脱毛期間について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛処理が終了

脱毛処理が終了するまでどれくらいかかるの?

「脱毛というのは毛を抜いてしまえば終了」——。

そう思っていませんか?

そんな人は「脱毛サロンに何年も通っている」という話を聞いたら、ムダ毛が生える度にわざわざサロンに行っているのかと勘違いすることでしょう。

もちろん、毛を抜けば脱毛処理が終わってしまうわけではありません。サロンで行っている施術は毛の生え方に合わせたもので、そのために処理が完了するまでどうしても時間がかかってしまうのです。

毛には「成長期」「退行期」「休止期」というサイクルがあります。これが「毛周期」と呼ばれるもので、一巡りする期間は2ヶ月〜5ヶ月ほどとされています。

このうち、「成長期」はその名の通り、毛が育ち、肌の外側に伸びてくる時期。

次の「退行期」は毛の成長が止まり、毛乳頭から離れかけている時期。

そして「休止期」は、毛が毛乳頭から完全に離れてしまい、抜けるのを待っている時期です。

施術を行う場合、退行期や休止期では意味がなく、効果があるのは成長期のみ。メラニン色素だけに反応する特殊な光を照射すると、1週間から2週間で根元から抜けていき、1ヶ月から2ヶ月の間毛がない状態になります(その後はまた生えてきます)。

休止期は、顔に関してはおよそ1ヶ月、それ以外の部位に関しては約2ヶ月です。それぐらいの期間を置いて施術を繰り返していけば、毛そのものがだんだん細くなっていき、本数も減少します。

このようにして、2ヶ月から3ヶ月に1回という頻度で繰り返し照射を行い、2年間ほど経過すれば終了。

ただ、脱毛サロンで施術を受けた場合、数年経つと毛が再び生えてくることになります。

もっと何年も無毛状態にしたい場合は、医療クリニックで施術を受けるといいでしょう。

船橋の人気脱毛サロンランキングTOPへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*