家庭用脱毛器の購入で損をしないために

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

最近は美容意識の向上もあって、脱毛をやってみたいという人が増えています。サロンや医療クリニックは予約で満員。
さらに家庭用脱毛器の売上もよく、家電店に専用売り場まで設けられているようです。

「自分も試しに買ってみたい」という人もいるでしょう。ただ、まだまだ特殊な美容器具ですし、どれにするか困ってしまうほど種類があります。手に入れて失望しないためにも使用の上での利点や難点、機種の特性などについて、しっかり把握する必要があります。

そこで、このページを作りました。
家庭用脱毛器の購入を考慮中という人のために、上手な選び方のコツ等について、解説していこうと思います。

家庭用脱毛器とはどんなものなのか

家庭用脱毛器
現在、ドラッグストアなどで売られているムダ毛の自己処理用ツールは、以下の2つに大別されます——

肌の表面から伸びている部分だけを処理するもの

カミソリ、電気カミソリ、クリーム

毛根からムダ毛の全部を引き抜くもの

毛抜き、脱毛テープ、ワックス

これらのうち、前者は正確には「脱毛」とは言えず、単なる「除毛」にすぎません。そして後者は「脱毛」といえば「脱毛」なのですが、毛根の発毛機能にはダメージを及ぼさないため、引き抜いてもムダ毛は伸び続けます。

ということで、最近までムダ毛の発毛を止めるには、サロンや医療クリニックでマシンによる施術を受けるしか方法がありませんでした。

そんな時に発売されたのが、家庭用脱毛器です。これはムダ毛処理で悩んでいた人にとっては喜ばしいニュースでした。

何しろサロンやクリニックで脱毛してもらう場合、肌が無毛状態になるまで数ヶ月から数年は必要です。
その間にうんざりして通うのをやめる人も多いですし、その施術料が10万円を越えることも通例のことです。

それが家庭用脱毛器だと、同じ効果が期待できる上にお金がはるかに節約できるのですから、あっという間に売れ筋商品となったのも当然でしょう。

ただ、最も安いものでも2万円近くはするので、いざ買うとなると、どの機種を選ぶべきか慎重になってしまいます。

以下に述べる選び方のコツやその方式の特徴をしっかり理解して、自分の目的に合致した機種を見つけ出して下さい。

選ぶ際に大事になるポイントとは?

選ぶ際に大事になるポイント
家庭用脱毛器は、方式や機種の差がてきめんに効果にあらわれる商品だと言われています。「たまたまバーゲンをやっていたから」「デザインや色に惹かれたから」といった理由で安易に購入してしまうと、結局は失望する結果に終わるようです。

家庭用脱毛器の購入でガッカリしないためにはどうしたらいいのか、重要なポイントをあげてみます——

長く使うものなので使い勝手が大事

ネットで家庭用脱毛器の口コミを検索してみると、

「『スピーディにムダ毛が処理できる』という話だったので購入しました。でも私には取っ手のところが重すぎて、持っているだけで手が疲れてきます」

「出力が強いのは良いのですが、1回の照射面積がかなり小さいのが欠点です。おかげで足や腕を手入れする時は時間がかかります」

「動作音が予想していたよりも大きく、夜中などは使えません」

などの感想がかなりの数、投稿されていました。このように「使用感が悪い」ということで、わざわざ購入したにもかかわらずいつの間にか使わなくなった、という人も少なくないようです。

こんな悲しいことにならないためにも、照射面積や連射機能、最大出力レベルなどの情報は公式サイトなどで調べるようにしましょう。また、脱毛器を売っているディスカウントショップや家電店が近場にあるなら、実際に触って重量を確かめた方が無難です。

コストパフォーマンスはどうか?

脱毛器の購入でよく聞くのは、本体はかなり安くで手に入れたのに、消耗品であるカートリッジのコストが想像以上にかかってガッカリする、というもの……。

家庭用脱毛器は2万円を切る格安品から、10万円を越える高級品まで色々なものがそろっていますが、使用するたびに消耗していくカートリッジの存在を忘れてはいけません。

買うと決めたら、本体価格はもちろん、カートリッジの価格、そしてその交換頻度をしっかりとチェックしておきましょう。

脱毛効果を知っておく

サロンとクリニックでは施術に用いるマシンの種類が違いますが、家庭用脱毛器でも機種によって違う方式が使われています。現在メインとなっているのは、フラッシュ式、レーザー式、超音波式の3つですが、それぞれに利点と難点があります。

どれだけ脱毛効果をあげたいのか、あるいはどのパーツを手入れしたいのかは人によって様々ですから、各方式の特性をよく把握しておくべきです。

また、「顔・VIOなどのデリケートな部位にも使用できるか」「1回の処理に要する時間はどれくらいか」といった細かい情報に関しても、なるべくチェックしておきましょう。

以上、使用感・コスパ・脱毛効果の3つの項目に関しては、しっかり覚えておいて下さい。

家庭用脱毛器の使用における利点と難点

利点と難点

利点

・脱毛サロンや医療クリニックの2分の1以下の金額で、ムダ毛の処理ができる
・わざわざ交通費をかけて施術場所に行く必要がない
・他人に見られたくないパーツのムダ毛も処理できる

難点

・うなじ、お尻、背中といった手が届かない部位は手伝いがいる
・何もかも自分でやらなければならないので、面倒くさい
・肌トラブルの予防と対処に手間がかかる

永久脱毛は家庭用脱毛器でできるのか?

永久脱毛は家庭用脱毛器でできるのか?
ほとんどの家庭用脱毛器はサロンやクリニックで使われているマシンの小型版で、脱毛原理の点では全く同じです。ただ、光の照射で生じがちな肌トラブルを防ぐため、出力がかなり抑えられています。そのため、永久脱毛の処置はできません。

なお、知らない人が結構多いのですが、サロンの脱毛に関しては「抑毛」で、発毛器官は弱体化するだけです。ですから、数年経てば毛は復活します。

永久脱毛を望むなら、医療クリニックと契約し、レーザー脱毛を受けて下さい。

脱毛の方式にはどんなものがある?

脱毛の方式の種類
家庭用脱毛器でよく使われている方式について、簡単に解説してみましょう——

フラッシュ式

フラッシュ式は大抵の家庭用脱毛器が用いている方式で、サロンでの施術と同じ効果が得られます。使用されるのはIPLという特別なライトです。

これを肌に直接照射すると、皮膚の奥にある毛根が高熱を発して弱体化します。そして照射を続けていくうちに毛が薄くなり、本数も減少していきます。

1番の長所はIPLの出口が広く、1回の照射で処理できる面積が広いこと。そのため、処理の素早さという点で他の方式の追随を許しません。腕・背中・足といった部位の処理にはピッタリです。

照射パワーは過度に強くないため、火傷の心配もまずありません。もちろん痛みもほとんど感じずにすみます。

欠点は、脱毛完了までにかかる期間が長いこと。それでも1年間ほど照射を続ければ、肌がキレイな無毛状態になります。

レーザー式

医療クリニックの大部分で使われているのがレーザー式脱毛。照射されたレーザーライトがメラニン色素を含むムダ毛に反応し、熱エネルギーに変わります。その結果、毛乳頭や毛母細胞といった発毛を促す部位にダメージが及んで、毛が伸びなくなります。

フラッシュ式と違って光が集中するために効果が高く、指などの狭い部位、それに毛根の頑丈な太い毛を処理したい場合に最適です。

脱毛完了に要する期間も短か目で、照射を2週間に1度の割で続ければ、3ヶ月ほどで効果があらわれます。

ただ足や背中のような広い部位には向いていません。処理に長い時間が必要で、打ち漏れも生じやすくなります。

また、レーザーを照射した時の「痛み」が大きな難点です。
ネットでも「覚悟していたけど、想像以上の痛みで声が出た」「照射する時はビクビクして冷や汗が流れる」といった口コミが投稿されています。

特にデリケートゾーン、骨付近のスネ、脇などは痛みを感じやすい部位なので、照射出力を控え目にした方がいいでしょう。

また、レーザーが皮膚の黒い箇所に反応することがあるので、ホクロやシミにはシールなどを貼るか、照射自体を避けるようにして下さい。

高周波(超音波)式

高周波脱毛器は、ムダ毛をピッカーというピンセットのような先端ではさみ、そこに弱い電流を通して発毛機能を阻害します。光による処理ではないので、目の付近の部位(額の生え際、眉など)の脱毛ができます。

また、フラッシュ式やレーザー式では日焼け肌のムダ毛、白髪は処理が難しいのですが、高周波であれば対処可能です。

ただ、1本1本を処理していくために時間がかかり、広い部位には向いていません。
さっさと脱毛をおこないたいなら、フラッシュ式の方がいいでしょう。

サーミコン(熱線)式とローラー式

フラッシュ式、レーザー式、高周波式の3つは、毛根に熱による損傷を与えて発毛を妨げます。しかし「サーミコン(熱線)式」「ローラー式」の場合、毛根へのダメージ機能は備わっていません。

サーミコン式脱毛器は、ヘッド内蔵の熱線を使ってムダ毛を処理します。あくまで表面から外へ伸びている部分を焼き切るだけなので、すぐに毛は生えてきます。

ただ、カミソリと違って毛先が丸くなるため、毛がチクチクするのが嫌な人には向いているでしょう。

そして「ローラー式」ですが、これはローラーのスリットにムダ毛を絡ませて根元から引き抜きます。

要するに毛抜と同じなわけですが、広範囲をスピーディに手入れできるのがメリットです。もちろん肌や毛穴への刺激が強いため、おすすめはできません。

売れ筋の家庭用脱毛器の価格は?

家庭用脱毛器の価格
家庭用脱毛器を買おうと決めた時、最も気になるのがその価格でしょう。

ここでは公式サイトを参考に、売れ筋の家庭用脱毛器の価格をまとめてみました(「照射面積」「1ショットあたりの単価」も一緒に書いておきます)。

・ケノン
価格…69,800円(税込)
照射面積…9.25平方センチ
1ショットあたりの単価…0.04〜0.59円

・シルクエキスパート
価格…49,299円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…1.78円

・4x
価格…38,999円(税込)
照射面積…1平方センチ
1ショットあたりの単価…0.08円

・ラヴィ
価格…40,000円(税込)
照射面積…6平方センチ
1ショットあたりの単価…0.24〜0.61円

・レイボーテグランデ
価格…116,640円(税込)
照射面積…12平方センチ
1ショットあたりの単価…0.05円

・ルメア・プレステージ
価格…57,998円(税込)
照射面積…4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.20円

・光エステ
価格…25,200円(税込)
照射面積…5.4平方センチ
1ショットあたりの単価…0.29円

このうち、1番値段の高いのはレイボーテグランデの116,640円、そして1番安価なのは光エステの25,200円です(ちなみにもっと安い機種もあるのですが、それらは正確には「除毛器」ということで除外しました)。

上でも言ったように、購入の際はカートリッジの値段を考慮しなければなりません。一覧には記しませんでしたが、カートリッジのコストがどれくらいなのか、自分で確認しておきましょう。
本体価格に加えてカートリッジの数字を比較することで、実際の価格差がハッキリします。

そして、ワンショットの単価も重要です。上の一覧をさっと見て、「ワンショットあたりのコストの差なんて、ほんのわずかだ」と考えてしまう人がいるかもしれません。

しかし、脱毛は1度の照射で終りではありません。2週間に1回は続ける必要があります。つまり、ワンショットのささいな差でも、何度も繰り返すことで大きな違いとなるのです。

最後に「照射範囲」もチェックが必要なデータです。1回の照射範囲と反比例してショットの数は少なくなっていきますから、カートリッジのコストも節約できます。

上のデータでは4xの照射範囲が極端に狭くなっていますが、これは4xがレーザー式だからです。フラッシュ式を採用しているレイボーテグランデやケノンの数字と比べると、大きな差があります。

広い部位を処理したいなら、照射の面積&単価がどれほどなのか、よく確認しておきましょう。
その上で、なるべく自分の予算と目的に見合ったものを購入して下さい。

以上、家庭用脱毛器の特徴や選び方のコツなどについて解説してみました。いかがだったでしょうか?

上で述べたように、家庭用脱毛器の効果はその機種・方式によってかなり違ってきます。また本体のほか、カートリッジの価格をあらかじめチェックしておくことも大切です。

ぜひ自分にふさわしい製品を選び、快適な脱毛生活を送って下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*