶ月間だけツルツルとなります。

やがて毛が伸びたら再び施術。これを1年以上に渡って繰り返すと毛が弱体化し、本数も少なくなります。

このようにして毛の一本一本を毛根から衰えさせ、ようやく脱毛が終了するわけです。

そのため、施術は非常にゆっくりしたペース(1〜2ヶ月に1回)になってしまいます。

以上、なぜ脱毛に回数と日数がかかるのか、理解頂けたでしょうか?

施術を早めるのは上記の事情のためにかなり困難です。
「サロンや医療クリニックに1年以上通う必要がある」ということを脱毛を始める前に理解しておきましょう。

脱毛によって足のブツブツが治る?

ムダ毛をカミソリで剃り続けていると、肌に黒いブツブツができてしまうことがあります。

これは、カミソリによって生じる「埋没毛」です。

カミソリで自己処理しているとどうしても角質層にダメージが及び、それを元に戻そうと新しい皮膚が作られます。

しかし、その皮がフタのように毛穴をふさいでしまうことがあり、そうなると毛が表面に出ずに成長していきます。これが埋没毛です。

埋没毛を解消するためにも、サロンやクリニックで脱毛しましょう。
自己処理をする必要がなくなり、肌のコンディションが保たれます。

さらに保湿ケアをしっかりとおこなうサロンやクリニックなら、施術で乾きがちな肌もキッチリと潤い、効果もアップします。

施術を継続するうちに、肌は着実にキレイになっていくでしょう。

足脱毛の疑問点とその回答

Q.足脱毛の施術時にふさわしい服装とは、どんなもの?

サービスが行き届いたサロンやクリニックでは、施術用のガウンを貸してくれます。そんなところなら、どんな服で出かけてももちろん構いません。

格安プランの場合は、私服のまま脱毛をおこなうこともあります。
その場合は下半身だけショーツ姿になる必要があるので、ワンピースは避けましょう。

また、専用ジェルを塗って施術するサロンやクリニックでは、ジェルがショーツに付いてしまうことがあります。替えの用意がない店に通うなら、自分でショーツを持参して下さい。

Q.色素沈着があると施術はできない?

サロンとクリニックの有名どころに質問してみたところ、「色素沈着があると、残念ながら施術はできません」とのことでした。

上で述べた通り、脱毛マシンの光は黒いメラニン色素に当たると熱エネルギーに変わります。色素沈着にも光が反応して熱が生じることがあり、万一に備えて施術は不可となっています。

どうしても施術してもらいたいなら、「美容電気脱毛」のできるクリニックを選びましょう。
これなら電気バリを使うため、色素沈着があっても脱毛可能です。

施術後のアフターケアに関して

脱毛マシンの光を浴びると、肌の防御パワーが一時的に低下します。刺激にも弱くなりますから、しっかりしたアフターケアが欠かせません。

施術直後に気をつけたいのは「入浴をしない」ということ。どうしても汚れを流したい人は、低い水温のシャワーを浴びて下さい。汚れを落とす時も肌をこすってはいけません。

また脱毛後の皮膚は肌トラブルを生じやすくなっています。
施術直後は当然ですが、翌日もたっぷりと潤いを与え、ケアに気を配りましょう。

保湿には普段使っているクリームやローションを塗ってもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液ならさらにケア効果があがります。化粧水の後にミルクローションを塗れば、潤いの補給も十分でしょう。

以上足脱毛に関して、基本情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

繰り返し書いてきましたが、肌に悪影響を与える自己処理はおすすめできません。
肌の状態を改善するためにも、自分に合ったサロンやクリニックで脱毛してみましょう。