2019年 4月 の投稿一覧

自分にふさわしいメンズ脱毛サロンの選び方

美に関心の高い人は自分の外見に気を使うものです。
特に外界からのダメージにさらされやすい肌の手入れは欠かせませんが、その時に邪魔っけになるのが、いつの間にか伸びてくるムダ毛です。

習慣的に抜いたり剃ったりする人がほとんどでしょうが、実はカミソリやクリーム、あるいは毛抜などによる自己処理は、手軽にできる代わりに難点も少なくありません。これらのツールは肌へ負担をかけ、それがひどくなると、黒ずみ、埋没毛といった肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

そんな面倒な事態を避けたいなら、専門家の手で脱毛してもらうのが1番です。

昔、脱毛は「費用がバカ高いうえにすごく痛い」というイメージがつきまといましたが、新しいマシンの導入もあって面目を一新。施術料はかなり値下げされ、今では女子高校生ですら気楽に施術を受けています。

また「醜い体毛をキレイに処理したい」という男性も多くなり、男性専門のサロンも続々と新規オープンしています。

ただ脱毛に挑戦したいと思っていても、サロンというのは男性にとってハードルが高いものです。

「コストはいくらかかる?」
「脱毛完了までに何日くらい必要?」
「施術は最低何回?」
「痛みはひどい?」

これらの疑問がネックとなり、結局、サロンと縁遠いままの男性も少なくありません。

そこでこのサイトを作ってみました。メンズ脱毛サロンに注目し、そこで使われている脱毛技術、料金、完了までの時間、痛みの程度、そしてサロン選びのポイントについて解説していきます。
脱毛にトライしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛について

光脱毛について
脱毛について聞かれて「毛穴ひとつひとつに針を入れ、毛根を焼く」という施術方法を答える人がいます。

この返答はあながち間違ってはいません。実際、20年ほど前の脱毛クリニックやエステサロンでは、針に似た使い捨ての電極(プローブ)を毛穴に挿入し、微弱な電気を流すという手法で、ムダ毛の除去をおこなっていました。

これは1869年に考案された「電気分解脱毛法」というもの。アメリカのセントルイスで開業していた眼科医チャールズ・ミッチェルが最初におこないました。

成功すれば死ぬまで無毛の状態を保てるために、この方法は大変普及し、改良された機器が日本にも入ってきました。そして「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼ばれ、当時1番使用頻度の高い脱毛方法となったのです(今でもクリニックの一部で用いられています)。

ただ、この脱毛方法は細いプローブを毛穴に1本1本入れていくため、たいへん手間と時間がかかりました。

やがて、このニードル脱毛に取って代わる脱毛方法がアメリカで発明されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、毛根に直接触れずにムダ毛を処理する、という点で革命的でした。

この原理が、やがて「光脱毛」という脱毛方法を生み、現在のサロンで用いられるようになります。

光脱毛の種類に関して

ここで光脱毛について、ちょっと解説してみましょう。

光脱毛は各方式によって何種類かのライトが使用されますが、それらは肌に射出されると毛の成分のひとつであるメラニン色素に吸収されます。

吸収されたライトは熱エネルギーに変化し、毛根部分で高熱を発生させます。これで発毛器官が衰え、毛の成長が妨害されるわけです。

この施術を長い時間をかけて何度も続けることで毛の本数は段々少なくなり、やがて部位全体がツルツルの状態となります。

今のところ、光脱毛には以下のような方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴をざっと説明していきましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで1番よく用いられている脱毛方法です(「フラッシュ脱毛」と言っているサロンもあります)。IPL(インテンスパルスライト)という広帯域のライトが毛乳頭などの発毛細胞を弱体化。数ヶ月から数年に渡って施術していくと、効果が実感されてきます。

難点は照射時にちょっと痛みがあること。ただ非常に軽微なものなので、問題になりません。

次にSSC方式。「SSC」というのは「スムース・スキン・コントロール」を略したものです。

この方式の1番の特徴は、光線とジェルを併用するところです。

ジェルには、「トレジャービーンズ」というごく小さなカプセルが配合されています。
ジェルを部位に塗った上からクリプトンライトを照射すると、このカプセルが弾け、中に入っている有効成分が毛包に染み込んでいきます。

主な有効成分は、イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、サリチル酸、メントールなどが配合されたフィリニーブ。抑毛効果はもちろん、炎症抑制、保湿効果を備え、施術後の乾燥によるトラブルを防ぐことができます。

脱毛効果を持っているのはあくまでジェルなので、ライトは低い温度でも問題ありません。ですからIPLよりも痛みは軽減されます。

次にSHR方式。こちらは「スーパーヘアリムーバル」を略したもので、「蓄熱式」とも呼ばれます。

上記の方式では毛根が損傷を与えられる部位となっていましたが、SHRの場合は毛根の一部であるバルジ領域が標的です。バルジ(bulge)というのは「ふくらみ」を意味しますが、名前の通りに少しふくらみのあるパーツです。
毛の底部に存在する毛球、毛乳頭よりも肌の表面に近いところにあります。

このバルジ領域は毛球部に刺激を与えて毛を産生させている組織。つまり、バルジ領域だけを弱体化すれば、ほかの毛根部分はそのままでも毛は伸びてこないわけです。

バルジ領域は大変敏感な部位なので、時間をかけて低い熱を加え続ければ、十分なダメージを与えられます。このことで痛みが非常に少ない施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子を弱体化するため、毛にメラニン色素が含まれていなくても大丈夫です。施術のライトは36度〜38度しか温度が上昇しないため、痛みがまったくありません。
ただ、デメリットとしては顔のヒゲを脱毛するのが難しいため、男性には不向きかもしれません。

光脱毛と医療レーザー脱毛を比較する

比較する
サロンでは上に列挙したような方式が主流ですが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインで用いられています。この2つについて様々な点を比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、及び除去できるムダ毛の割合は、以下のようになっています——

・6回  約50パーセント
・12回 約80パーセント
・18回 約95パーセント

一方、医療レーザー脱毛の場合、約95%のムダ毛を処理するのに5回か6回ですんでしまいます。

レーザー脱毛の原理は光脱毛と基本的に変わらないのですが、照射出力に関しては段違いなため、このように回数が少なくなるのです。

「なぜ一回の施術で全部のムダ毛を処理できないの?」と思われる人がいるでしょうが、それは毛幹(肌の外に伸びている部分)のムダ毛にしかレーザーやIPLなどの光線が反応しないためです。

毛には発毛サイクルがあり(「毛周期」と呼ばれます)、光の照射は成長期の毛、つまり毛幹の毛にしか効果がありません。他の毛は肌の下に埋もれているので、除去しようと思ったら成長期を待つ必要があります。
IPL方式の場合は「輪ゴムで弾かれたほどの痛み」と言われますが、ほかのSSC方式、SHR方式、ハイパースキン法などは、光を照射されてもほとんど痛みは感じません。

もちろん、それだけ照射出力は抑え気味で、「肌がツルツルになってきた」と実感できるまでの日数は長くなります。

一方、医療レーザーは威力が抜群に強いため、照射時はいきなり針を刺したような激烈な痛みがあります。ただ効果は優れているので、この痛みはやむを得ないとも言えます(痛みに敏感な人には、別料金を取って部分麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みはあくまで瞬間的なもので、重篤なヤケドのようにずっとズキズキするわけではありません。また、施術を続けて毛が段々と減っていくと、痛みはもっと軽くなるので、その点は安心です。

色々なケア

サロンの光脱毛はムダ毛の処理だけでなく美肌ケアもサービスされている場合が多く、施術時に塗られる専用ジェルに保湿成分が入っていたり、脱毛後の冷却にたっぷり時間をかけたりしています。

一方、レーザー脱毛だとクリニックだということもあって顧客サービスはなく、冷却もやらないケースがあります。

心地よいサービスを求めるなら、サロンの方にすべきでしょう。

光脱毛&サロンの長所・短所

長所・短所

長所

・クリニックと比較すると、料金が圧倒的に安い
・痛みが軽微で、ハイパースキン法を選べば全くの無痛
・ジェルのケアや部位の冷却など、顧客サービスが優れている
・店内が非常にキレイで心地よい

短所

・レーザー脱毛よりも施術に時間がかかる
・薄い色の毛や産毛は、メラニン色素が少量なので脱毛しにくい

サロンをどうやって選ぶか?

どうやって選ぶか?
メンズ脱毛サロンをチョイスする時の留意点をいくつかあげてみます——

顧客が本当に男性オンリーなのか調べる

メンズ脱毛サロンというと、「顧客は男性だけ」と思いこみがちですが、実際は男性をメインにしているだけで、女性でも顧客になれる店もあります。

通常の有名サロンでなく、メンズ専門店を選んだ男性の中には、施術に訪れたところを女性に見られたくないという人も少なくないでしょう。

それなのに、店内でその存在を気にしなければならない、というのはイヤなものです。

そのサロンの顧客が本当に男性だけなのかどうか、あらかじめ店に質問しておきましょう。

男性のスタッフを指名可能か?

顧客は男性だけ、というメンズ脱毛サロンでも、実は男性脱毛士が施術を担当するとは限りません。中には女性のスタッフがマシンを操作するところもあります。

「女性脱毛士に施術をされるのはイヤだ」という男性も結構多いと思いますので、男性のスタッフを指名できるか、という点もあらかじめ確認しておくべきです。

施術技術をネットで調べる

これは特にメンズ脱毛サロンだけのことではありませんが、サロンをチョイスする時はネットの口コミサイトをのぞいてみるべきです。

男性と女性の脱毛では、決定的に違う点があります。それは、施術の大変さです。

男性は男性ホルモンの分泌が多いためにどうしても体毛が濃くなり、女性と同じ施術では効果が中々あがりません。

そのため光線のパワーを高める必要があるのですが、これは経験豊富なスタッフでないとその加減ができないとされています。

つまり、スタッフの腕前によって、脱毛効果の差が大きく出てくるわけです。

ただ、サロン側はスタッフがどれほどの腕前なのかを明かしてはくれませんし、公式ページやカウンセリングだけでは、どのスタッフがベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際に施術してもらった顧客が意見を投稿しているので参考になります。

サービスの評判は?

サロンの場合、全身脱毛のプランだと2年くらいは店舗に通う必要があります。

施術回数もそれだけ多くなりますが、もし脱毛士の態度が良くないと、心地よい施術を受けることはできません。

どれだけ施術料が安くても、サービス面で不快だと、中途解約したくなるでしょう。

解約などという事態を避けるためにも、スタッフの対応について口コミをチェックしておきましょう。

以上、脱毛に挑戦したいという男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々な面から紹介してみました。

現在、脱毛はブーム状態です。サロンも多くなり、その競争も激化。値下げサービスもよく実施されているので、店のサイトなどを小まめにチェックするようにしましょう。

医療脱毛クリニックをいかに選ぶか?

20年ほど前、世間の脱毛に対するイメージは、とても良好とは呼べないものでした。「勧誘がしつこくてうんざりする」「施術する時の痛みが耐えられない」「肌の状態が悪化した」などなど……。
しかも料金がとんでもなく高く、ブルジョア限定の美容術、という印象がついてまわりました。

ところが今やローティーンの女の子でも施術に通うほど、脱毛は庶民的な行為になっています。かつてのひどい評判を考えれば、嘘のような変化です。

一度自分もチャレンジしたい、という人も増えているようですが、脱毛してもらうとなると足を向ける先は2つに限られます。脱毛サロン、そして医療クリニックです。

かつては有名芸能人が出てくるCMの影響もあって、サロンに行く人が圧倒的に多かったのですが、最近では医療クリニックの利点も理解されつつあり、どちらにするか困っている人も少なくないようです。

そこで、このサイトでは医療脱毛クリニックの特集をすることにしました。
その利点・難点、脱毛方法の特徴、そしてクリニックを選ぶ時のコツなど、役立つ情報を細かく取り上げていきます。

クリニック脱毛の特徴について

クリニック脱毛の特徴について
脱毛士と呼べる専門家が施術してくれるのは、今のところ医療クリニックと脱毛サロンしかありません。
もしクリニックを選ぶなら、その特徴を確認しておいた方がいいでしょう。

1)レーザー技術を使った施術

特別なライトを用いて施術するという点では、サロンもクリニックも変わりません。しかし、クリニックの場合、それが破壊力の強いレーザーであるところが最大の特徴です。

レーザー脱毛の可能性に気づいたのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュ。1983年、雑誌「サイエンス」に2人が発表した「選択的光熱凝固理論」は、古代オリエント時代にさかのぼる脱毛の歴史に大きな変革をもたらしました。

それまで脱毛といえば、針そっくりの電極(プローブ)を用いる「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)がメインでした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれるもので、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが1875年に考案。プローブによって毛根に直流電流を通し、発毛を促す器官を凝固化します。

その後、ポール・N・クリーという人物がこの脱毛方法を一般に広めますが、なにしろ1本1本の電極をたくさんある毛穴に差し入れていくために手間がかかり、それだけ施術コストも高くなってしまいます(例えば、両脇の処理だけでも20万円は必要でした)。
しかも毛包に電流を通す際に大変な痛みが伴うため、顧客も相当な忍耐を強いられます。

この状況を一変させたのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛は、ビームスポットから発射されるレーザー光線を肌に直接当て、毛に3%含有されるメラニン色素にアプローチする、という方法をとります。通常のライトと違ってレーザーは単一の波長を持ち、極めて強度が高いのが特徴。光が拡散せず、一方方向に一直線に進みます。また一点に集光することが可能なため、そのパワーは強烈です。

そしてもうひとつ重要な特性は、波長に応じて光が特定の色だけに作用する、という点。つまり、黒、青、赤などの色のついた組織に集光したレーザーを照射すると、それだけで大きなダメージを与えられる、ということです。

脱毛においては、黒色だけに反応するように光学素子や媒質によって波長を700nm〜1000nmにアレンジ。周辺の肌には影響がないため、ムダ毛へ直接照射ができます。
メラニン色素にぶつかったレーザーは65度〜70度ほどの高熱で毛根を包み込みます。

この高熱が発毛をうながす毛乳頭、毛母細胞といった器官を破壊し、肌を無毛状態にするわけです。

施術自体は、波長を調整した後、レーザー光線を当てるだけ。照射口のビームスポットの直径は数mmしかありませんが、ワンショットは約100分の1秒で終わるため、素早い処理ができます。美容電気脱毛のような厄介な手作業はいりません。

開発当時は、ルビーを媒質に用いたルビーレーザーだけが使用されていたのですが、これは白人向けでアジア人や黒人の肌には使えませんでした。
しかしその後、日本人用のアレキサンドライトが登場。
今はさらにYAG、ダイオードなど、色々な媒質を用いたレーザーが増え、部位や肌質に応じて選ぶことができます。

2)「永久脱毛」がおこなえる

脱毛についてはまだまだ理解がされておらず、「1度器械で脱毛すれば、その部位はずっとツルツルになる」と思っている人がいます。

もちろん、これは間違い。1回の照射ではダメージはわずかですし、発毛を促進する毛球部分は丈夫で、多少の損傷ではビクともしません。

さらに施術を発毛サイクル(毛周期)にあわせておこなわないと、ムダ毛処理は完璧にはなりません。2ヶ月に1回というペースで照射するうちに毛が減少し、ようやく脱毛が完了するのです。施術期間はプランによっては数年に達します。

ちなみにサロンでも毛根に作用するライトを使いますが、そのパワーが弱いために、発毛機能は一時的に減退しているだけです。
施術から数年すると、毛は再び伸びてしまいます。

その点、医療クリニックでは威力十分なレーザー光線を使うため、毛根が完全に破壊される可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」が可能なわけです。

3)医師資格がないと脱毛不可

上の項目でも少し書きましたが、サロンの脱毛はクリニックと似ているとは言え、器械から照射する光線の種類が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。また威力の点でサロンの光線とレーザーとは段違いの差があります。
サロンのスタッフに特別な資格が不要なのも、危険性が低いからです。

一方、レーザー脱毛は使用する光線が莫大な破壊力を持っているので、わずかな操作ミスが大きな事故につながりかねません。そのため脱毛をおこなえるのは、トラブルに対応できる医師に限られています。もちろん、ケガ治療の器具なども完備されているので、その点でも安心です。

医療脱毛のメリットとデメリット

メリットとデメリット

メリット

・マシンを操作するのが医師なので、トラブルが発生しても応急処置ができる
・脱毛が完了すれば一生ツルツルになる可能性が高い
・脱毛に要する日数が短めで、サロンと違って施術回数も多くない

デメリット

・格安プランのそろったサロンと比べると、料金がかなり高い
・施術時の痛みが部位によってはかなり強く、施術がイヤになる
・炎症、毛膿炎などの肌トラブルが起こる場合がある

サロンと医療クリニック その違いは?

上の項目でも脱毛サロンとクリニックの違いについて触れましたが、ここで相違点をまとめてみます——

料金

昔からサロンは派手な広告を女性誌に掲載していますが、そこには巨大な活字で「○月まで限定キャンペーン」「お得なディスカウント価格」などと書かれています。これで分かる通り、サロンのセールスポイントのひとつはその料金の安さです。

一方、医療機関であるクリニックでは、施術料が大きくディスカウントされることはあまりありません。

ここで、サロンとクリニックの料金を比較してみましょう。

まず脱毛サロンの料金を見てみます。有名なサロン20社の公式サイトから、部位別の平均施術コストを算出してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

という結果になりました。

次は医療クリニックです。こちらも有名クリニック20院の平均施術コストを計算しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

やはり一目瞭然、医療クリニックの方がサロンよりずっと施術料が高くなっています。特に顔の場合はその違いが極端で、クリニックの費用はサロンの3倍以上です。

効果

サロンとクリニックでは採用している脱毛方法が異なるため、効果についても差が出ます。

現在、サロンの脱毛方法は4つくらいあるのですが、その中で最もよく使われているのがIPL脱毛です(フラッシュ脱毛、光脱毛とも呼ばれます)。

ワンショットでの照射面積が広く、背中、腕、脚などの大きなパーツにピッタリ。照射出力も抑えてあるので、痛みもあまり感じずにすみます。

ただ気をつけなければならないのは、サロンの脱毛が正確には「抑毛」「減毛」だということ。つまり、部位が処理できたとしても、数年くらいでムダ毛は再生します。

一方、医療クリニックのレーザーは毛根を完全に破壊できる威力を備えていて、脱毛完了後は毛が再び伸びる可能性は低くなります。

保証

保証については、クリニックと脱毛サロンで違いはほとんどない、と言えます。

満足できるまで施術可能な「永久保証」、決められた期間だけ有効期限を延ばせる「期間保証」、中途解約時に未使用分の前払金を返してくれる「返金保証」などは、サロンでもクリニックでも提供しています。

ただ、各医院で条件などについてはかなり差があるので、事前にサイトなどでチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの相違点を挙げる際、意外にチェックされないのが支店(支院)の数です。

「それってそんなに重要?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは成果があがるまで長い期間が必要です。ワキのような狭いところでも数ヶ月、さらに部位を複数含むプランになると、数年間は施術のために時間をとられます。

なにしろ長い日数なので、生活の状況が大いに変わってしまうこともあります。引っ越し・転勤がそうですが、引っ越し先に契約していたクリニックの支院がないため、未使用分の前払い金がムダになるケースも出てきます。

狭い部位なら数万円で終わるかもしれませんが、全身脱毛のような大掛かりなコースだと、前払い金も軽く20万円を越えます。できるなら、引越し先でもそれを活用したいでしょう。

大手のサロンなら店舗が全国各地にあるため、転居先でも施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックになると経営規模が小規模で、引っ越してしまうと前払い金がムダになるケースが多いようです。

ということで、もし引っ越し・転勤の多い人が契約するなら、医療クリニックよりも店舗の多い大手サロンの方がいいかもしれません。

どの医療脱毛クリニックを選ぶか その注意点

注意点について考える

やはり施術料が安いかどうか

医療クリニックに行こうという時、まずチェックしたくなるのはその料金でしょう。

すでに述べたように、医療クリニックの費用はサロンよりも高いのですが、たとえば「湘南美容外科クリニック」では、初回の部分脱毛が珍しくお安くなっています。特に両脇は6回施術が受けられてたった1,000円。ビックリするほどリーズナブルです。

このように格安で部分脱毛をしてくれるクリニックはまだあるので、ぜひネットなどで確認してみて下さい。

痛みの対処は万全か?

レーザー脱毛の欠点は、施術時の痛みがひどい点です。最近ではこの難点を解決しようと、新考案のマシンを採用しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」で使われているマシンは、最新の「ジェントルレーズプロ」。これは部位を冷やすことでレーザーの痛みを軽くするというもの。おまけに麻酔代もタダなので、痛みが苦手な人には最適でしょう。

支院の数は?

クリニックの支院の数も意外に見逃せません。

顧客が多いという点で信頼できますし、予約も入れやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は全国にチェーン展開していて、転居後もそのまま施術できる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックに関するメリット・デメリット、脱毛技術の詳細などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか。

「施術コストが高め」「レーザーが怖い」といった理由から医療クリニックを避け、サロンを選ぶ人も少なくないと思います。ただ、処理効果を重視するなら、やはりクリニックで脱毛するのをおすすめします。

どうかこのサイトを参考に、自分に合った医療クリニックを見つけて下さい。

家庭用脱毛器の購入で損をしないために

最近は美容意識の向上もあって、脱毛をやってみたいという人が増えています。サロンや医療クリニックは予約で満員。
さらに家庭用脱毛器の売上もよく、家電店に専用売り場まで設けられているようです。

「自分も試しに買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ特殊な美容器具ですし、どれにするか困ってしまうほど種類があります。手に入れて失望しないためにも使用の上での利点や難点、機種の特性などについて、しっかり把握する必要があります。

そこで、このページを作りました。
家庭用脱毛器の購入を考慮中という人のために、上手な選び方のコツ等について、解説していこうと思います。

家庭用脱毛器とはどんなものなのか

家庭用脱毛器
現在、ドラッグストアなどで売られているムダ毛の自己処理用ツールは、以下の2つに大別されます——

肌の表面から伸びている部分だけを処理するもの

カミソリ、電気カミソリ、クリーム

毛根からムダ毛の全部を引き抜くもの

毛抜き、脱毛テープ、ワックス

これらのうち、前者は正確には「脱毛」とは言えず、単なる「除毛」にすぎません。そして後者は「脱毛」といえば「脱毛」なのですが、毛根の発毛機能にはダメージを及ぼさないため、引き抜いてもムダ毛は伸び続けます。

ということで、最近までムダ毛の発毛を止めるには、サロンや医療クリニックでマシンによる施術を受けるしか方法がありませんでした。

そんな時に発売されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛処理で悩んでいた人にとっては喜ばしいニュースでした。

何しろサロンやクリニックで脱毛してもらう場合、肌が無毛状態になるまで数ヶ月から数年は必要です。
その間にうんざりして通うのをやめる人も多いですし、その施術料が10万円を越えることも通例のことです。

それが家庭用脱毛器だと、同じ効果が期待できる上にお金がはるかに節約できるのですから、あっという間に売れ筋商品となったのも当然でしょう。

ただ、最も安いものでも2万円近くはするので、いざ買うとなると、どの機種を選ぶべきか慎重になってしまいます。

以下に述べる選び方のコツやその方式の特徴をしっかり理解して、自分の目的に合致した機種を見つけ出して下さい。

選ぶ際に大事になるポイントとは?

選ぶ際に大事になるポイント
家庭用脱毛器は、方式や機種の差がてきめんに効果にあらわれる商品だと言われています。「たまたまバーゲンをやっていたから」「デザインや色に惹かれたから」といった理由で安易に購入してしまうと、結局は失望する結果に終わるようです。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためにはどうしたらいいのか、重要なポイントをあげてみます——

長く使うものなので使い勝手が大事

ネットで家庭用脱毛器の口コミを検索してみると、

「『スピーディにムダ毛が処理できる』という話だったので購入しました。でも私には取っ手のところが重すぎて、持っているだけで手が疲れてきます」

「出力が強いのは良いのですが、1回の照射面積がかなり小さいのが欠点です。おかげで足や腕を手入れする時は時間がかかります」

「動作音が予想していたよりも大きく、夜中などは使えません」

などの感想がかなりの数、投稿されていました。このように「使用感が悪い」ということで、わざわざ購入したにもかかわらずいつの間にか使わなくなった、という人も少なくないようです。

こんな悲しいことにならないためにも、照射面積や連射機能、最大出力レベルなどの情報は公式サイトなどで調べるようにしましょう。また、脱毛器を売っているディスカウントショップや家電店が近場にあるなら、実際に触って重量を確かめた方が無難です。

コストパフォーマンスはどうか?

脱毛器の購入でよく聞くのは、本体はかなり安くで手に入れたのに、消耗品であるカートリッジのコストが想像以上にかかってガッカリする、というもの……。

家庭用脱毛器は2万円を切る格安品から、10万円を越える高級品まで色々なものがそろっていますが、使用するたびに消耗していくカートリッジの存在を忘れてはいけません。

買うと決めたら、本体価格はもちろん、カートリッジの価格、そしてその交換頻度をしっかりとチェックしておきましょう。

脱毛効果を知っておく

サロンとクリニックでは施術に用いるマシンの種類が違いますが、家庭用脱毛器でも機種によって違う方式が使われています。現在メインとなっているのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式の3つですが、それぞれに利点と難点があります。

どれだけ脱毛効果をあげたいのか、あるいはどのパーツを手入れしたいのかは人によって様々ですから、各方式の特性をよく把握しておくべきです。

また、「顔・VIOなどのデリケートな部位にも使用できるか」「1回の処理に要する時間はどれくらいか」といった細かい情報に関しても、なるべくチェックしておきましょう。

以上、使用感・コスパ・脱毛効果の3つの項目に関しては、しっかり覚えておいて下さい。

家庭用脱毛器の使用における利点と難点

利点と難点

利点

・脱毛サロンや医療クリニックの2分の1以下の金額で、ムダ毛の処理ができる
・わざわざ交通費をかけて施術場所に行く必要がない
・他人に見られたくないパーツのムダ毛も処理できる

難点

・うなじ、お尻、背中といった手が届かない部位は手伝いがいる
・何もかも自分でやらなければならないので、面倒くさい
・肌トラブルの予防と対処に手間がかかる

永久脱毛は家庭用脱毛器でできるのか?

永久脱毛は家庭用脱毛器でできるのか?
ほとんどの家庭用脱毛器はサロンやクリニックで使われているマシンの小型版で、脱毛原理の点では全く同じです。ただ、光の照射で生じがちな肌トラブルを防ぐため、出力がかなり抑えられています。そのため、永久脱毛の処置はできません。

なお、知らない人が結構多いのですが、サロンの脱毛に関しては「抑毛」で、発毛器官は弱体化するだけです。ですから、数年経てば毛は復活します。

永久脱毛を望むなら、医療クリニックと契約し、レーザー脱毛を受けて下さい。

脱毛の方式にはどんなものがある?

脱毛の方式の種類
家庭用脱毛器でよく使われている方式について、簡単に解説してみましょう——

フラッシュ式

フラッシュ式は大抵の家庭用脱毛器が用いている方式で、サロンでの施術と同じ効果が得られます。使用されるのはIPLという特別なライトです。

これを肌に直接照射すると、皮膚の奥にある毛根が高熱を発して弱体化します。そして照射を続けていくうちに毛が薄くなり、本数も減少していきます。

1番の長所はIPLの出口が広く、1回の照射で処理できる面積が広いこと。そのため、処理の素早さという点で他の方式の追随を許しません。腕・背中・足といった部位の処理にはピッタリです。

照射パワーは過度に強くないため、火傷の心配もまずありません。もちろん痛みもほとんど感じずにすみます。

欠点は、脱毛完了までにかかる期間が長いこと。それでも1年間ほど照射を続ければ、肌がキレイな無毛状態になります。

レーザー式

医療クリニックの大部分で使われているのがレーザー式脱毛。照射されたレーザーライトがメラニン色素を含むムダ毛に反応し、熱エネルギーに変わります。その結果、毛乳頭や毛母細胞といった発毛を促す部位にダメージが及んで、毛が伸びなくなります。

フラッシュ式と違って光が集中するために効果が高く、指などの狭い部位、それに毛根の頑丈な太い毛を処理したい場合に最適です。

脱毛完了に要する期間も短か目で、照射を2週間に1度の割で続ければ、3ヶ月ほどで効果があらわれます。

ただ足や背中のような広い部位には向いていません。処理に長い時間が必要で、打ち漏れも生じやすくなります。

また、レーザーを照射した時の「痛み」が大きな難点です。
ネットでも「覚悟していたけど、想像以上の痛みで声が出た」「照射する時はビクビクして冷や汗が流れる」といった口コミが投稿されています。

特にデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇などは痛みを感じやすい部位なので、照射出力を控え目にした方がいいでしょう。

また、レーザーが皮膚の黒い箇所に反応することがあるので、ホクロやシミにはシールなどを貼るか、照射自体を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ムダ毛をピッカーというピンセットのような先端ではさみ、そこに弱い電流を通して発毛機能を阻害します。光による処理ではないので、目の付近の部位(額の生え際、眉など)の脱毛ができます。

また、フラッシュ式やレーザー式では日焼け肌のムダ毛、白髪は処理が難しいのですが、高周波であれば対処可能です。

ただ、1本1本を処理していくために時間がかかり、広い部位には向いていません。
さっさと脱毛をおこないたいなら、フラッシュ式の方がいいでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式の3つは、毛根に熱による損傷を与えて発毛を妨げます。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根へのダメージ機能は備わっていません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線を使ってムダ毛を処理します。あくまで表面から外へ伸びている部分を焼き切るだけなので、すぐに毛は生えてきます。

ただ、カミソリと違って毛先が丸くなるため、毛がチクチクするのが嫌な人には向いているでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーのスリットにムダ毛を絡ませて根元から引き抜きます。

要するに毛抜と同じなわけですが、広範囲をスピーディに手入れできるのがメリットです。もちろん肌や毛穴への刺激が強いため、おすすめはできません。

売れ筋の家庭用脱毛器の価格は?

家庭用脱毛器の価格
家庭用脱毛器を買おうと決めた時、最も気になるのがその価格でしょう。

ここでは公式サイトを参考に、売れ筋の家庭用脱毛器の価格をまとめてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も一緒に書いておきます)。

・ケノン
価格…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方センチ
1ショットあたりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格…49,299円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…1.78円

・4x
価格…38,999円(税込)
照射面積…1平方センチ
1ショットあたりの単価…0.08円

・ラヴィ
価格…40,000円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格…116,640円(税込)
照射面積…12平方センチ
1ショットあたりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
価格…57,998円(税込)
照射面積…4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.20円

・光エステ
価格…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.29円

このうち、1番値段の高いのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番安価なのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安い機種もあるのですが、それらは正確には「除毛器」ということで除外しました)。

上でも言ったように、購入の際はカートリッジの値段を考慮しなければなりません。一覧には記しませんでしたが、カートリッジのコストがどれくらいなのか、自分で確認しておきましょう。
本体価格に加えてカートリッジの数字を比較することで、実際の価格差がハッキリします。

そして、ワンショットの単価も重要です。上の一覧をさっと見て、「ワンショットあたりのコストの差なんて、ほんのわずかだ」と考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1度の照射で終りではありません。2週間に1回は続ける必要があります。つまり、ワンショットのささいな差でも、何度も繰り返すことで大きな違いとなるのです。

最後に「照射範囲」もチェックが必要なデータです。1回の照射範囲と反比例してショットの数は少なくなっていきますから、カートリッジのコストも節約できます。

上のデータでは4xの照射範囲が極端に狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だからです。フラッシュ式を採用しているレイボーテグランデやケノンの数字と比べると、大きな差があります。

広い部位を処理したいなら、照射の面積&単価がどれほどなのか、よく確認しておきましょう。
その上で、なるべく自分の予算と目的に見合ったものを購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の特徴や選び方のコツなどについて解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で述べたように、家庭用脱毛器の効果はその機種・方式によってかなり違ってきます。また本体のほか、カートリッジの価格をあらかじめチェックしておくことも大切です。

ぜひ自分にふさわしい製品を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。