脱毛コラム

自分にふさわしいメンズ脱毛サロンの選び方

美に関心の高い人は自分の外見に気を使うものです。
特に外界からのダメージにさらされやすい肌の手入れは欠かせませんが、その時に邪魔っけになるのが、いつの間にか伸びてくるムダ毛です。

習慣的に抜いたり剃ったりする人がほとんどでしょうが、実はカミソリやクリーム、あるいは毛抜などによる自己処理は、手軽にできる代わりに難点も少なくありません。これらのツールは肌へ負担をかけ、それがひどくなると、黒ずみ、埋没毛といった肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

そんな面倒な事態を避けたいなら、専門家の手で脱毛してもらうのが1番です。

昔、脱毛は「費用がバカ高いうえにすごく痛い」というイメージがつきまといましたが、新しいマシンの導入もあって面目を一新。施術料はかなり値下げされ、今では女子高校生ですら気楽に施術を受けています。

また「醜い体毛をキレイに処理したい」という男性も多くなり、男性専門のサロンも続々と新規オープンしています。

ただ脱毛に挑戦したいと思っていても、サロンというのは男性にとってハードルが高いものです。

「コストはいくらかかる?」
「脱毛完了までに何日くらい必要?」
「施術は最低何回?」
「痛みはひどい?」

これらの疑問がネックとなり、結局、サロンと縁遠いままの男性も少なくありません。

そこでこのサイトを作ってみました。メンズ脱毛サロンに注目し、そこで使われている脱毛技術、料金、完了までの時間、痛みの程度、そしてサロン選びのポイントについて解説していきます。
脱毛にトライしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛について

光脱毛について
脱毛について聞かれて「毛穴ひとつひとつに針を入れ、毛根を焼く」という施術方法を答える人がいます。

この返答はあながち間違ってはいません。実際、20年ほど前の脱毛クリニックやエステサロンでは、針に似た使い捨ての電極(プローブ)を毛穴に挿入し、微弱な電気を流すという手法で、ムダ毛の除去をおこなっていました。

これは1869年に考案された「電気分解脱毛法」というもの。アメリカのセントルイスで開業していた眼科医チャールズ・ミッチェルが最初におこないました。

成功すれば死ぬまで無毛の状態を保てるために、この方法は大変普及し、改良された機器が日本にも入ってきました。そして「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼ばれ、当時1番使用頻度の高い脱毛方法となったのです(今でもクリニックの一部で用いられています)。

ただ、この脱毛方法は細いプローブを毛穴に1本1本入れていくため、たいへん手間と時間がかかりました。

やがて、このニードル脱毛に取って代わる脱毛方法がアメリカで発明されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、毛根に直接触れずにムダ毛を処理する、という点で革命的でした。

この原理が、やがて「光脱毛」という脱毛方法を生み、現在のサロンで用いられるようになります。

光脱毛の種類に関して

ここで光脱毛について、ちょっと解説してみましょう。

光脱毛は各方式によって何種類かのライトが使用されますが、それらは肌に射出されると毛の成分のひとつであるメラニン色素に吸収されます。

吸収されたライトは熱エネルギーに変化し、毛根部分で高熱を発生させます。これで発毛器官が衰え、毛の成長が妨害されるわけです。

この施術を長い時間をかけて何度も続けることで毛の本数は段々少なくなり、やがて部位全体がツルツルの状態となります。

今のところ、光脱毛には以下のような方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴をざっと説明していきましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで1番よく用いられている脱毛方法です(「フラッシュ脱毛」と言っているサロンもあります)。IPL(インテンスパルスライト)という広帯域のライトが毛乳頭などの発毛細胞を弱体化。数ヶ月から数年に渡って施術していくと、効果が実感されてきます。

難点は照射時にちょっと痛みがあること。ただ非常に軽微なものなので、問題になりません。

次にSSC方式。「SSC」というのは「スムース・スキン・コントロール」を略したものです。

この方式の1番の特徴は、光線とジェルを併用するところです。

ジェルには、「トレジャービーンズ」というごく小さなカプセルが配合されています。
ジェルを部位に塗った上からクリプトンライトを照射すると、このカプセルが弾け、中に入っている有効成分が毛包に染み込んでいきます。

主な有効成分は、イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、サリチル酸、メントールなどが配合されたフィリニーブ。抑毛効果はもちろん、炎症抑制、保湿効果を備え、施術後の乾燥によるトラブルを防ぐことができます。

脱毛効果を持っているのはあくまでジェルなので、ライトは低い温度でも問題ありません。ですからIPLよりも痛みは軽減されます。

次にSHR方式。こちらは「スーパーヘアリムーバル」を略したもので、「蓄熱式」とも呼ばれます。

上記の方式では毛根が損傷を与えられる部位となっていましたが、SHRの場合は毛根の一部であるバルジ領域が標的です。バルジ(bulge)というのは「ふくらみ」を意味しますが、名前の通りに少しふくらみのあるパーツです。
毛の底部に存在する毛球、毛乳頭よりも肌の表面に近いところにあります。

このバルジ領域は毛球部に刺激を与えて毛を産生させている組織。つまり、バルジ領域だけを弱体化すれば、ほかの毛根部分はそのままでも毛は伸びてこないわけです。

バルジ領域は大変敏感な部位なので、時間をかけて低い熱を加え続ければ、十分なダメージを与えられます。このことで痛みが非常に少ない施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子を弱体化するため、毛にメラニン色素が含まれていなくても大丈夫です。施術のライトは36度〜38度しか温度が上昇しないため、痛みがまったくありません。
ただ、デメリットとしては顔のヒゲを脱毛するのが難しいため、男性には不向きかもしれません。

光脱毛と医療レーザー脱毛を比較する

比較する
サロンでは上に列挙したような方式が主流ですが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインで用いられています。この2つについて様々な点を比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、及び除去できるムダ毛の割合は、以下のようになっています——

・6回  約50パーセント
・12回 約80パーセント
・18回 約95パーセント

一方、医療レーザー脱毛の場合、約95%のムダ毛を処理するのに5回か6回ですんでしまいます。

レーザー脱毛の原理は光脱毛と基本的に変わらないのですが、照射出力に関しては段違いなため、このように回数が少なくなるのです。

「なぜ一回の施術で全部のムダ毛を処理できないの?」と思われる人がいるでしょうが、それは毛幹(肌の外に伸びている部分)のムダ毛にしかレーザーやIPLなどの光線が反応しないためです。

毛には発毛サイクルがあり(「毛周期」と呼ばれます)、光の照射は成長期の毛、つまり毛幹の毛にしか効果がありません。他の毛は肌の下に埋もれているので、除去しようと思ったら成長期を待つ必要があります。
IPL方式の場合は「輪ゴムで弾かれたほどの痛み」と言われますが、ほかのSSC方式、SHR方式、ハイパースキン法などは、光を照射されてもほとんど痛みは感じません。

もちろん、それだけ照射出力は抑え気味で、「肌がツルツルになってきた」と実感できるまでの日数は長くなります。

一方、医療レーザーは威力が抜群に強いため、照射時はいきなり針を刺したような激烈な痛みがあります。ただ効果は優れているので、この痛みはやむを得ないとも言えます(痛みに敏感な人には、別料金を取って部分麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みはあくまで瞬間的なもので、重篤なヤケドのようにずっとズキズキするわけではありません。また、施術を続けて毛が段々と減っていくと、痛みはもっと軽くなるので、その点は安心です。

色々なケア

サロンの光脱毛はムダ毛の処理だけでなく美肌ケアもサービスされている場合が多く、施術時に塗られる専用ジェルに保湿成分が入っていたり、脱毛後の冷却にたっぷり時間をかけたりしています。

一方、レーザー脱毛だとクリニックだということもあって顧客サービスはなく、冷却もやらないケースがあります。

心地よいサービスを求めるなら、サロンの方にすべきでしょう。

光脱毛&サロンの長所・短所

長所・短所

長所

・クリニックと比較すると、料金が圧倒的に安い
・痛みが軽微で、ハイパースキン法を選べば全くの無痛
・ジェルのケアや部位の冷却など、顧客サービスが優れている
・店内が非常にキレイで心地よい

短所

・レーザー脱毛よりも施術に時間がかかる
・薄い色の毛や産毛は、メラニン色素が少量なので脱毛しにくい

サロンをどうやって選ぶか?

どうやって選ぶか?
メンズ脱毛サロンをチョイスする時の留意点をいくつかあげてみます——

顧客が本当に男性オンリーなのか調べる

メンズ脱毛サロンというと、「顧客は男性だけ」と思いこみがちですが、実際は男性をメインにしているだけで、女性でも顧客になれる店もあります。

通常の有名サロンでなく、メンズ専門店を選んだ男性の中には、施術に訪れたところを女性に見られたくないという人も少なくないでしょう。

それなのに、店内でその存在を気にしなければならない、というのはイヤなものです。

そのサロンの顧客が本当に男性だけなのかどうか、あらかじめ店に質問しておきましょう。

男性のスタッフを指名可能か?

顧客は男性だけ、というメンズ脱毛サロンでも、実は男性脱毛士が施術を担当するとは限りません。中には女性のスタッフがマシンを操作するところもあります。

「女性脱毛士に施術をされるのはイヤだ」という男性も結構多いと思いますので、男性のスタッフを指名できるか、という点もあらかじめ確認しておくべきです。

施術技術をネットで調べる

これは特にメンズ脱毛サロンだけのことではありませんが、サロンをチョイスする時はネットの口コミサイトをのぞいてみるべきです。

男性と女性の脱毛では、決定的に違う点があります。それは、施術の大変さです。

男性は男性ホルモンの分泌が多いためにどうしても体毛が濃くなり、女性と同じ施術では効果が中々あがりません。

そのため光線のパワーを高める必要があるのですが、これは経験豊富なスタッフでないとその加減ができないとされています。

つまり、スタッフの腕前によって、脱毛効果の差が大きく出てくるわけです。

ただ、サロン側はスタッフがどれほどの腕前なのかを明かしてはくれませんし、公式ページやカウンセリングだけでは、どのスタッフがベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際に施術してもらった顧客が意見を投稿しているので参考になります。

サービスの評判は?

サロンの場合、全身脱毛のプランだと2年くらいは店舗に通う必要があります。

施術回数もそれだけ多くなりますが、もし脱毛士の態度が良くないと、心地よい施術を受けることはできません。

どれだけ施術料が安くても、サービス面で不快だと、中途解約したくなるでしょう。

解約などという事態を避けるためにも、スタッフの対応について口コミをチェックしておきましょう。

以上、脱毛に挑戦したいという男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々な面から紹介してみました。

現在、脱毛はブーム状態です。サロンも多くなり、その競争も激化。値下げサービスもよく実施されているので、店のサイトなどを小まめにチェックするようにしましょう。

医療脱毛クリニックをいかに選ぶか?

20年ほど前、世間の脱毛に対するイメージは、とても良好とは呼べないものでした。「勧誘がしつこくてうんざりする」「施術する時の痛みが耐えられない」「肌の状態が悪化した」などなど……。
しかも料金がとんでもなく高く、ブルジョア限定の美容術、という印象がついてまわりました。

ところが今やローティーンの女の子でも施術に通うほど、脱毛は庶民的な行為になっています。かつてのひどい評判を考えれば、嘘のような変化です。

一度自分もチャレンジしたい、という人も増えているようですが、脱毛してもらうとなると足を向ける先は2つに限られます。脱毛サロン、そして医療クリニックです。

かつては有名芸能人が出てくるCMの影響もあって、サロンに行く人が圧倒的に多かったのですが、最近では医療クリニックの利点も理解されつつあり、どちらにするか困っている人も少なくないようです。

そこで、このサイトでは医療脱毛クリニックの特集をすることにしました。
その利点・難点、脱毛方法の特徴、そしてクリニックを選ぶ時のコツなど、役立つ情報を細かく取り上げていきます。

クリニック脱毛の特徴について

クリニック脱毛の特徴について
脱毛士と呼べる専門家が施術してくれるのは、今のところ医療クリニックと脱毛サロンしかありません。
もしクリニックを選ぶなら、その特徴を確認しておいた方がいいでしょう。

1)レーザー技術を使った施術

特別なライトを用いて施術するという点では、サロンもクリニックも変わりません。しかし、クリニックの場合、それが破壊力の強いレーザーであるところが最大の特徴です。

レーザー脱毛の可能性に気づいたのは、ハーバード大学ウェルマン皮膚研究所のロックス・アンダーソンとJ・A・パリッシュ。1983年、雑誌「サイエンス」に2人が発表した「選択的光熱凝固理論」は、古代オリエント時代にさかのぼる脱毛の歴史に大きな変革をもたらしました。

それまで脱毛といえば、針そっくりの電極(プローブ)を用いる「美容電気脱毛」(別名「ニードル脱毛」)がメインでした。これは「電気分解脱毛法」と呼ばれるもので、アメリカの眼科医チャールズ・E・ミッチェルが1875年に考案。プローブによって毛根に直流電流を通し、発毛を促す器官を凝固化します。

その後、ポール・N・クリーという人物がこの脱毛方法を一般に広めますが、なにしろ1本1本の電極をたくさんある毛穴に差し入れていくために手間がかかり、それだけ施術コストも高くなってしまいます(例えば、両脇の処理だけでも20万円は必要でした)。
しかも毛包に電流を通す際に大変な痛みが伴うため、顧客も相当な忍耐を強いられます。

この状況を一変させたのが、レーザー脱毛の発明でした。

レーザー脱毛は、ビームスポットから発射されるレーザー光線を肌に直接当て、毛に3%含有されるメラニン色素にアプローチする、という方法をとります。通常のライトと違ってレーザーは単一の波長を持ち、極めて強度が高いのが特徴。光が拡散せず、一方方向に一直線に進みます。また一点に集光することが可能なため、そのパワーは強烈です。

そしてもうひとつ重要な特性は、波長に応じて光が特定の色だけに作用する、という点。つまり、黒、青、赤などの色のついた組織に集光したレーザーを照射すると、それだけで大きなダメージを与えられる、ということです。

脱毛においては、黒色だけに反応するように光学素子や媒質によって波長を700nm〜1000nmにアレンジ。周辺の肌には影響がないため、ムダ毛へ直接照射ができます。
メラニン色素にぶつかったレーザーは65度〜70度ほどの高熱で毛根を包み込みます。

この高熱が発毛をうながす毛乳頭、毛母細胞といった器官を破壊し、肌を無毛状態にするわけです。

施術自体は、波長を調整した後、レーザー光線を当てるだけ。照射口のビームスポットの直径は数mmしかありませんが、ワンショットは約100分の1秒で終わるため、素早い処理ができます。美容電気脱毛のような厄介な手作業はいりません。

開発当時は、ルビーを媒質に用いたルビーレーザーだけが使用されていたのですが、これは白人向けでアジア人や黒人の肌には使えませんでした。
しかしその後、日本人用のアレキサンドライトが登場。
今はさらにYAG、ダイオードなど、色々な媒質を用いたレーザーが増え、部位や肌質に応じて選ぶことができます。

2)「永久脱毛」がおこなえる

脱毛についてはまだまだ理解がされておらず、「1度器械で脱毛すれば、その部位はずっとツルツルになる」と思っている人がいます。

もちろん、これは間違い。1回の照射ではダメージはわずかですし、発毛を促進する毛球部分は丈夫で、多少の損傷ではビクともしません。

さらに施術を発毛サイクル(毛周期)にあわせておこなわないと、ムダ毛処理は完璧にはなりません。2ヶ月に1回というペースで照射するうちに毛が減少し、ようやく脱毛が完了するのです。施術期間はプランによっては数年に達します。

ちなみにサロンでも毛根に作用するライトを使いますが、そのパワーが弱いために、発毛機能は一時的に減退しているだけです。
施術から数年すると、毛は再び伸びてしまいます。

その点、医療クリニックでは威力十分なレーザー光線を使うため、毛根が完全に破壊される可能性が高くなっています。つまり、いわゆる「永久脱毛」が可能なわけです。

3)医師資格がないと脱毛不可

上の項目でも少し書きましたが、サロンの脱毛はクリニックと似ているとは言え、器械から照射する光線の種類が異なるためにレーザー脱毛とは呼べません。また威力の点でサロンの光線とレーザーとは段違いの差があります。
サロンのスタッフに特別な資格が不要なのも、危険性が低いからです。

一方、レーザー脱毛は使用する光線が莫大な破壊力を持っているので、わずかな操作ミスが大きな事故につながりかねません。そのため脱毛をおこなえるのは、トラブルに対応できる医師に限られています。もちろん、ケガ治療の器具なども完備されているので、その点でも安心です。

医療脱毛のメリットとデメリット

メリットとデメリット

メリット

・マシンを操作するのが医師なので、トラブルが発生しても応急処置ができる
・脱毛が完了すれば一生ツルツルになる可能性が高い
・脱毛に要する日数が短めで、サロンと違って施術回数も多くない

デメリット

・格安プランのそろったサロンと比べると、料金がかなり高い
・施術時の痛みが部位によってはかなり強く、施術がイヤになる
・炎症、毛膿炎などの肌トラブルが起こる場合がある

サロンと医療クリニック その違いは?

上の項目でも脱毛サロンとクリニックの違いについて触れましたが、ここで相違点をまとめてみます——

料金

昔からサロンは派手な広告を女性誌に掲載していますが、そこには巨大な活字で「○月まで限定キャンペーン」「お得なディスカウント価格」などと書かれています。これで分かる通り、サロンのセールスポイントのひとつはその料金の安さです。

一方、医療機関であるクリニックでは、施術料が大きくディスカウントされることはあまりありません。

ここで、サロンとクリニックの料金を比較してみましょう。

まず脱毛サロンの料金を見てみます。有名なサロン20社の公式サイトから、部位別の平均施術コストを算出してみたところ——

・顔…41,033円
・うなじ…19,000円
・ワキ…16,833円
・腕(ヒジ上)…47,800円
・腕(ヒジ下)…48,600円
・背中(上下)…71,600円
・足(ヒザ上)…56,300円
・足(ヒザ下)…55,100円
・VIO…58,633円
・全身…164,700円

という結果になりました。

次は医療クリニックです。こちらも有名クリニック20院の平均施術コストを計算しました——

・顔…131,325円
・うなじ…57,250円
・ワキ…14,825円
・腕(ヒジ上)…83,375円
・腕(ヒジ下)…82,500円
・背中(上下)…91,917円
・足(ヒザ上)…108,750円
・足(ヒザ下)…100,500円
・VIO…67,975円
・全身…401,945円

やはり一目瞭然、医療クリニックの方がサロンよりずっと施術料が高くなっています。特に顔の場合はその違いが極端で、クリニックの費用はサロンの3倍以上です。

効果

サロンとクリニックでは採用している脱毛方法が異なるため、効果についても差が出ます。

現在、サロンの脱毛方法は4つくらいあるのですが、その中で最もよく使われているのがIPL脱毛です(フラッシュ脱毛、光脱毛とも呼ばれます)。

ワンショットでの照射面積が広く、背中、腕、脚などの大きなパーツにピッタリ。照射出力も抑えてあるので、痛みもあまり感じずにすみます。

ただ気をつけなければならないのは、サロンの脱毛が正確には「抑毛」「減毛」だということ。つまり、部位が処理できたとしても、数年くらいでムダ毛は再生します。

一方、医療クリニックのレーザーは毛根を完全に破壊できる威力を備えていて、脱毛完了後は毛が再び伸びる可能性は低くなります。

保証

保証については、クリニックと脱毛サロンで違いはほとんどない、と言えます。

満足できるまで施術可能な「永久保証」、決められた期間だけ有効期限を延ばせる「期間保証」、中途解約時に未使用分の前払金を返してくれる「返金保証」などは、サロンでもクリニックでも提供しています。

ただ、各医院で条件などについてはかなり差があるので、事前にサイトなどでチェックしておきましょう。

その他

サロンとクリニックの相違点を挙げる際、意外にチェックされないのが支店(支院)の数です。

「それってそんなに重要?」と思われるかもしれませんが、脱毛というのは成果があがるまで長い期間が必要です。ワキのような狭いところでも数ヶ月、さらに部位を複数含むプランになると、数年間は施術のために時間をとられます。

なにしろ長い日数なので、生活の状況が大いに変わってしまうこともあります。引っ越し・転勤がそうですが、引っ越し先に契約していたクリニックの支院がないため、未使用分の前払い金がムダになるケースも出てきます。

狭い部位なら数万円で終わるかもしれませんが、全身脱毛のような大掛かりなコースだと、前払い金も軽く20万円を越えます。できるなら、引越し先でもそれを活用したいでしょう。

大手のサロンなら店舗が全国各地にあるため、転居先でも施術を続けられる可能性が高くなります。ところがクリニックになると経営規模が小規模で、引っ越してしまうと前払い金がムダになるケースが多いようです。

ということで、もし引っ越し・転勤の多い人が契約するなら、医療クリニックよりも店舗の多い大手サロンの方がいいかもしれません。

どの医療脱毛クリニックを選ぶか その注意点

注意点について考える

やはり施術料が安いかどうか

医療クリニックに行こうという時、まずチェックしたくなるのはその料金でしょう。

すでに述べたように、医療クリニックの費用はサロンよりも高いのですが、たとえば「湘南美容外科クリニック」では、初回の部分脱毛が珍しくお安くなっています。特に両脇は6回施術が受けられてたった1,000円。ビックリするほどリーズナブルです。

このように格安で部分脱毛をしてくれるクリニックはまだあるので、ぜひネットなどで確認してみて下さい。

痛みの対処は万全か?

レーザー脱毛の欠点は、施術時の痛みがひどい点です。最近ではこの難点を解決しようと、新考案のマシンを採用しているクリニックもあります。

「レジーナクリニック」で使われているマシンは、最新の「ジェントルレーズプロ」。これは部位を冷やすことでレーザーの痛みを軽くするというもの。おまけに麻酔代もタダなので、痛みが苦手な人には最適でしょう。

支院の数は?

クリニックの支院の数も意外に見逃せません。

顧客が多いという点で信頼できますし、予約も入れやすくなります。

たとえば「リゼクリニック」は全国にチェーン展開していて、転居後もそのまま施術できる可能性が高くなっています。

以上、医療脱毛クリニックに関するメリット・デメリット、脱毛技術の詳細などについて紹介してみました。いかがだったでしょうか。

「施術コストが高め」「レーザーが怖い」といった理由から医療クリニックを避け、サロンを選ぶ人も少なくないと思います。ただ、処理効果を重視するなら、やはりクリニックで脱毛するのをおすすめします。

どうかこのサイトを参考に、自分に合った医療クリニックを見つけて下さい。

家庭用脱毛器の購入で損をしないために

最近は美容意識の向上もあって、脱毛をやってみたいという人が増えています。サロンや医療クリニックは予約で満員。
さらに家庭用脱毛器の売上もよく、家電店に専用売り場まで設けられているようです。

「自分も試しに買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ特殊な美容器具ですし、どれにするか困ってしまうほど種類があります。手に入れて失望しないためにも使用の上での利点や難点、機種の特性などについて、しっかり把握する必要があります。

そこで、このページを作りました。
家庭用脱毛器の購入を考慮中という人のために、上手な選び方のコツ等について、解説していこうと思います。

家庭用脱毛器とはどんなものなのか

家庭用脱毛器
現在、ドラッグストアなどで売られているムダ毛の自己処理用ツールは、以下の2つに大別されます——

肌の表面から伸びている部分だけを処理するもの

カミソリ、電気カミソリ、クリーム

毛根からムダ毛の全部を引き抜くもの

毛抜き、脱毛テープ、ワックス

これらのうち、前者は正確には「脱毛」とは言えず、単なる「除毛」にすぎません。そして後者は「脱毛」といえば「脱毛」なのですが、毛根の発毛機能にはダメージを及ぼさないため、引き抜いてもムダ毛は伸び続けます。

ということで、最近までムダ毛の発毛を止めるには、サロンや医療クリニックでマシンによる施術を受けるしか方法がありませんでした。

そんな時に発売されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛処理で悩んでいた人にとっては喜ばしいニュースでした。

何しろサロンやクリニックで脱毛してもらう場合、肌が無毛状態になるまで数ヶ月から数年は必要です。
その間にうんざりして通うのをやめる人も多いですし、その施術料が10万円を越えることも通例のことです。

それが家庭用脱毛器だと、同じ効果が期待できる上にお金がはるかに節約できるのですから、あっという間に売れ筋商品となったのも当然でしょう。

ただ、最も安いものでも2万円近くはするので、いざ買うとなると、どの機種を選ぶべきか慎重になってしまいます。

以下に述べる選び方のコツやその方式の特徴をしっかり理解して、自分の目的に合致した機種を見つけ出して下さい。

選ぶ際に大事になるポイントとは?

選ぶ際に大事になるポイント
家庭用脱毛器は、方式や機種の差がてきめんに効果にあらわれる商品だと言われています。「たまたまバーゲンをやっていたから」「デザインや色に惹かれたから」といった理由で安易に購入してしまうと、結局は失望する結果に終わるようです。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためにはどうしたらいいのか、重要なポイントをあげてみます——

長く使うものなので使い勝手が大事

ネットで家庭用脱毛器の口コミを検索してみると、

「『スピーディにムダ毛が処理できる』という話だったので購入しました。でも私には取っ手のところが重すぎて、持っているだけで手が疲れてきます」

「出力が強いのは良いのですが、1回の照射面積がかなり小さいのが欠点です。おかげで足や腕を手入れする時は時間がかかります」

「動作音が予想していたよりも大きく、夜中などは使えません」

などの感想がかなりの数、投稿されていました。このように「使用感が悪い」ということで、わざわざ購入したにもかかわらずいつの間にか使わなくなった、という人も少なくないようです。

こんな悲しいことにならないためにも、照射面積や連射機能、最大出力レベルなどの情報は公式サイトなどで調べるようにしましょう。また、脱毛器を売っているディスカウントショップや家電店が近場にあるなら、実際に触って重量を確かめた方が無難です。

コストパフォーマンスはどうか?

脱毛器の購入でよく聞くのは、本体はかなり安くで手に入れたのに、消耗品であるカートリッジのコストが想像以上にかかってガッカリする、というもの……。

家庭用脱毛器は2万円を切る格安品から、10万円を越える高級品まで色々なものがそろっていますが、使用するたびに消耗していくカートリッジの存在を忘れてはいけません。

買うと決めたら、本体価格はもちろん、カートリッジの価格、そしてその交換頻度をしっかりとチェックしておきましょう。

脱毛効果を知っておく

サロンとクリニックでは施術に用いるマシンの種類が違いますが、家庭用脱毛器でも機種によって違う方式が使われています。現在メインとなっているのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式の3つですが、それぞれに利点と難点があります。

どれだけ脱毛効果をあげたいのか、あるいはどのパーツを手入れしたいのかは人によって様々ですから、各方式の特性をよく把握しておくべきです。

また、「顔・VIOなどのデリケートな部位にも使用できるか」「1回の処理に要する時間はどれくらいか」といった細かい情報に関しても、なるべくチェックしておきましょう。

以上、使用感・コスパ・脱毛効果の3つの項目に関しては、しっかり覚えておいて下さい。

家庭用脱毛器の使用における利点と難点

利点と難点

利点

・脱毛サロンや医療クリニックの2分の1以下の金額で、ムダ毛の処理ができる
・わざわざ交通費をかけて施術場所に行く必要がない
・他人に見られたくないパーツのムダ毛も処理できる

難点

・うなじ、お尻、背中といった手が届かない部位は手伝いがいる
・何もかも自分でやらなければならないので、面倒くさい
・肌トラブルの予防と対処に手間がかかる

永久脱毛は家庭用脱毛器でできるのか?

永久脱毛は家庭用脱毛器でできるのか?
ほとんどの家庭用脱毛器はサロンやクリニックで使われているマシンの小型版で、脱毛原理の点では全く同じです。ただ、光の照射で生じがちな肌トラブルを防ぐため、出力がかなり抑えられています。そのため、永久脱毛の処置はできません。

なお、知らない人が結構多いのですが、サロンの脱毛に関しては「抑毛」で、発毛器官は弱体化するだけです。ですから、数年経てば毛は復活します。

永久脱毛を望むなら、医療クリニックと契約し、レーザー脱毛を受けて下さい。

脱毛の方式にはどんなものがある?

脱毛の方式の種類
家庭用脱毛器でよく使われている方式について、簡単に解説してみましょう——

フラッシュ式

フラッシュ式は大抵の家庭用脱毛器が用いている方式で、サロンでの施術と同じ効果が得られます。使用されるのはIPLという特別なライトです。

これを肌に直接照射すると、皮膚の奥にある毛根が高熱を発して弱体化します。そして照射を続けていくうちに毛が薄くなり、本数も減少していきます。

1番の長所はIPLの出口が広く、1回の照射で処理できる面積が広いこと。そのため、処理の素早さという点で他の方式の追随を許しません。腕・背中・足といった部位の処理にはピッタリです。

照射パワーは過度に強くないため、火傷の心配もまずありません。もちろん痛みもほとんど感じずにすみます。

欠点は、脱毛完了までにかかる期間が長いこと。それでも1年間ほど照射を続ければ、肌がキレイな無毛状態になります。

レーザー式

医療クリニックの大部分で使われているのがレーザー式脱毛。照射されたレーザーライトがメラニン色素を含むムダ毛に反応し、熱エネルギーに変わります。その結果、毛乳頭や毛母細胞といった発毛を促す部位にダメージが及んで、毛が伸びなくなります。

フラッシュ式と違って光が集中するために効果が高く、指などの狭い部位、それに毛根の頑丈な太い毛を処理したい場合に最適です。

脱毛完了に要する期間も短か目で、照射を2週間に1度の割で続ければ、3ヶ月ほどで効果があらわれます。

ただ足や背中のような広い部位には向いていません。処理に長い時間が必要で、打ち漏れも生じやすくなります。

また、レーザーを照射した時の「痛み」が大きな難点です。
ネットでも「覚悟していたけど、想像以上の痛みで声が出た」「照射する時はビクビクして冷や汗が流れる」といった口コミが投稿されています。

特にデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇などは痛みを感じやすい部位なので、照射出力を控え目にした方がいいでしょう。

また、レーザーが皮膚の黒い箇所に反応することがあるので、ホクロやシミにはシールなどを貼るか、照射自体を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ムダ毛をピッカーというピンセットのような先端ではさみ、そこに弱い電流を通して発毛機能を阻害します。光による処理ではないので、目の付近の部位(額の生え際、眉など)の脱毛ができます。

また、フラッシュ式やレーザー式では日焼け肌のムダ毛、白髪は処理が難しいのですが、高周波であれば対処可能です。

ただ、1本1本を処理していくために時間がかかり、広い部位には向いていません。
さっさと脱毛をおこないたいなら、フラッシュ式の方がいいでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式の3つは、毛根に熱による損傷を与えて発毛を妨げます。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根へのダメージ機能は備わっていません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線を使ってムダ毛を処理します。あくまで表面から外へ伸びている部分を焼き切るだけなので、すぐに毛は生えてきます。

ただ、カミソリと違って毛先が丸くなるため、毛がチクチクするのが嫌な人には向いているでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーのスリットにムダ毛を絡ませて根元から引き抜きます。

要するに毛抜と同じなわけですが、広範囲をスピーディに手入れできるのがメリットです。もちろん肌や毛穴への刺激が強いため、おすすめはできません。

売れ筋の家庭用脱毛器の価格は?

家庭用脱毛器の価格
家庭用脱毛器を買おうと決めた時、最も気になるのがその価格でしょう。

ここでは公式サイトを参考に、売れ筋の家庭用脱毛器の価格をまとめてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も一緒に書いておきます)。

・ケノン
価格…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方センチ
1ショットあたりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格…49,299円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…1.78円

・4x
価格…38,999円(税込)
照射面積…1平方センチ
1ショットあたりの単価…0.08円

・ラヴィ
価格…40,000円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格…116,640円(税込)
照射面積…12平方センチ
1ショットあたりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
価格…57,998円(税込)
照射面積…4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.20円

・光エステ
価格…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.29円

このうち、1番値段の高いのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番安価なのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安い機種もあるのですが、それらは正確には「除毛器」ということで除外しました)。

上でも言ったように、購入の際はカートリッジの値段を考慮しなければなりません。一覧には記しませんでしたが、カートリッジのコストがどれくらいなのか、自分で確認しておきましょう。
本体価格に加えてカートリッジの数字を比較することで、実際の価格差がハッキリします。

そして、ワンショットの単価も重要です。上の一覧をさっと見て、「ワンショットあたりのコストの差なんて、ほんのわずかだ」と考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1度の照射で終りではありません。2週間に1回は続ける必要があります。つまり、ワンショットのささいな差でも、何度も繰り返すことで大きな違いとなるのです。

最後に「照射範囲」もチェックが必要なデータです。1回の照射範囲と反比例してショットの数は少なくなっていきますから、カートリッジのコストも節約できます。

上のデータでは4xの照射範囲が極端に狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だからです。フラッシュ式を採用しているレイボーテグランデやケノンの数字と比べると、大きな差があります。

広い部位を処理したいなら、照射の面積&単価がどれほどなのか、よく確認しておきましょう。
その上で、なるべく自分の予算と目的に見合ったものを購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の特徴や選び方のコツなどについて解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で述べたように、家庭用脱毛器の効果はその機種・方式によってかなり違ってきます。また本体のほか、カートリッジの価格をあらかじめチェックしておくことも大切です。

ぜひ自分にふさわしい製品を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

効果が高くて安い背中脱毛サロン@船橋

【2019版】背中脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@船橋

船橋で背中脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼビビット南船橋店

船橋にあるミュゼの店舗情報

ビビット南船橋店 千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋4F

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


キレイモ船橋店

船橋にあるキレイモの店舗情報

船橋駅前店 千葉県船橋市本町4-2-9 菅野屋船橋ビル2階

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック津田沼店(船橋)

船橋にあるジェイエステティックの店舗情報

津田沼店 千葉県船橋市前原西2-14-2 津田沼駅前安田ビル 302号

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

背中脱毛をする前に知っておきたい5つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.背中脱毛の料金はどれぐらいが相場?
3.背中は脱毛効果が感じにくいパーツ?
4.背中を効率的に脱毛できる方法は?
5.背中脱毛の疑問&回答

1.サロン選びの際の注意点!

背中というのは何しろ他の部位より広いため、サロンや医療クリニックでも、「背中上」「背中下」の2つに分けて扱うのが普通です。

「背中上」は、首の付け根から肩甲骨の辺り、「背中下」は肩甲骨からウエストライン辺り、となります(それより下になると「腰」または「ヒップ」と呼ばれます)。

ちなみにサロンやクリニックでは、面積にしたがって施術部位を「Lパーツ」と「Sパーツ」に分けることが多く、料金はLパーツの方が高くなります。

背中の場合、「背中上」「背中下」両方がLパーツです。

ところで、背中を施術する場合、うなじは入っていません。

背中上だけを脱毛すると、うなじ部分との間に色の境界線ができ、見た目が悪くなることがあります。そんなことにならないために、最初から背中と同時にうなじも脱毛してしまう方がいいでしょう。

2.背中脱毛の料金はどれぐらいが相場?

脱毛しようと決心した時、まず気になってしまうのはその料金です。

そこで有名サロンとクリニックの費用をざっと紹介してみます。

まずはサロンから。

銀座カラー

オススメは「スタンダードチョイス」というコース。背中上と背中下の片方をチョイスでき、8回セットで42,000円となっています。また、脱毛し放題を選ぶと、75,200円になります。

TBC

背中の上下が脱毛可能な「チョイスプラン」を選ぶと、Lパーツ1回分が6,000円、6回セットで26,400円です。さらに、Sパーツをひとつ1回無料で脱毛してもらえます。

ミュゼ

「フリーセレクト美容脱毛コース」がオススメ。Lパーツの4回分が12,000円となっています。また、背中は上下に分かれていて、こちらの望み通りに4回分を割り振ることが可能です。

ジェイエステティック

「後ろ姿美人プラン」だと、背中の上とうなじが各4回セットで費用は18,000円。さらに両ワキ脱毛12回コースがタダでついてくるため、うなじ、背中上、ワキの3つを一挙に脱毛できます。

次にクリニックの相場も紹介します。

リゼクリニック

このクリニックでは背中は1つの部位扱いです。料金は5回コースで79,800円。

湘南美容クリニック

背中は上下2箇所に分かれていて、1回分の料金が各17,410円。6回のコースを選ぶと、81,000円となります。

アリシアクリニック

リゼクリニックと同じで、背中は1部位として扱われます。料金は5回55,000円とリーズナブル。

また、「背中+えりあし脱毛セット」というプランもあり、これを選ぶと5回分が103,200円になります。

イセアクリニック

「背中+うなじ脱毛」のコースがあり、5回で98,800円になっています。

以上、主だったサロンやクリニックを紹介してきましたが、プランやコースというのはちょっと複雑です。ネットの公式サイトを丁寧にチェックし、その条件を理解しておきましょう。また、できるだけ毎日サイトにアクセスし、お得なキャンペーンを見逃さないようにして下さい。

3.背中は脱毛効果が感じにくいパーツ?

実は背中は、脱毛効果が感じにくい部位といわれています。というのも、他のパーツと比べて、生えているムダ毛の色が薄いからです。

「どうして毛の色が薄いと、脱毛効果が感じにくくなるの?」と思われるでしょうが、それには今の脱毛方式が深く関わっています。

以下、サロンと医療クリニックで採用されている脱毛マシンの紹介をしながら、その理由を述べていきます。

いま、サロンで最も普及しているのは、IPL脱毛という方式の機器です。

この機器は、インテンス・パルス・ライト(略してIPL)という自然光に近い光線をキセノンランプを通して肌に当て、毛根を熱で包み込みます。
元来は「フォトフェイシャル」(コラーゲンの生成を促し、くすみ・シミなどの肌トラブルを治す)用のエステの機器で、別に脱毛用ではありませんでした。

しかし、フォトフェイシャルによって「毛が生えなくなった」という顧客が多くいたため、改めて検証をおこなったところ、毛根部位にダメージを与える働きが確認されました。それから、サロンでも脱毛に使用されることになったのです。

IPLの際立った特徴は、光に波長がいくつも含まれている、ということ。そのために肌の広い範囲に光を当てることができます。背中、脚のような大きなパーツには最適で、施術もあっという間に終わってしまいます。

ただ、肌の各層(表皮、真皮、皮下組織)に光線が拡散していくため、毛根へ損傷を与えるパワーはそれほどではありません。

一方、医療クリニックでもっぱら使われているのは、「レーザー脱毛」の機器です。これは、多様なレーザー光を肌に当てて脱毛効果をあげます。

実は脱毛原理そのものは、IPL脱毛とレーザー脱毛で差はありません。どちらのライトも、黒いメラニン色素に当たると熱に変化する特性を持っています。

肌に照射するとムダ毛のメラニンで発熱し、やがて毛根のところで温度が上昇していきます。毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部などの組織がその熱でダメージを受け、ムダ毛の成長が防止されるのです。

ただ「原理に差はない」といっても、照射威力については話が別です。レーザー光は局所的な照射ができるのでIPLよりも破壊力が高く、毛根細胞は死滅してしまいます。
そうなるとその部位は永久に無毛状態のままです。

「そんなにパワーの強いレーザー光なら、背中もうまく脱毛できるのでは?」と思われるでしょうが、そう安直にはいきません。

というのも、背中の毛に含有されるメラニン色素は微量で、光を照射しても熱反応が起こりにくいからです。

「では、効率的に脱毛できる方法はないの?」ということになりますが、それについては次のセクションで説明していきます。

4.背中を効率的に脱毛できる方法は?

背中のムダ毛を効率的に施術する方法には、次の3つがあります——

・S.S.C.方式のマシン
・ダイオードレーザー
・美容電気脱毛

これらについて、順に説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.は「Smooth Skin Control」の略称で、イタリアのDEKA社が発明しました。

IPL方式とどういう差があるかというと、ライトとジェルを併用する点です。

専用ジェルには「フィリニーブ」というオリジナル成分が配合されています。サルチル酸、ダイズといった抑毛物質が含まれていて、発毛組織を弱体化します。

IPLではメラニン色素が含まれていないと脱毛は困難なのですが、このS.S.C.方式ならメラニン色素の有無にかかわらず脱毛できます。

次にダイオードレーザーです。

現在、医療クリニックで導入されているレーザーには次の3つがあります——

・ダイオードレーザー
・アレキサンドライトレーザー
・ヤグレーザー

これらのレーザーはいずれも波長が異なり、到達する皮膚の深さが違ってきますが、ダイオードレーザーの場合は真皮層に届く丁度よい長さです。

また薄い毛をターゲットにするには出力の調節が大変なのですが、ダイオードレーザーはそれがやりやすく、背中の毛にもキチンと対応できるのです。

ダイオードレーザーの機器には「メディオスターNeXT PRO」と「ライトシェアデュエット」の2つがあります。どちらかを導入しているクリニックを見つければいいでしょう。

最後に美容電気脱毛です。
この方法はIPL脱毛やレーザー脱毛が一般化する前は、脱毛の主流となっていました。

絶縁加工を施した「プローブ」という針を毛穴に差し込み、電気で毛根に大きなダメージを及ぼすため、「ニードル脱毛」「絶縁針脱毛」という呼び方もされます。

毛根に針と電気を使った物理的損傷を与えるため、脱毛効果は非常に高い、といわれています。

ただ針を使うので、痛みは激しくなります。痛いのが苦手な人にとっては、施術は責め苦に近いでしょう。

また、すべてが手作業ということで、手間と時間がかかりますし、料金も安いものではありません。

それらの欠点を理解した上で施術すれば、レーザーよりも良い結果が得られます。

以上、3つの方法を解説してみました。

このうち、最も手軽なのがS.S.C.方式です。「どれにしようか迷う」という人は、とりあえずS.S.C.方式をチョイスしましょう。完全なツルツル状態には至らなかったとしても、減毛だけなら確実に効果があります。

ただ「背中の毛を完全になくしたい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛がベストです。

5.背中脱毛の疑問&回答

背中脱毛に関する疑問と回答をまとめました。

Q.脱毛するとニキビが完治する?

脱毛によって無毛状態になると、確かに背中にあったニキビが治ったりするようです。

これは、無毛になって毛穴が締まり、色々な肌トラブルが減少するためです。

ただ、施術直後は毛穴にこもった熱で皮膚が乾き、皮脂の分泌が盛んになります。

そうなるとニキビもできやすいので、化粧水やクリームを塗って肌の潤いを保ちましょう。

Q.施術によって硬毛化現象が起きる?

硬毛化というのは、元来は細い毛が、刺激等によって太い剛毛に変わる現象。光線の刺激で毛乳頭の働きが活発になるから、とも言われていますが、まだ確かな原因は不明です。

確かに脱毛で硬毛化が起きることもありますが、施術を継続すると他の毛と同じように処理できますから、特に気にすることはありません。

以上、背中脱毛に関する初心者向けの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

暖かくなると、水着や露出度の高い服を身につけたり、髪の毛をアップにすることも多くなります。
そんな時に堂々と背中を見せられるよう、脱毛で肌のコンディションを整えておきましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安いVIO脱毛サロン@船橋

【2019版】VIO脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@船橋

船橋でVIO脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

キレイモ船橋店

船橋にあるキレイモの店舗情報

船橋駅前店 千葉県船橋市本町4-2-9 菅野屋船橋ビル2階

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる


ミュゼビビット南船橋店

船橋にあるミュゼの店舗情報

ビビット南船橋店 千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋4F

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック津田沼店(船橋)

船橋にあるジェイエステティックの店舗情報

津田沼店 千葉県船橋市前原西2-14-2 津田沼駅前安田ビル 302号

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

VIO脱毛をする前に知っておきたい6つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.Vライン脱毛での定番デザインには、どんなものがある?
3.Oライン脱毛にはどんなメリットが?
4.VIO脱毛の費用はどれくらい?
5.なぜ脱毛では何度も施術を繰り返すのか?
6.トラブルを避けるために施術後の肌をしっかりケア

1.サロン選びの際の注意点!

「VIOとは何?」と聞かれて、「コンピューター関係の専門的な用語」と答える人がいるかもしれませんが、もちろん間違っています。実は美容業界で「デリケートゾーン」と名付けられた部位、つまり女性器からお尻にかけての股間一帯を指します。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(股間前面のトライアングルで、「ビキニライン」とも呼ばれる)
・Iライン(女性器の両サイドの細長い部位)
・Oライン(肛門を中心に円を描いた半径2センチくらいの部位。「ヒップ奥」と呼ぶクリニックもある)

をあらわしています。

つまり、各パーツと形が似ているアルファベットがあったことから「VIO」と付けられたので、別に長い用語の略称ではありません。

というわけで、「VIO脱毛」を一言でいえばアンダーヘアーの脱毛のこと。

そしてVIO3つを一気に無毛状態にする場合は、「ハイジニーナ」という別の名前でも呼ばれます。

「外国でアンダーヘアーの脱毛が流行っている」というニュースが流れた時、その呼称は「ハイジニーナ脱毛」でした(現在でも、VIOではなく「ハイジニーナ脱毛」という言い方をしているサロンや医療クリニックがあります)。

その時は、美容に関心の高い海外の女優やモデルがおこなっている変わった脱毛、というイメージがあったのですが、それから年月が経ち、いまでは日本でもすっかり人気のあるプランとなっています。

「これから脱毛する予定」という女性の間でも、「最も施術したい部位は何?」と聞かれて、VIOと答える人がたくさんいます(実際、各種のアンケートでもワキに続いて2位となることが多いようです)。

ただ上で述べたようにVIOは3つのパーツを合わせた呼称なので、実際の契約にあたってはそれぞれバラバラに脱毛することもできます。

2.Vライン脱毛での定番デザインには、どんなものがある?

Vラインは、デリケートゾーンの3つの部位のなかでも、特に施術希望が多いところ。

外国ではハイジニーナが流行っているので、Vラインも完全にツルツルにしてしまう女性が相当数います。しかし、日本ではまだまだ無毛には抵抗があるらしく、女性のほとんどが一部のヘアーしか脱毛しません。

その場合、「残ったヘアーをどんな形にするか」が問題となります。

サロンやクリニックでは、次のように定番デザインを何パターンか用意しています——

・逆三角形

定番デザインの中でも1番人気があるもの。とてもナチュラルなので、「脱毛しました、というデザインはイヤ」という女性にはもってこいでしょう。

・オーバル型

オーバルというのは英語で「楕円」という意味。ナチュラルさは「逆三角形」ほどではありませんが、デザインそのものは女性らしい可愛らしさがあるので、結構人気があります。

・Iライン型

デザインの中では最も大胆なもの。細い線状になるよう、アンダーヘアーを処理します。露出度の高い水着や下着を楽しみたいという場合にはピッタリ。また縦のラインが強調されるので、足を長く見せたい人にも向いています。

・Uライン型

「逆三角形」を元に、尖った縁を柔らかく処理したもの。ナチュラルさを保ちながら脱毛範囲を広くしたい、という人に最適です。

・スクエア型

「Iラインは大胆すぎてできない……」という女性がよくチョイスするデザインです。ただ、やはりナチュラルな感じはしないので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに、クリニックと契約してレーザー脱毛を受ける人は、デザインはよく考えて決めて下さい。

というのもレーザー脱毛だと毛根部位は徹底的に破壊されます。一度脱毛するともう毛は復活しないことが多いので、施術部位は生涯そのまま、ということになります。

もし大胆なデザインにしてしまうと後々悔やむこともあるので、なるべくナチュラルな形にしておく方が無難です。

3.Oライン脱毛にはどんなメリットが?

V、I、Oの中でも、VラインとIラインはとりわけ脱毛希望者が多くなっています。露出が高めの水着や下着を楽しむなら、どうしてもこの2箇所のヘアーは脱毛しなければならないからでしょう。

ところがOラインだけはなぜか不人気。VとIの陰に隠れる形で、施術希望部位のランキングに入ることがありません。

でもOライン脱毛をすれば肛門付近は非常に清潔になります。ムレが少なくなり、ニオイの不快感も改善されます。

また、セックスをおこなう時も体位によっては男性の目がOラインに向けられることがあるのですが、脱毛しておけば安心できます。

施術の際は、紙パンツが手渡されるのでそれに履き替えます。スタッフがそのパンツをずらしながら、脱毛マシンで施術していくわけです。

「うつ伏せでの開脚姿勢」か「四つん這い」が、施術時の姿勢。恥ずかしさの点で前者の方がマシなので、「うつ伏せで」とスタッフにリクエストしましょう。

最初の頃は恥ずかしいでしょうが、施術を繰り返せばそのうちに慣れてきます。

時間も10〜15分しかかかりません。ぜひOライン脱毛にチャレンジしてみて下さい。

4.VIO脱毛の費用はどれくらい?

脱毛してみたいと思った時、真っ先に調べるのはその料金でしょう。

ここでは「VIO3つをすべて脱毛するコース」の施術料を紹介してみます(3つを個別に脱毛する場合は金額も違ってきます)。

まず、サロンでの施術の場合。

有名サロンの施術料は下の通りです——

毛を減らす程度に抑える

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回で、1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回で、1回分は13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回で、1回分は8,640円]

徹底的にツルツルの状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回で、1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回で、1回分は9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回で、1回分は9,180円]

続いてクリニックでの施術の場合。

有名クリニックの施術料は下の通りです——

毛を減らす程度に抑える

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回で、1回分は10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回で、1回分は12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回で、1回分は19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回で、1回分は18,540円]

徹底的にツルツルの状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回で、1回分は9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回で、1回分は11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックは、8〜9回のプランなし)

こうして一覧で比較すると、サロンの方は回数が多くて意外に割高。普通高いと言われるクリニックの方がリーズナブルなのがわかります。

特に湘南美容外科が格安なので、VIO脱毛してもらうならここが第一候補でしょう。

5.なぜ脱毛では何度も施術を繰り返すのか?

最近はブームということで脱毛を受ける人が増えました。ただ、その施術の詳細についてはまだまだ無知な人が多いようです。

例えば「施術を一度受ければ、それだけでその部位は一生無毛状態になる」と勘違いしている方がいます。

確かに施術してもらうと、普通2週間以内に毛が抜けてツルツルになりますが、しばらくすると毛はよみがえります。そんな再生を防ぐには、日数をかけて施術を繰り返す必要があるのです。

「短期間に施術を繰り返したら?」と思う人もいるでしょうが、発毛の仕組みとの関係でそうもいきません。

毛は伸びては抜けることを繰り返していて、そのサイクル(毛周期)は「成長期」「退行期」「休止期」で構成されています。

毛根から成長し、肌へ先端を出す時期が「成長期」。

伸び切って成長がストップした時期が「退行期」。

毛根から離れ、抜けるのを待っている時期が「休止期」。

実は脱毛マシンの効果があるのは、このうちの成長期だけ。

しかも毛一本一本の成長期は異なるので、どうしても脱毛の施術には日数がかかってしまう、というわけです。

6.トラブルを避けるために施術後の肌をしっかりケア

サロンや医療クリニックでは、脱毛機で施術をおこないます。

現在主流となっているマシンは、レーザー系の光線を肌に照射するもの。この光線は肌には無害で、メラニン色素を含む毛と毛根部位だけに大きな損傷を与えます。

この時、毛根は高熱で焼かれるので、それに接した毛穴も軽微な火傷を負うことになります。

すると肌の水分が蒸発し、バリア機能も一時的に衰えます。そうなると赤み、かゆみ、そしてむくみといった症状が起こりがちになります。

それだけならまだいいのですが、その部位を爪で掻きむしったりすると菌が入りこみ、さらに重篤なトラブルの一因となります。

特に注意したいのが毛嚢炎です。これは毛穴から菌が侵入して炎症となったもの。見た目がブツブツしている上に赤みを帯びていて、ニキビにそっくりです。

普通炎症は軽いので、かゆみも痛みも生じません。放置しておいても、1週間くらい経てば自然に完治してしまいます。

しかし毛穴の奥に感染が及ぶと、段々ふくらみが大きくなっておでき状になり、かゆみや痛みが生じてきます。

症状がひどいと慢性化し、何度も発症するようになるので要注意です。そうなると炎症が広がり、その痕を肌に残すことになります。

そんな事態を招かないためにも、施術後は入浴や飲酒、あるいは汗を伴う運動を避け、バリア機能の衰えた肌を守りましょう。

以上、VIO脱毛に関する初心者向けの情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし、毎週のようにアンダーヘアを自己処理しているのなら、ぜひ一度脱毛してもらうことをおすすめします。カミソリや毛抜きを用いた自己処理は肌に大きな刺激を与えるので、深刻な肌トラブルを引き起こしかねません。

脱毛すれば股間が衛生的になるばかりでなく、肌トラブルを未然に防ぐことができます。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い足脱毛サロン@船橋

【2019版】足脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@船橋

船橋で足脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

キレイモ船橋店

船橋にあるキレイモの店舗情報

船橋駅前店 千葉県船橋市本町4-2-9 菅野屋船橋ビル2階

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる


ミュゼ

ミュゼビビット南船橋店

船橋にあるミュゼの店舗情報

ビビット南船橋店 千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋4F

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック津田沼店(船橋)

船橋にあるジェイエステティックの店舗情報

津田沼店 千葉県船橋市前原西2-14-2 津田沼駅前安田ビル 302号

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

足脱毛をする前に知っておきたい7つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.脱毛を初体験するならジェイエステティックで
3.ムダ毛処理が完了するまでの回数と日数は?
4.長期にわたる施術が必要な理由とは?
5.脱毛によって足のブツブツが治る?
6.足脱毛の疑問点とその回答
7.施術後のアフターケアに関して

1.サロン選びの際の注意点!

足というのは体の中でも大きなパーツだけに、その表面積はワキや顔などとは比べ物になりません。そのため、脱毛は「ひざ上」「ひざ」「ひざ下」「足の甲・指」など、細かく分けられたパーツごとにおこなわれるのが一般的です(もちろん、足全体をまとめて施術するプランもあります)。

サロンやクリニックによって各部位の料金は相当大きな違いがあるので、各サイトなどを綿密にチェックすることが大事です。
そこに書かれた料金を比較検討することによって、よりリーズナブルに脱毛できます。

では、その中でも特に料金が格安のところはどこでしょうか。以下、サロンとクリニックの名前とその料金をまとめてみました。

まずサロンでは——

ミュゼ

・ひざ上……18,000円(施術6回分)
・ひざ下……18,000円(施術6回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……12,000円(施術8回分)
・足全体……48,000円(施術8回分。ひざ上・ひざ下は6回分)

銀座カラー

・ひざ上……42,000円(施術8回分)
・ひざ下……42,000円(施術8回分)
・ひざ……21,000円(施術8回分)
・足の甲・指……21,000円(施術8回分)
・足全体……制限なしで151,152円

ジェイエステティック

・ひざ上……31,200円(施術8回分)
・ひざ下……31,200円(施術8回分)
・ひざ……14,400円(施術8回分)
・足の甲・指……14,400円(施術8回分)
・足全体……91,200円(施術8回分)

脱毛ラボ

・ひざ上……47,840円(施術8回分)
・ひざ下……31,840円(施術8回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……15,840円(施術8回分)
・足全体……95,520円(施術8回分)

クリニックでは——

アリシアクリニック

・ひざ上……55,000円(施術5回分)
・ひざ下……41,250円(施術5回分)
・ひざ……13,750円(施術5回分)
・足の甲・指……13,750円(施術5回分)
・足全体……92,900円(施術5回分)

リゼクリニック

・ひざ上……79,800円(施術5回分)
・ひざ下……89,800円(施術5回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……19,800円(施術5回分)
・足全体……119,800円(施術5回分)

湘南美容外科クリニック

・ひざ上……81,000円(施術6回分)
・ひざ下……81,000円(施術6回分)
・ひざ……28,750円(施術6回分)
・足の甲・指……28,750円(施術6回分)
・足全体……219,500円(施術6回分)

KM新宿クリニック

・ひざ上……60,000円(施術5回分)
・ひざ下……60,000円(施術5回分)
・ひざ……ひざ下に含まれる
・足の甲・指……20,000円(施術5回分)
・足全体……100,000円(施術5回分)

となりました。

格安サロンの中でも特に費用がリーズナブルなのは、なんといってもミュゼです。ひざ上・ひざ下の2つを施術してもらっても36,000円なので、他の店よりもグッとお安くなります。

ただ、太ももからつま先に至るまで脱毛したいとなると銀座カラーがおすすめ。通い放題なのに151,152円というのは非常にお得です。足全体をツルツルにしたいという方はこのコースがベストでしょう。

続いてクリニックですが、サロンより脱毛効果が高いだけに料金も安くはありません。その中ではアリシアクリニックが1番お得。ひざ上、ひざ下、ひざ、足の甲・指をすべて網羅した足全体プランが92,900円です。

高級なクリニックになると、部分脱毛といっても40万円以上の施術料をとるところもあります。
それらと比較すると、足全体で10万円以下というのは本当にリーズナブルです。

2.脱毛を初体験するならジェイエステティックで

全身脱毛ほどの値段はしませんが、足脱毛も決して料金が安価とはいえません。

「脱毛について全く知らないのに、いきなり高額のコースを契約するのは怖い」という方は、ジェイエステティックの「両ワキ完了12回+選べる3部位1回」で脱毛を一度体験してみましょう。

これは、「両ワキ12回」プラス「体の18部位から3つをチョイスして1回」だけ脱毛できるというコース。驚きなのはたった300円で施術可能という点です。

これで施術がどんな具合なのか経験した上で、改めて自分に合ったサロンやクリニックを探すといいでしょう。

3.ムダ毛処理が完了するまでの回数と日数は?

足脱毛の費用については上記でお分かりになったと思います。

続いて、脱毛が終わるまでの日数と回数について説明しましょう。

公式HPでサロンとクリニックのデータを調べてみると、以下のような結果になりました——

脱毛サロン

回数……8回〜12回
期間……1年〜2年
施術ペース……2ヶ月に1回

医療クリニック

回数……5回〜6回
期間……約1年
施術ペース……3ヶ月に1回

この数字を見て、「予想よりもはるかに回数と時間がかかる」と思った人が多いかもしれません。

実は「足は脱毛部位の中でも施術効果が現れやすい」とされています。それでも上記のような長い期間の施術が必要なのです。

これはなぜかというと、現在の脱毛方法と、毛が生え変わるサイクルが密接に関係しています。

それを次のセクションで説明していきましょう。

4.長期にわたる施術が必要な理由とは?

脱毛方法から説明していきましょう。

現在、脱毛サロンと医療クリニックで使われている脱毛用のマシンのほとんどは、肌にレーザー系の光を直接照射することでムダ毛にダメージを与えます。

この光は薄い色の肌には全く何の影響もありません。ただ黒いメラニン色素にぶつかることで熱エネルギーに変化する特質を備えています。ですから肌への照射により、黒い毛だけがその影響を受けることになるわけです。

熱エネルギーは、皮膚の奥に隠れた発毛組織(毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部)に大きな損傷を与えます。このことでムダ毛は伸びなくなり、肌はツルツルに変わります。

「それなら照射は1度やればそれで終わりなのでは?」と思われるかもしれませんが、そう簡単にはいきません。
というのも、ムダ毛は見た目は全部同じに思えても、毛根部分では一本一本の状態が異なっているからです。

体毛は絶えず生えたり抜けたりしており、そのサイクル(毛周期)は「休止期」「成長期」「退行期」という3つの時期に分かれています。このうち光の照射によって脱毛効果が生まれるのは、「成長期」(毛が成長する時期)のみです。

残りの「退行期」(成長を終えた毛が毛根から離れる時期)、そして「休止期」(毛根から切れた毛が抜け始める時期)は、施術しても効果がありません。

光の照射後1〜2週間すると成長期の毛は抜け落ち、1〜2ヶ月間だけツルツルとなります。

やがて毛が伸びたら再び施術。これを1年以上に渡って繰り返すと毛が弱体化し、本数も少なくなります。

このようにして毛の一本一本を毛根から衰えさせ、ようやく脱毛が終了するわけです。

そのため、施術は非常にゆっくりしたペース(1〜2ヶ月に1回)になってしまいます。

以上、なぜ脱毛に回数と日数がかかるのか、理解頂けたでしょうか?

施術を早めるのは上記の事情のためにかなり困難です。
「サロンや医療クリニックに1年以上通う必要がある」ということを脱毛を始める前に理解しておきましょう。

5.脱毛によって足のブツブツが治る?

ムダ毛をカミソリで剃り続けていると、肌に黒いブツブツができてしまうことがあります。

これは、カミソリによって生じる「埋没毛」です。

カミソリで自己処理しているとどうしても角質層にダメージが及び、それを元に戻そうと新しい皮膚が作られます。

しかし、その皮がフタのように毛穴をふさいでしまうことがあり、そうなると毛が表面に出ずに成長していきます。これが埋没毛です。

埋没毛を解消するためにも、サロンやクリニックで脱毛しましょう。
自己処理をする必要がなくなり、肌のコンディションが保たれます。

さらに保湿ケアをしっかりとおこなうサロンやクリニックなら、施術で乾きがちな肌もキッチリと潤い、効果もアップします。

施術を継続するうちに、肌は着実にキレイになっていくでしょう。

6.足脱毛の疑問点とその回答

Q.足脱毛の施術時にふさわしい服装とは、どんなもの?

サービスが行き届いたサロンやクリニックでは、施術用のガウンを貸してくれます。そんなところなら、どんな服で出かけてももちろん構いません。

格安プランの場合は、私服のまま脱毛をおこなうこともあります。
その場合は下半身だけショーツ姿になる必要があるので、ワンピースは避けましょう。

また、専用ジェルを塗って施術するサロンやクリニックでは、ジェルがショーツに付いてしまうことがあります。替えの用意がない店に通うなら、自分でショーツを持参して下さい。

Q.色素沈着があると施術はできない?

サロンとクリニックの有名どころに質問してみたところ、「色素沈着があると、残念ながら施術はできません」とのことでした。

上で述べた通り、脱毛マシンの光は黒いメラニン色素に当たると熱エネルギーに変わります。色素沈着にも光が反応して熱が生じることがあり、万一に備えて施術は不可となっています。

どうしても施術してもらいたいなら、「美容電気脱毛」のできるクリニックを選びましょう。
これなら電気バリを使うため、色素沈着があっても脱毛可能です。

7.施術後のアフターケアに関して

脱毛マシンの光を浴びると、肌の防御パワーが一時的に低下します。刺激にも弱くなりますから、しっかりしたアフターケアが欠かせません。

施術直後に気をつけたいのは「入浴をしない」ということ。どうしても汚れを流したい人は、低い水温のシャワーを浴びて下さい。汚れを落とす時も肌をこすってはいけません。

また脱毛後の皮膚は肌トラブルを生じやすくなっています。
施術直後は当然ですが、翌日もたっぷりと潤いを与え、ケアに気を配りましょう。

保湿には普段使っているクリームやローションを塗ってもいいのですが、敏感肌向けローションや乳液ならさらにケア効果があがります。化粧水の後にミルクローションを塗れば、潤いの補給も十分でしょう。

以上足脱毛に関して、基本情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

繰り返し書いてきましたが、肌に悪影響を与える自己処理はおすすめできません。
肌の状態を改善するためにも、自分に合ったサロンやクリニックで脱毛してみましょう。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い腕脱毛サロン@船橋

【2019版】腕脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@船橋

船橋で腕脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼビビット南船橋店

船橋にあるミュゼの店舗情報

ビビット南船橋店 千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋4F

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック津田沼店(船橋)

船橋にあるジェイエステティックの店舗情報

津田沼店 千葉県船橋市前原西2-14-2 津田沼駅前安田ビル 302号

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ船橋店

船橋にある脱毛ラボの店舗情報

船橋店 千葉県船橋市本町6-2-20 ゼブラ船橋4F

脱毛ラボ船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

腕脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.腕脱毛の料金はどれぐらいなのか?
3.現在の脱毛方式について
4.サロンとクリニックの違いについて
5.脱毛完了までの回数と期間について
6.施術中の痛みはひどい?
7.「通い放題」でツルツル状態を維持しよう
8.どのサロンとクリニックがオススメか?

1.サロン選びの際の注意点!

サロンやクリニックと契約の上で脱毛の施術をしてもらうと、少なくとも2つの良いことがあります。

第1の良いことは、もちろんキレイでなめらかな肌が得られること。

「そんなのサロンやクリニックでなくても、自己処理で得られるんじゃ?」と思われるかも知れません。しかし、毛抜きやカミソリといった道具でムダ毛を抜いたり剃ったりしていると、どうしても仕上がりが汚くなります。
特に剛毛の場合など、太い毛穴が目立ちがちです。

サロンやクリニックのスタッフに施術してもらうと、仕上がりがまるで違います。肌がビックリするほどなめらかになるので、ノースリーブや半袖で人混みに出ても周りの視線が気になりません。
むしろ、「キレイな肌を見せびらかしたい」と感じるでしょう。

そして第2のメリットは、自由な時間が新しく手に入る、ということ。

どういうことかというと、脱毛が成功すると腕のムダ毛は伸びてきません。そうするとこれまで自己処理に費やしてきた時間が余るので、それを他の用件に回せる、ということです。

「その代り、わざわざ施術を受けに出かけなければならないのでは?」という反論もあるでしょうが、サロンやクリニックに行くのは2ヶ月に1度くらいです。
しかも施術時はただ横になったり座ったりしているだけなので別に大変ではありません。
その程度でムダ毛の処理ができるのですから、施術の価値は相当高いと言えます。

また、自己処理による肌トラブルが防げる、という点も重要です。
キレイな肌をキープする上でも、プロの手による脱毛には大きな意味があります。

2.腕脱毛の料金はどれぐらいなのか?

腕脱毛することを決心した時、どうしても心配になってくるのがその費用でしょう。

知名度の高い脱毛サロンや医療クリニックの公式サイトで料金を調べ、その平均を出してみたところ、サロンの場合は——

・腕(ヒジ上)……47,800円
・腕(ヒジ下)……48,600円

クリニックの場合は——

・腕(ヒジ上)……83,375円
・腕(ヒジ下)……82,500円

という金額になりました。

この数字だけみれば、サロンで脱毛してもらう方が安くですむわけですが、クリニックもムダに高額な料金を取っているわけではありません。
やはりそれだけのメリットはあります。

サロンとクリニックの違いについては、この後のセクションで細かく紹介しているので、そちらを読んで下さい。

3.現在の脱毛方式について

脱毛というのは歴史が古いのですが、近代に入って技術革新が行われると、色々な方法が考案されるようになりました。

その中のひとつが「美容電気脱毛」(「ニードル脱毛」)という方法です。
これはプローブと呼ばれる特殊な針を毛穴に刺し、電気を通して毛根を焼き切るというもの。

この方法はクリニックで普及したものの、なにしろ針を刺すわけですから相当な痛みを伴います。発毛を防ぐという点では優れているのですが、手間がかかるということもあって廃れてしまいました。

代わって一般的になったのが、レーザー系の光を用いる方法。肌の奥で熱エネルギーに変化した光が毛根の発毛機能にダメージを与え、毛が成育するのを防ぎます。

サロンでは、IPL(インテンスパルスライト)と呼ばれる光を使った「フラッシュ脱毛」という方法がポピュラーです。
このIPLはメラニン色素を含んだ毛母細胞、毛乳頭、皮脂腺開口部に損傷を与えます。

IPLはパワーが抑制されていて、施術の完了までにかなりの日数を要します。ただ、その分費用も抑えられていて、痛みも軽い、というメリットがあります。

一方、ほとんどの医療クリニックで使われているのがレーザー脱毛。
YAG、ダイオード、アレキサンドラライトといった波長が違うレーザー光を使用しますが、それぞれの照射力はものすごく、発毛部位を完璧に破壊することができます。

痛みが強いのがデメリットですが、短い期間で脱毛を完了したいならこちらの方がおすすめです。

4.サロンとクリニックの違いについて

サロンとクリニックにはどのような差があるのでしょうか?

具体的にあげてみると——

脱毛サロン

・「フラッシュ脱毛」で施術
・あくまで抑毛、減毛だけの効果
・施術料金はリーズナブル

医療クリニック

・主に「レーザー脱毛」で施術
・永久脱毛ができる
・料金は高め

となります。

さらに、

・部位によってはクリニックの方が安いことがある
・クリニックでは基本的に医師が施術する

といった差もあります。

これらを考えると、「料金は高めだが永久脱毛の可能なクリニックを選びたい」という人が多いかもしれません。

ただ大都市圏は別として、脱毛専門のクリニックというのは少なく、もし通える範囲にないならサロンにするほかないでしょう。

でもガッカリする必要はありません。サロンには、脱毛完了後も施術が続けられるプランを用意しているところもあります。それなら永久脱毛と同じことです。

また毛が薄い場合、サロンでも十分効果が上がるので、わざわざ高いクリニックを選ぶ必要はありません。

どちらにするかは、自分の毛質を考慮して決めて下さい。

5.脱毛完了までの回数と期間について

腕脱毛が完了するまでの施術回数と期間についてですが、目安としては次のようになっています——

脱毛サロンの場合

照射回数……12回以上
期間……2年以上

医療クリニックの場合

照射回数……5回
期間……約1年

どうでしょうか? 「予想以上に回数も多く、期間も長い」と思う人が多いかも知れません。

ただ、腕毛というのは、ワキやVIOなどの部位の毛に比べると元々それほど濃いものではありません。

したがって一応上記のような目安はありますが、「レーザー脱毛1回の照射でもう腕毛が生えなくなった」という人もいるようです。

さらに剛毛の体質の人でも「4回ほど照射した後は、産毛くらいしか伸びなくなった」という方もいます。

照射パワーを抑えているフラッシュ脱毛でもかなり効果が期待できるので、自己処理を減らしたり、夏場に腕まくりしてもムダ毛が目立たない程度なら、上記の回数よりもはるかに早く達成できるようです。

6.施術中の痛みはひどい?

サロンやクリニックで脱毛してもらう前、不安を覚えるのが施術時の痛みでしょう。

さすがに現在の光を用いた方法では、以前一般的だったニードル脱毛の痛みはともないません。

ただ、完全に無痛、というわけにはいきません。ネットの口コミを色々とチェックしてみると、まずサロンの方は——

「毛の太い部位(VIOやワキなど)と比べると、施術時もさほど痛みはありません。ただ、チクチクはします」

「照射の時はちょっとチクリとした刺激がありますが、痛いというほどではありません。それも、施術に通ううちに薄れてきました」

というような感想が目立ちました(特にヒジに関しては「チクチク感が強い」という人が多いようです)。

ただ、サロンで施術を受けた人のほとんどが「何度も施術をしてもらううち、刺激を感じなくなった」と言っています。回数が10回を越えると「カユミぐらいになった」という人もいました。

そして、医療クリニックの方は——

「痛みは思った以上でした。特に毛が濃いヒジ下は痛みが激しく、思わずワッと叫びたくなったほどです」

といった口コミがかなりあります。

どれほどの痛みなのか、というと「ゴムでパチンと弾かれたような」と形容する人から、「いきなりムチで叩かれたようで、相当な痛みだった」という人まで様々です。痛みの程度は使われるマシンや毛の質によっても変わってきます。

いずれにせよ、クリニックではある程度の痛みは覚悟しなければなりません。もし「絶対に痛みは感じたくない」という人は、サロンで脱毛するか、あるいは麻酔が使えるクリニックを選ぶべきです。

7.「通い放題」でツルツル状態を維持しよう

脱毛が完了するまでの施術回数ですが、上述したようにクリニックで平均5回、サロンなら最低12回となっています。

しかも厄介なのは「脱毛完了とともに施術と無縁になる」とは限らないということです。

実は脱毛した後、ずっとムダ毛が生えなくなるわけではありません。

まずサロンで脱毛した場合ですが、フラッシュ脱毛では毛根組織は破壊されていません。ただ発毛機能が弱体化しただけです。

そのため何年か経過すると、ムダ毛が再生してきてしまいます。

では、クリニックのレーザー脱毛は「永久脱毛」だから大丈夫かと言うと、これも”永久”というのは「毛の再生率が20%以下」というだけで、一生ツルツルのままである、とは保証されていません。

つまり、せっかく施術に通ったのに、それが無意味になることもありうるわけです。

そんな”悲劇”を避けるためには、脱毛完了後もアフターケアが可能なプラン、つまり「通い放題」をチョイスすべきです。

このプランならサロンやクリニックが倒産しない限り、ずっと施術に通うことができます。

8.どのサロンとクリニックがオススメか?

腕脱毛で有名なサロンとクリニックを、それぞれ3つずつあげてみます。

まずはサロンから——

銀座カラー

ネットでも「予約が取りやすい」「施術がスピーディ」「脱毛効果がすぐに分かる」など、評価の高い口コミが寄せられている銀座カラー。

単独部位にも通い放題プランが設けられていて、腕脱毛希望者には絶対のオススメです。

また「学割」「のりかえ割」のほかにも、「祝割(誕生日・成人・結婚)」という面白いディスカウントがあって、リーズナブルに脱毛が可能です。

レイビス

レイビスは旧称「TOKYO BDC」。四半世紀に及ぶ実績があり、業界でも一二を争う老舗です。

オススメのプランは「腕全部セット 脱毛し放題」。「ヒジ上」「ヒジ下」「ヒジ」「手甲指」という4部位を、名前の通り制限なしで施術できます。

また完全月額制を取っているため、通えば通うほどリーズナブルになるところも助かります。

ミュゼ

ミュゼは顧客数、店舗数、売上、満足度が業界のトップ。電車で広告を見かけた人も多いでしょう。

サービスの点でも「公式アプリをダウンロードすれば料金をディスカウントする」という面白い試みをおこなっています。

例えば、ひじ上と両ひじ下をそれぞれ4回施術できるフリーセレクト美容脱毛コース(Lパーツ)だと、48,000円が24,000円に。なんと50%のディスカウントです。

また、DEKA社が開発したSSC脱毛機を導入していて、施術の痛みがほとんどないのも大きなメリット。

次にオススメのクリニック——

アリシアクリニック

なんといっても「し放題コース」がオススメ。クリニックとしては貴重な通い放題プランで、8割の顧客が契約しています。

湘南美容クリニック

テレビCMのせいで圧倒的な知名度を誇ります。有名なだけに安心ですし、分院が各地にあるため、地方に住む人には通いやすくなっています。

リゼクリニック

腕セットというプランが、腕脱毛希望者にはもってこいです。

また脱毛が終わった後も通常の50%の料金で施術ができますから、毛が再生した場合には助かります。

以上、腕脱毛に関する色々な知識と情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこの頁を参照しながら、自分のお好みのサロンやクリニックを見つけて下さい。
施術を続けることで自己処理がいらなくなり、肌の状態も改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い顔脱毛サロン@船橋

おすすめの顔脱毛サロン@船橋

【2019版】顔脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@船橋

kao

船橋で顔脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

キレイモ船橋店

船橋にあるキレイモの店舗情報

船橋駅前店 千葉県船橋市本町4-2-9 菅野屋船橋ビル2階

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック津田沼店(船橋)

船橋にあるジェイエステティックの店舗情報

津田沼店 千葉県船橋市前原西2-14-2 津田沼駅前安田ビル 302号

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる


ミュゼビビット南船橋店

船橋にあるミュゼの店舗情報

ビビット南船橋店 千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋4F

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ船橋店

船橋にある脱毛ラボの店舗情報

船橋店 千葉県船橋市本町6-2-20 ゼブラ船橋4F

脱毛ラボ船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC船橋駅前店

船橋にあるエステティックTBCの店舗情報

船橋駅前店 千葉県船橋市本町5-3-5 伊藤LKビル8F

エステティックTBC船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

顔脱毛をする前に知っておきたい9つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.施術可能な顔の部位はサロンによって異なる
3.顔脱毛の平均料金はどれくらい?
4.最初に「お試しコース」を選ぶのがベスト
5.どのサロンがオススメなのか?
6.歯の治療中、施術を行ってもいいのか?
7.ニキビができると施術できない?
8.脱毛によってシミやそばかすができるって本当?
9.サロンに出かける時は、メイクなしが原則?

1.サロン選びの際の注意点!

サロン選び
顔脱毛について詳細を紹介する前に、まず現在の脱毛とはどのようなものなのか、短く説明しておきます。

脱毛の施術は以前は結構大変なもので、電気の通じた針(プローブ)を毛穴に刺し、スタッフが一本一本の毛根を焼き切っていました(これを「美容電気脱毛」または「ニードル脱毛」と呼びます)。

これは脱毛効果では最高なのですが、ひとつひとつの毛穴に針を突き刺していくわけですから、痛みは避けられません。
おかげで、「脱毛の施術は痛くて怖い」というイメージが世間に広まってしまいました。

この脱毛方法は現在でも行われてはいるのですが、「時間がかかりすぎる」ということで廃れています。代わって主流になったのが、ムダ毛のある肌にレーザー系の光を直接照射するという「光脱毛(フラッシュ脱毛)」です。

光(フラッシュ)といってももちろん様々な種類がありますが、サロンで最もポピュラーなのが「IPL(インテンスパルスライト)」。

このライトは表皮には影響を与えず、皮膚の奥に隠れている毛根で光から熱に変わります。そしてその高熱により、毛乳頭、毛母細胞などの発毛組織に大きなダメージを与えるのです。

もともとIPLは、エステで肌のケアに使われていたもの。脱毛用に流用された後もニキビ跡や黒ずみなどに効果があるので、施術していくうちに肌の状態も整ってきます。

最近ではこのIPL以外にも、SSC脱毛、SHR脱毛、ハイパースキン法といった新しい方式が加わり、サロンの施術方法も多様になってきました。

これらの方式には特徴があるので、その効果を理解した上で自分にふさわしいものを選ぶといいでしょう。

2.施術可能な顔の部位はサロンによって異なる

施術可能な顔の部位
顔脱毛で注意したい点のひとつは、サロンによって施術できる部位が異なる、ということ。

あるサロンのアンケートによると、顔の施術での希望部位は、鼻の下、アゴ、眉間がトップスリーということです。しかし、この3つについても、脱毛できるかどうかは店によって違います。

有名サロンの例をいくつかあげてみると——

ジェイエステ……目元、鼻下、頬、口周り、顎、フェイスライン

ディオーネ……額、鼻、鼻下、頬、顎

脱毛ラボ……鼻下、もみあげ、顎

ミュゼ……鼻下、顎

といった具合で、施術できる部位に相違があります。

ということで、「顔脱毛もできます」とサロンの広告にあったとしても、希望部位を確実に施術してもらえるかどうかは分かりません。

せっかくサロンまで行ったのに「そこは施術できません」と言われると腹が立ちますので、脱毛できる部位についてはサイトなどでチェックしておきましょう。

3.顔脱毛の平均料金はどれくらい?

顔脱毛の平均料金
「どれくらい費用がかかるのか?」……

初心者が顔脱毛しようと決心した時、まず不安を感じるのはその点かもしれません。

20社に及ぶ有名サロンのデータで顔脱毛の平均料金を計算してみると、「41,033円」という金額になりました。

これが「高い」のか「安い」のか。それはその人の脱毛への熱意によって決まるでしょう。

ちなみに顔脱毛を行っているのはサロンだけに限りません。専門の医療クリニックでも施術は受けられます。

こちらもデータで平均値を計算してみたところ「131,325円」という金額になりました。

つまり医療クリニックで施術すると、サロンの3倍以上の費用がかかるわけです。

「ずいぶん高い」と思われるでしょうが、クリニックでは「永久脱毛」が可能というメリットもあり、無駄にこの値段を取るわけではありません。

サロンにするかクリニックにするか、料金と効果を考慮しながら選んで下さい。

4.最初に「お試しコース」を選ぶのがベスト

お試しコース
脱毛サロンでは様々なプランが用意されていますが、初心者にもってこいなのは何と言っても「お試しコース」です。

これでその店のサービス、脱毛技術、接客態度などをチェックし、その上で正規プランを契約するのがベストなやり方です。

なおコースを申し込む際は、店に電話するより、特典のついたネット経由で行いましょう。希望する店のサイトを開いたら、料金や条件などをチェックして手続きします。

その後はサロンに直接出かけることになりますが、まずスタッフと対面してカウンセリングを行います(料金は無料です)。

内容は、プランについての説明、希望部位の聞き取り、そしてアンケートなど。ちょうどいい機会なので、

「脱毛完了までどれくらい通えばいいのか?」
「施術に使われる脱毛器はどんなもの?」
「永久脱毛は可能なのか?」

など、積極的に色々と質問してみましょう。

ちなみに初日はカウンセリングだけで完了することがほとんど。施術は改めて後日受けることになります。

施術時には——

・スタッフの接客態度、サービスは?
・施術に痛みはともなうのか? 痛いとしたらどの程度か?
・術後の肌の保湿に気をつけているか?

などのポイントをチェックしましょう。

これでいい印象なら、そのまま正規プランを契約することになりますし、悪ければそのまま終了。後者なら他のサロンを調べ、またそこの「お試し」を経験することになります。

最近は脱毛ブームということもあってサロンの数も急増中。きっと自分に合った店に出会えるはずです。

5.どのサロンがオススメなのか?

オススメサロン
「顔脱毛ならここ」というサロンを2つ紹介します。

まずは有名タレント(渡辺直美、板野友美、ぺこ&りゅうちぇるなど)を使ったテレビCMで知名度の高い「キレイモ」。

ここの顔脱毛は他のサロンより施術可能部位が多く、他店では不満足だった人がわざわざ脱毛し直しに訪れるようです。

続いて推薦したいのは、「ジェイエステティック」。

ここで最も人気を集めているのが「フェイス6」というプラン。費用が1回2,500円というのですから、大人気となるのも当然でしょう。「なるべく安上がりに顔脱毛がしたい」という人にはピッタリ。

「顔脱毛したいけど、サロンが多すぎて困っている……」という人は、ぜひこの2店のサイトをのぞいてみて下さい。

以上、顔脱毛に関して基本となる情報をお届けしました。

これ以降は、脱毛にまつわる疑問点や、施術の際に気をつけるポイントについて紹介していきましょう。

6.歯の治療中、施術を行ってもいいのか?

歯の治療中
毛の再生力というのは馬鹿にできず、完全に脱毛するのには日数がかかります。数ヶ月サロンに通い続けることなど当たり前なので、その間に歯医者に行く人もいるかもしれません。

この場合、脱毛と歯の治療を間隔をおかずに行なうこともあり得ます。2つの施術がバッティングしても問題は起きないのでしょうか。

サロンに訊いてみると、「通常の歯の治療なら問題ありません」とのこと。

ただ、歯医者で処方される痛み止めの薬については、注意が必要です。

実は脱毛の施術中、ごく少数ですが「光線過敏症(光過敏症)」という症状が起こす人がいます。これは、光に肌が反応し、かゆみやむくみ、水ぶくれが生じる現象。

実は、痛み止めにはそれを誘引する成分が入っていることがあり、施術に際してはその摂取が禁じられています。

トラブルを起こさないためにも、痛み止めをうっかり飲んだらスタッフに申告するようにして下さい。

ちなみに虫歯がある場合、光によって痛みが増してしまうことがあります。それがイヤな人は、口付近の施術は避けた方がいいでしょう。

また、歯列矯正の器具に関しても、光の反応で熱が生じることがあります。そうなると口を火傷することになるので、口周辺の施術は後回しにしましょう。

ただ、器具がプラスチックやセラミック製なら問題ありません。

このように施術条件は複雑なので、必ずスタッフと相談しながら脱毛して下さい。

7.ニキビができると施術できない?

ニキビができる
光脱毛は毛根に熱を発生させるため、体調に影響が及ぶことがまれにあります。そのため、施術の際は色々な条件をクリアしなければなりません。

たとえば皮膚が極端に乾いていると施術できませんし、ムダ毛が短くカットされていない場合も施術は不可です。

ではニキビがある肌はどうでしょうか?

サロンに質問すると、ほとんどの店で「施術はできます」との回答でした。

というのも肌に照射されるIPLというライトは、毛乳頭や毛母細胞などの毛根の組織に損傷を与えるだけで、ニキビには害を及ぼしません。そのまま施術しても問題はないのです。

ただ炎症がひどい場合はダメです。
照射で炎症が進むこともあるので、施術するかどうかはスタッフと相談した上で決めましょう。

8.脱毛によってシミやそばかすができるって本当?

シミやそばかすができる?
現在、最もよく使われる脱毛方法は、メラニン色素に反応するレーザー系の光を肌に直接当てるというもの。

「そんな強い光を照射したら、肌が色素沈着を起こすのでは?」と不安を覚える人もいるかもしれません。

確かに太陽の光による日焼けは、シミやそばかすの原因のひとつです。施術で用いられるIPLなどのライトも光度が大きいので、つい紫外線と同じ様に肌に悪いのでは、と思い込みがちです。

しかし、IPLはエステで美肌用に使われてきた歴史があります。肌に対して決して悪い影響を与えるものではありません。

「でもネットでは『脱毛したせいで、シミや黒ずみができてしまった』という口コミを見かけるけど?」と反論する人がいるかもしれません。

その現象に関しては、理由が2つ考えられます。

まず、ターンオーバーが進んだことにより、肌の深層に隠れていたシミ予備軍が皮膚表面に出てきた、というもの。

施術によって新陳代謝が進み、深層にあったシミが皮膚に現れるのはよくあることです。

ただ、シミのほとんどはターンオーバーがさらに進行すれば消えてしまいます。

あと施術の後、乾いた肌に傷がつき、痕になって残ってしまうケース。これをシミだと勘違いする場合があります。

ともかく、脱毛が直接の原因でシミや傷ができることなどありません。
安心して施術を受けて下さい。

9.サロンに出かける時は、メイクなしが原則?

メイクなしの女性
顔脱毛を始める際、女性が不安を覚えることのひとつは、

「店に行く際は、スッピンでないといけないのか?」

ということ——。

素顔で人前に出ても問題のない10代の女の子ならいいのですが、普段からメイクをしっかりしている大人の女性にとって、スッピンで外を歩くというのは結構大変なことです。

先に結論を述べてしまうと、メイクしていても問題ありません。

サロンには専用ブースが設けられていて、施術前に化粧を落とせます。しかもサロンの中には、スタッフが無料でメイクをオフしてくれるところもあります。

ただ設備やサービスが充実しているからといっても、あまりに濃い化粧をしていくと、それを落とすだけで時間がかかります。

化粧は薄くし、施術までの時間をムダに取らないようにしましょう。

以上、顔脱毛について色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

ぜひこれらの情報を参考に、サロンと契約してみましょう。
脱毛するうちに、肌のコンディションも以前より改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

効果が高くて安い脇脱毛サロン@船橋

おすすめの脇脱毛サロン@船橋

【2019版】脇脱毛の効果が高くて安い!おすすめサロンランキング@船橋

船橋で脇脱毛をはじめたい人のために、効果が高くて安いと評判の脱毛サロンをランキングにまとめました。
ぜひ、サロン選びの参考にしてみてください。

ミュゼビビット南船橋店

船橋にあるミュゼの店舗情報

ビビット南船橋店 千葉県船橋市浜町2-2-7 ビビット南船橋4F

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

ミュゼビビット南船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


キレイモ船橋店

船橋にあるキレイモの店舗情報

船橋駅前店 千葉県船橋市本町4-2-9 菅野屋船橋ビル2階

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる

キレイモ船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる


ジェイエステティック津田沼店(船橋)

船橋にあるジェイエステティックの店舗情報

津田沼店 千葉県船橋市前原西2-14-2 津田沼駅前安田ビル 302号

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる

ジェイエステティック津田沼店(船橋)で無料カウンセリングを受けてみる


脱毛ラボ船橋店

船橋にある脱毛ラボの店舗情報

船橋店 千葉県船橋市本町6-2-20 ゼブラ船橋4F

脱毛ラボ船橋店で無料カウンセリングを受けてみる

脱毛ラボ船橋店で無料カウンセリングを受けてみる


エステティックTBC船橋駅前店

船橋にあるエステティックTBCの店舗情報

船橋駅前店 千葉県船橋市本町5-3-5 伊藤LKビル8F

エステティックTBC船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる

エステティックTBC船橋駅前店で無料カウンセリングを受けてみる


気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

脇脱毛をする前に知っておきたい8つのこと

【目次】
1.サロン選びの際の注意点!
2.「脱毛」ってどんなもの?
3.ワキ脱毛の施術回数、値段、痛みの程度について
4.ワキ脱毛に成功するために
5.脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?
6.なぜワキ脱毛の料金は安いのか?
7.脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい?
8.「脱毛をするとワキの汗が増えてしまう」って本当なの?

1.サロン選びの際の注意点!

夏は一年で最も活動的な季節。長期の休みが取れることもあって、旅行やレジャーを楽しむ人も多いでしょう。

暑いこともあって女性も開放的な服装になるのですが、その時に気にかかるのがワキに生えているムダ毛……。

その処理がいい加減だと、うっかり他人に見られ、恥をかくことになりかねません。

といっても自己処理は結構面倒なもの。さらにカミソリや毛抜きを使い続けていると、黒ずみ、埋もれ毛などの肌トラブルを起こしがちです。

「うっとおしい自己処理なんてやめて、脱毛したい!」

と考えてしまう女性も多いでしょう。

でも、サロンに行ったことのない人にとって脱毛というのは何となく不安なもので、どうしてもハードルが高くなります。

「どれくらいの期間、通わないとダメなの?」
「完了するまで施術は何回必要?」
「痛みがあるって噂だけど本当?」
「料金がずいぶんかかるんじゃあ?」

これらの疑問が解決できないまま、結局、サロンとは無縁にムダ毛処理を続けている、という女性も少なくありません。

そこで、そんなお悩みを解消するため、ワキ脱毛の料金、その効果、サロンなどについて詳しく紹介してみることにしました。

このページが、ワキ毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

2.「脱毛」ってどんなもの?

ワキ脱毛について紹介する前に、「脱毛とはどういうものか?」ということを述べてみます。

世間では勘違いしている人が多いのですが、「脱毛」というのは、別に毛を抜くものではありません。そんなことなら自宅で毛抜きやワックスを使って行えてしまいます。

実はサロンやクリニックの施術においてターゲットとなるのは、肌の表面に出ているムダ毛そのものではなく、皮膚の中に隠れている毛根なのです。

以前は手作業で一本一本の毛根を処置していたのですが、現在では技術革新が進み、特殊な光を照射することで毛根に影響を与える方法をとっています。

この時に用いられるのが、IPLやレーザー。これらの光は、メラニン色素だけに反応する特質を持っています。ムダ毛のある肌に当てると、毛根部分で熱エネルギーへと変わり、毛母細胞、毛乳頭といった発毛組織に大きな損傷を与えます。

この方法は画期的でした。脱毛は気軽に受けられるものとなり、最近では顔、VIOなど、様々な部位を施術してもらう人が急増しています。

その中でもワキは最もポピュラーで、ほとんどの脱毛初心者がまず施術してもらう部位だと言われています。

やはり、夏になると半袖やノースリーブを着る機会が増えますから、「ムダ毛処理をするならまずワキから」と考える女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中している部位でもあります。そのために老廃物が他の部位よりも蓄積しやすく、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)なども起こりやすいと言われています。

ワキの良い状態をキープするためにも、早くムダ毛を施術してもらい、刺激の強い自己処理は中止するのが得策です。

3.ワキ脱毛の施術回数、値段、痛みの程度について

上記の説明で、ワキ脱毛の特徴がお分かりになったでしょう。
「すぐにサロンで施術を受けたくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに通うとなると、以下のようなことが気にかかると思います——

・施術回数はどれくらい必要なのか?
・料金は最終的にいくらぐらいかかる?
・施術時の痛みはあるのか? あるならどのくらいのものか?

これらのポイントについて、順番にお答えしていきます。

まず施術回数についてですが、実は脱毛というのは手間のかかるもので、1回や2回程度では終わりません。
ムダ毛が完璧に生えないようにするまで、長い時間が必要です。

特にワキは、狭い場所に太いムダ毛がまとまって生えている厄介な部位。しかも他の部位に比べて毛根が深いところにあるため、顔や脚よりも施術回数が多くなっています。

各サロン、あるいは個人の体質によって違いはあるのですが、施術完了まで12回から18回、というのが平均的な回数です。

続いて料金。これはサロンによってかなりの幅があります。

古くからやっている高級サロンの中には、少しの施術でビックリするような値段をとるところもあるのですが、ワキ脱毛に関しては全般に値段はリーズナブル。
初心者でも受けやすいプランが用意されています。

その中でもオススメのサロンがあって、それはミュゼという全国展開しているチェーン店。

なぜおすすめなのかというと、最も人気を集めている「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が驚くほどリーズナブルだからです。

何しろこのプランの料金は100円。缶ジュース並みの金額です。

この値段で脱毛をしてくれるところは他にはありえない、と言い切っていいでしょう。「なるべく安くで最初の施術を受けたい」と考えている初心者にはピッタリです。

最後に、施術中の痛みの有無について。

上述したように、サロンではIPLという特殊な光を使って施術を行います。

このIPLは肌に照射すると毛根部位に含まれているメラニン色素に反応し、熱エネルギーに変化。

そのことで毛乳頭や毛母細胞に大きなダメージを与えるのですが、高熱の影響で周辺の皮膚も軽い火傷を負い、どうしても痛みが生じることになります。

もちろん、火傷といっても軽微なものなので耐えられる範囲内なのですが、多少不快な思いがすることは確かです。

そのIPLのデメリットを解消するために、最近になってSSCという方式が新たに開発されました。

IPLではキセノンランプを使っているのですが、SSC方式ではクリプトンライトというものを使います。
キセノンランプはそれだけで脱毛効果があるのに対し、クリプトンライトは単独では毛根に影響を与えません。

ではどうやって脱毛するのかというと、ムダ毛にSSC専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを照射することで毛根部分にダメージを与え、発毛をストップすることができるのです。

この方式の最大の長所は、ジェルと組み合わせることで脱毛するため、光の威力は弱くても問題ない、というところ。
ライトを強烈にする必要がないため、肌が火傷状態になることもなく、痛みがはるかに軽減されます。

実は、上で紹介したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を使っているのです。

「少しの痛みにも耐えられないので、脱毛の施術なんて受けたくない」という人もいるそうですが、ミュゼならそんな心配なしに脱毛できます。

4.ワキ脱毛に成功するために

「サロンを選ぶなら、値段、痛み軽減の点でミュゼがベスト」と書きましたが、「近所に店舗がない」という人も多いでしょう。そんな場合、他のサロンを探す必要があります。

ただ、脱毛がちょっとしたブームになったため、現在サロンの数は急増しています。
初心者はどこを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

さらに料金についてもプラン設定が複雑。キャンペーンをチェックしても、どれが1番お得なのか判断がつきません。

そこでサロンを探す時、注意すべきポイントを3点あげてみます。

施術可能回数が少なすぎるプランは選ばない

脱毛がブームといってもまだまだ一般的には馴染みが薄く、勘違いしている人も多いようです。

たとえば1、2回の施術だけでもその部位の毛は一生生えてこない、と思い込んでいる方がいます。

もちろんこれは誤解。施術を1、2度おこなった程度では、ムダ毛を一生生えないようにすることなど不可能です。施術の後、その部位は10日から1ヶ月くらいで確かにムダ毛が抜けて無毛状態になりますが、しばらくすると毛がまた生えてきます。

ムダ毛を完全に処理するには数ヶ月から数年の長期に渡り、IPLやレーザーといった光を定期的に当てていく必要があります。

しかもワキのように太い毛が群がっている部位では、施術の回数が12回〜18回に達するのが普通なのです。

ですから、施術回数があまりにも少ないプランを安さにつられて選んでしまうと、結局完璧な脱毛ができず、施術を追加でおこなう羽目になります。

そうなると出費もかえってかさみますので、回数の少ないプランはなるべく無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにして下さい。

返金制度や施術期限を契約前にチェックする

サロンに通っているうちに、脱毛技術や接客態度に関して不満を感じる場合があります。
そうなると契約を打ち切りたくなるでしょう。

もちろん解約を申し出ると、サロンの方ではイヤな顔をします。契約をタテに、返金額をケチる、という店が多いようです。

またサロンによっては、施術期間にタイムリミットを設定しているところがあります。それを知らないと「全額払ったのに施術ができない」という泣くに泣けない羽目に陥りますので、事前にキチンと調べておかないといけません。

以上の2点については、契約時にスタッフに確認するのを忘れないようにしましょう。

施術後のケアはしっかり行ってくれる?

ワキは自分で確認しづらいため、知らない間にコンディションが悪くなりがち。
ムダ毛処理だけでなく、黒ずみなどの肌トラブルもしっかりと対処しておきたいものです。

そのために必要なのは、しっかりと肌の潤いを保つこと。

サロンの中にはそれを考え、施術後の保湿ケアに力を入れているところもあります。

こうした店なら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

5.脱毛サロンと医療クリニックの差はどんなところにある?

ワキ脱毛はサロンだけではなく、医療クリニックでも行っています。

ではサロンとクリニックでは、どのような施術の違いがあるのでしょうか?

現在、サロンでの施術の主流となっているのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)と呼ばれる方法。そしてクリニックの方では、レーザー脱毛がもっぱら使われています。

「特殊な光を当て、黒いメラニン色素を含有する毛根に大きな損傷を与える」という点で、脱毛の原理そのものは2つとも変わらないといっていいでしょう。

ではどういう差があるのかというと、毛根に損傷を与える威力です。

レーザーの光は波長が長く、そのパワーも強烈です。毛乳頭、毛母細胞といった組織は高熱によって完璧に破壊されてしまい、ムダ毛がずっと生えてこない、という「永久脱毛」もできます。

また脱毛完了に至る回数にも差が生じます。フラッシュ脱毛だと10回以上かかるところ、レーザー脱毛にすれば数回くらいで完了してしまいます。

もし「短い期間で脱毛を完了したい」と考えている人なら、医療クリニックでレーザー脱毛を受けた方がいいでしょう。

6.なぜワキ脱毛の料金は安いのか?

ワキ脱毛は他の部位と比べてリーズナブルですが、なぜなのでしょうか?

考えられる理由としては「ワキが元々狭い部位だ」ということ。

実は料金は面積によって決められることが多く、その点でワキは安価なパーツです。

次に考えられるのはサロンの”戦略”。

ワキを最初の施術部位とする人が多いので、「その料金を抑えれば、多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

7.脱毛完了後、効果に満足できない場合はどうすればいい?

サロンに長い間通い続けて、ワキ脱毛が完了。ところがその結果に不満が残る——。

そんな時は、もちろん同じ店で施術を続けることもできます。
ただ、そうなると追加料金が必要となり、出費が馬鹿になりません。

また、そのサロンをやめて、改めて他店で施術をやり直すという方法もあります。しかしこの場合はカウンセリングから始めなければならないので、時間と手間がずいぶんムダです。

これらの事態を避けるためには、とにかく施術回数と期間に余裕を見ておくことが重要。
なるべくなら施術回数に制限のないプランを選ぶようにして下さい。

8.「脱毛をするとワキの汗が増えてしまう」って本当なの?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、ひとつ説明しておきます。

ネットでワキ脱毛のことをグーグル検索していると「脱毛を終えてからワキ汗がひどくなった」という口コミがヒットします。

こんなことが本当にありうるのでしょうか?

答えを先に述べましょう。——これは完全なデマです。

ただ、「ワキの汗がひどくなった」と誤解している人は確かにいるようです。

調べてみたところ、「これまでワキ毛で止められていた汗が処理後に肌を流れるようになり、汗の量が増えたと勘違いする」というのが事の真相。

つまり単なる感覚の問題にすぎず、汗の量は脱毛前と同じです。

しばらくすると汗が流れていく感覚にも慣れてしまい、違和感もなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? ワキ脱毛の詳細やサロンの選び方について様々な観点から紹介してみました。

ぜひこれらのポイントを参考にして、自分に合ったサロンと契約して下さい。

施術を終えればワキへの視線が平気になり、肌のコンデションもきっと改善されていくはずです。

気になる部位別!おすすめ脱毛サロン情報はこちら


kao waki

ude ashi

senaka vio

top

脱毛サロンの無料カウンセリングの時間

カウンセリング

脱毛サロンの無料カウンセリングについて

現在、ほとんどの脱毛サロンで、カウンセリングが無料で行われています。

このカウンセリングは、施術してもらうなら必ず受けなければなりません。

その理由としては——

・そのサロンで行なわれている脱毛方法が、自分に合ったものなのかを理解してもらう。
・契約をすると一括払いをすることが多いので、事前にしっかり考える時間を与える。
・肌トラブルなどのリスクについて詳しく説明する。

といったことが考えられます。

カウンセリングの流れですが、以下のようなものが一般的です——

1)カウンセリングシートにデータを記入する。
2)サロンについて詳しく紹介した資料、映像を見る。
3)毛周期など、脱毛の基本について説明を聞く。
4)「どの部位を脱毛したいのか」など、こちらのリクエストを述べる。
5)オススメプランが紹介される。

さらにサロンによっては、以下のようにお試し脱毛やテスト照射をおこなってくれるところもあります——

キレイモ……お試しハンド脱毛

ジェイエステ……19箇所から1つの部位を選んで照射

いずれも無料なのでお得です。

なお、所要時間ですが、上記のようなお試し脱毛などがない場合は、30分から40分程度。ただ脱毛自体が始めてで、色々と質問や説明のやり取りがあるとなると、最低でも1時間はかかるでしょう。1時間半ほど余裕を見ておいた方が無難です。

あと気になるのが「無理な勧誘があるのでは?」という点——。

以前、エステサロンでの強引な勧誘行為についてニュースで取り上げられたため、神経質になる人が多いのですが、現在そのような勧誘は禁止している店がほとんどです。

もちろんプランについて勧めてくることはありますが、はっきり断れば店側もしつこく言ってこないので、安心して下さい。

船橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ