自分にふさわしいメンズ脱毛サロンの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

美に関心の高い人は自分の外見に気を使うものです。
特に外界からのダメージにさらされやすい肌の手入れは欠かせませんが、その時に邪魔っけになるのが、いつの間にか伸びてくるムダ毛です。

習慣的に抜いたり剃ったりする人がほとんどでしょうが、実はカミソリやクリーム、あるいは毛抜などによる自己処理は、手軽にできる代わりに難点も少なくありません。これらのツールは肌へ負担をかけ、それがひどくなると、黒ずみ、埋没毛といった肌トラブルを引き起こしてしまうのです。

そんな面倒な事態を避けたいなら、専門家の手で脱毛してもらうのが1番です。

昔、脱毛は「費用がバカ高いうえにすごく痛い」というイメージがつきまといましたが、新しいマシンの導入もあって面目を一新。施術料はかなり値下げされ、今では女子高校生ですら気楽に施術を受けています。

また「醜い体毛をキレイに処理したい」という男性も多くなり、男性専門のサロンも続々と新規オープンしています。

ただ脱毛に挑戦したいと思っていても、サロンというのは男性にとってハードルが高いものです。

「コストはいくらかかる?」
「脱毛完了までに何日くらい必要?」
「施術は最低何回?」
「痛みはひどい?」

これらの疑問がネックとなり、結局、サロンと縁遠いままの男性も少なくありません。

そこでこのサイトを作ってみました。メンズ脱毛サロンに注目し、そこで使われている脱毛技術、料金、完了までの時間、痛みの程度、そしてサロン選びのポイントについて解説していきます。
脱毛にトライしたい男性の方々、どうか参考になさってください。

光脱毛について

光脱毛について
脱毛について聞かれて「毛穴ひとつひとつに針を入れ、毛根を焼く」という施術方法を答える人がいます。

この返答はあながち間違ってはいません。実際、20年ほど前の脱毛クリニックやエステサロンでは、針に似た使い捨ての電極(プローブ)を毛穴に挿入し、微弱な電気を流すという手法で、ムダ毛の除去をおこなっていました。

これは1869年に考案された「電気分解脱毛法」というもの。アメリカのセントルイスで開業していた眼科医チャールズ・ミッチェルが最初におこないました。

成功すれば死ぬまで無毛の状態を保てるために、この方法は大変普及し、改良された機器が日本にも入ってきました。そして「ニードル脱毛」あるいは「美容電気脱毛」と呼ばれ、当時1番使用頻度の高い脱毛方法となったのです(今でもクリニックの一部で用いられています)。

ただ、この脱毛方法は細いプローブを毛穴に1本1本入れていくため、たいへん手間と時間がかかりました。

やがて、このニードル脱毛に取って代わる脱毛方法がアメリカで発明されます。それがレーザー脱毛です。

この方法は、毛根に直接触れずにムダ毛を処理する、という点で革命的でした。

この原理が、やがて「光脱毛」という脱毛方法を生み、現在のサロンで用いられるようになります。

光脱毛の種類に関して

ここで光脱毛について、ちょっと解説してみましょう。

光脱毛は各方式によって何種類かのライトが使用されますが、それらは肌に射出されると毛の成分のひとつであるメラニン色素に吸収されます。

吸収されたライトは熱エネルギーに変化し、毛根部分で高熱を発生させます。これで発毛器官が衰え、毛の成長が妨害されるわけです。

この施術を長い時間をかけて何度も続けることで毛の本数は段々少なくなり、やがて部位全体がツルツルの状態となります。

今のところ、光脱毛には以下のような方式があります——

「IPL方式」
「SSC方式」
「SHR方式」
「ハイパースキン法」

それぞれの特徴をざっと説明していきましょう。

まず、IPL方式。これはサロンで1番よく用いられている脱毛方法です(「フラッシュ脱毛」と言っているサロンもあります)。IPL(インテンスパルスライト)という広帯域のライトが毛乳頭などの発毛細胞を弱体化。数ヶ月から数年に渡って施術していくと、効果が実感されてきます。

難点は照射時にちょっと痛みがあること。ただ非常に軽微なものなので、問題になりません。

次にSSC方式。「SSC」というのは「スムース・スキン・コントロール」を略したものです。

この方式の1番の特徴は、光線とジェルを併用するところです。

ジェルには、「トレジャービーンズ」というごく小さなカプセルが配合されています。
ジェルを部位に塗った上からクリプトンライトを照射すると、このカプセルが弾け、中に入っている有効成分が毛包に染み込んでいきます。

主な有効成分は、イソフラボン、セイヨウシロヤナギ、サリチル酸、メントールなどが配合されたフィリニーブ。抑毛効果はもちろん、炎症抑制、保湿効果を備え、施術後の乾燥によるトラブルを防ぐことができます。

脱毛効果を持っているのはあくまでジェルなので、ライトは低い温度でも問題ありません。ですからIPLよりも痛みは軽減されます。

次にSHR方式。こちらは「スーパーヘアリムーバル」を略したもので、「蓄熱式」とも呼ばれます。

上記の方式では毛根が損傷を与えられる部位となっていましたが、SHRの場合は毛根の一部であるバルジ領域が標的です。バルジ(bulge)というのは「ふくらみ」を意味しますが、名前の通りに少しふくらみのあるパーツです。
毛の底部に存在する毛球、毛乳頭よりも肌の表面に近いところにあります。

このバルジ領域は毛球部に刺激を与えて毛を産生させている組織。つまり、バルジ領域だけを弱体化すれば、ほかの毛根部分はそのままでも毛は伸びてこないわけです。

バルジ領域は大変敏感な部位なので、時間をかけて低い熱を加え続ければ、十分なダメージを与えられます。このことで痛みが非常に少ない施術ができます。

最後にハイパースキン法。こちらは発毛因子を弱体化するため、毛にメラニン色素が含まれていなくても大丈夫です。施術のライトは36度〜38度しか温度が上昇しないため、痛みがまったくありません。
ただ、デメリットとしては顔のヒゲを脱毛するのが難しいため、男性には不向きかもしれません。

光脱毛と医療レーザー脱毛を比較する

比較する
サロンでは上に列挙したような方式が主流ですが、医療クリニックではレーザー脱毛がメインで用いられています。この2つについて様々な点を比べてみましょう。

施術回数

光脱毛の施術回数、及び除去できるムダ毛の割合は、以下のようになっています——

・6回  約50パーセント
・12回 約80パーセント
・18回 約95パーセント

一方、医療レーザー脱毛の場合、約95%のムダ毛を処理するのに5回か6回ですんでしまいます。

レーザー脱毛の原理は光脱毛と基本的に変わらないのですが、照射出力に関しては段違いなため、このように回数が少なくなるのです。

「なぜ一回の施術で全部のムダ毛を処理できないの?」と思われる人がいるでしょうが、それは毛幹(肌の外に伸びている部分)のムダ毛にしかレーザーやIPLなどの光線が反応しないためです。

毛には発毛サイクルがあり(「毛周期」と呼ばれます)、光の照射は成長期の毛、つまり毛幹の毛にしか効果がありません。他の毛は肌の下に埋もれているので、除去しようと思ったら成長期を待つ必要があります。
IPL方式の場合は「輪ゴムで弾かれたほどの痛み」と言われますが、ほかのSSC方式、SHR方式、ハイパースキン法などは、光を照射されてもほとんど痛みは感じません。

もちろん、それだけ照射出力は抑え気味で、「肌がツルツルになってきた」と実感できるまでの日数は長くなります。

一方、医療レーザーは威力が抜群に強いため、照射時はいきなり針を刺したような激烈な痛みがあります。ただ効果は優れているので、この痛みはやむを得ないとも言えます(痛みに敏感な人には、別料金を取って部分麻酔をかけてくれるクリニックもあります)。

ただ、その痛みはあくまで瞬間的なもので、重篤なヤケドのようにずっとズキズキするわけではありません。また、施術を続けて毛が段々と減っていくと、痛みはもっと軽くなるので、その点は安心です。

色々なケア

サロンの光脱毛はムダ毛の処理だけでなく美肌ケアもサービスされている場合が多く、施術時に塗られる専用ジェルに保湿成分が入っていたり、脱毛後の冷却にたっぷり時間をかけたりしています。

一方、レーザー脱毛だとクリニックだということもあって顧客サービスはなく、冷却もやらないケースがあります。

心地よいサービスを求めるなら、サロンの方にすべきでしょう。

光脱毛&サロンの長所・短所

長所・短所

長所

・クリニックと比較すると、料金が圧倒的に安い
・痛みが軽微で、ハイパースキン法を選べば全くの無痛
・ジェルのケアや部位の冷却など、顧客サービスが優れている
・店内が非常にキレイで心地よい

短所

・レーザー脱毛よりも施術に時間がかかる
・薄い色の毛や産毛は、メラニン色素が少量なので脱毛しにくい

サロンをどうやって選ぶか?

どうやって選ぶか?
メンズ脱毛サロンをチョイスする時の留意点をいくつかあげてみます——

顧客が本当に男性オンリーなのか調べる

メンズ脱毛サロンというと、「顧客は男性だけ」と思いこみがちですが、実際は男性をメインにしているだけで、女性でも顧客になれる店もあります。

通常の有名サロンでなく、メンズ専門店を選んだ男性の中には、施術に訪れたところを女性に見られたくないという人も少なくないでしょう。

それなのに、店内でその存在を気にしなければならない、というのはイヤなものです。

そのサロンの顧客が本当に男性だけなのかどうか、あらかじめ店に質問しておきましょう。

男性のスタッフを指名可能か?

顧客は男性だけ、というメンズ脱毛サロンでも、実は男性脱毛士が施術を担当するとは限りません。中には女性のスタッフがマシンを操作するところもあります。

「女性脱毛士に施術をされるのはイヤだ」という男性も結構多いと思いますので、男性のスタッフを指名できるか、という点もあらかじめ確認しておくべきです。

施術技術をネットで調べる

これは特にメンズ脱毛サロンだけのことではありませんが、サロンをチョイスする時はネットの口コミサイトをのぞいてみるべきです。

男性と女性の脱毛では、決定的に違う点があります。それは、施術の大変さです。

男性は男性ホルモンの分泌が多いためにどうしても体毛が濃くなり、女性と同じ施術では効果が中々あがりません。

そのため光線のパワーを高める必要があるのですが、これは経験豊富なスタッフでないとその加減ができないとされています。

つまり、スタッフの腕前によって、脱毛効果の差が大きく出てくるわけです。

ただ、サロン側はスタッフがどれほどの腕前なのかを明かしてはくれませんし、公式ページやカウンセリングだけでは、どのスタッフがベテランなのかは分かりません。

こんな時に口コミサイトなら、実際に施術してもらった顧客が意見を投稿しているので参考になります。

サービスの評判は?

サロンの場合、全身脱毛のプランだと2年くらいは店舗に通う必要があります。

施術回数もそれだけ多くなりますが、もし脱毛士の態度が良くないと、心地よい施術を受けることはできません。

どれだけ施術料が安くても、サービス面で不快だと、中途解約したくなるでしょう。

解約などという事態を避けるためにも、スタッフの対応について口コミをチェックしておきましょう。

以上、脱毛に挑戦したいという男性のために、メンズ脱毛サロンの情報を色々な面から紹介してみました。

現在、脱毛はブーム状態です。サロンも多くなり、その競争も激化。値下げサービスもよく実施されているので、店のサイトなどを小まめにチェックするようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*