自分ではチェックにしくい背中の毛を脱毛してもらおう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ある週刊誌に、「”顔立ちはキレイだが肌は汚れている女性”と”肌はキレイだが美人とは言えない女性”の2人なら、どちらと付き合いたいですか?」という男性向けのアンケートが載っていました。

その結果を見ると、”肌はキレイだが美人とは言えない女性”の方が1位となっています。

そちらを選んだ人の意見には——

「肌がツヤツヤだと、清潔感がある」
「きめ細かい肌の女性は、中年になっても美しい」
「肌が汚いと、ロクな生活をしてないだろうと思ってしまう」

などがありました。

この結果を見ると、自分の容姿に自信のない女性は安堵するのではないでしょうか。生まれつきの顔つきは整形手術でもしない限り変えることは不可能ですが、肌さえ丁寧にケアすれば、男性に十分好まれることが分かるからです。

実際、美容に懸命に取り組み、顔、腕、脚といった人目につく部位のケアを連日欠かさない女性が多くいます。

しかしそんな人でも、ついケアを忘れがちなパーツがあるのをご存知ですか?

それは、「背中」です——。

背中は、鏡などで見ないと自分の眼ではチェックしにくいところ。そのため、その肌の手入れも後回しにしがちです。

でも、たとえば海やプールに泳ぎに行った時、ビキニ姿の女性を目にして「背中が毛深くて見栄えが悪い」と思ったことはありませんか。

自分では見ていないだけで、実は自分の背中も毛深い状態になっているかもしれません。

可愛い服に身を包んで彼氏とのデートに出かけても、ムダ毛が一面に生えた背中を見られたら、ガッカリされる危険性は高くなります。それではワクワク気分のデートも台無しでしょう。そんな目にあわないためにも、ムダ毛処理に意識的に努めなければなりません。

でも、顔、腕、脚などの目で確認できる部位のムダ毛は自分で処理できても、ひとりでは触るのさえ大変な背中の毛は、一体どうやって剃ったり抜いたりすればいいのでしょうか?

答えは簡単。手慣れたプロが何人もそろっているサロンやクリニックで脱毛してもらうことです。

近年は脱毛もすっかり一般化しました。電車や雑誌の広告はもちろん、芸能人が出てくる奇抜なテレビコマーシャルがよく流れているので、脱毛に関心を持たない男性でもいくつかのサロンやクリニックの名前は聞いたことがあるくらいです。

その認知度がアップするにつれ、手軽な気持ちで施術してもらう女性がグッと増えています。ただ、もちろん脱毛などと無縁な女性もまだまだ存在します。「いつの日か脱毛を経験したい」と何となく思っていても、費用や施術時の痛みなどに対する不安があって、契約に踏み込む勇気がない、という女性は相当な人数にのぼるでしょう。

そこでこのサイトを作ってみました。ビギナー向けの背中脱毛の情報を紹介し、脱毛すればどんなメリットがあるのか、詳しく説明していこうと思います。

脱毛の施術では、”背中”はどこを指すのか?

背中というのは何しろ他の部位より広いため、サロンや医療クリニックでも、「背中上」「背中下」の2つに分けて扱うのが普通です。

「背中上」は、首の付け根から肩甲骨の辺り、「背中下」は肩甲骨からウエストライン辺り、となります(それより下になると「腰」または「ヒップ」と呼ばれます)。

ちなみにサロンやクリニックでは、面積にしたがって施術部位を「Lパーツ」と「Sパーツ」に分けることが多く、料金はLパーツの方が高くなります。

背中の場合、「背中上」「背中下」両方がLパーツです。

ところで、背中を施術する場合、うなじは入っていません。

背中上だけを脱毛すると、うなじ部分との間に色の境界線ができ、見た目が悪くなることがあります。そんなことにならないために、最初から背中と同時にうなじも脱毛してしまう方がいいでしょう。

背中脱毛の料金はどれぐらいが相場?

脱毛しようと決心した時、まず気になってしまうのはその料金です。

そこで有名サロンとクリニックの費用をざっと紹介してみます。

まずはサロンから。

・銀座カラー

オススメは「スタンダードチョイス」というコース。背中上と背中下の片方をチョイスでき、8回セットで42,000円となっています。また、脱毛し放題を選ぶと、75,200円になります。

・TBC

背中の上下が脱毛可能な「チョイスプラン」を選ぶと、Lパーツ1回分が6,000円、6回セットで26,400円です。さらに、Sパーツをひとつ1回無料で脱毛してもらえます。

・ミュゼ

「フリーセレクト美容脱毛コース」がオススメ。Lパーツの4回分が12,000円となっています。また、背中は上下に分かれていて、こちらの望み通りに4回分を割り振ることが可能です。

・ジェイエステティック

「後ろ姿美人プラン」だと、背中の上とうなじが各4回セットで費用は18,000円。さらに両ワキ脱毛12回コースがタダでついてくるため、うなじ、背中上、ワキの3つを一挙に脱毛できます。

次にクリニックの相場も紹介します。

・リゼクリニック

このクリニックでは背中は1つの部位扱いです。料金は5回コースで79,800円。

・湘南美容クリニック

背中は上下2箇所に分かれていて、1回分の料金が各17,410円。6回のコースを選ぶと、81,000円となります。

・アリシアクリニック

リゼクリニックと同じで、背中は1部位として扱われます。料金は5回55,000円とリーズナブル。

また、「背中+えりあし脱毛セット」というプランもあり、これを選ぶと5回分が103,200円になります。

・イセアクリニック

「背中+うなじ脱毛」のコースがあり、5回で98,800円になっています。

以上、主だったサロンやクリニックを紹介してきましたが、プランやコースというのはちょっと複雑です。ネットの公式サイトを丁寧にチェックし、その条件を理解しておきましょう。また、できるだけ毎日サイトにアクセスし、お得なキャンペーンを見逃さないようにして下さい。

背中は脱毛効果が感じにくいパーツ?

実は背中は、脱毛効果が感じにくい部位といわれています。というのも、他のパーツと比べて、生えているムダ毛の色が薄いからです。

「どうして毛の色が薄いと、脱毛効果が感じにくくなるの?」と思われるでしょうが、それには今の脱毛方式が深く関わっています。

以下、サロンと医療クリニックで採用されている脱毛マシンの紹介をしながら、その理由を述べていきます。

いま、サロンで最も普及しているのは、IPL脱毛という方式の機器です。

この機器は、インテンス・パルス・ライト(略してIPL)という自然光に近い光線をキセノンランプを通して肌に当て、毛根を熱で包み込みます。
元来は「フォトフェイシャル」(コラーゲンの生成を促し、くすみ・シミなどの肌トラブルを治す)用のエステの機器で、別に脱毛用ではありませんでした。

しかし、フォトフェイシャルによって「毛が生えなくなった」という顧客が多くいたため、改めて検証をおこなったところ、毛根部位にダメージを与える働きが確認されました。それから、サロンでも脱毛に使用されることになったのです。

IPLの際立った特徴は、光に波長がいくつも含まれている、ということ。そのために肌の広い範囲に光を当てることができます。背中、脚のような大きなパーツには最適で、施術もあっという間に終わってしまいます。

ただ、肌の各層(表皮、真皮、皮下組織)に光線が拡散していくため、毛根へ損傷を与えるパワーはそれほどではありません。

一方、医療クリニックでもっぱら使われているのは、「レーザー脱毛」の機器です。これは、多様なレーザー光を肌に当てて脱毛効果をあげます。

実は脱毛原理そのものは、IPL脱毛とレーザー脱毛で差はありません。どちらのライトも、黒いメラニン色素に当たると熱に変化する特性を持っています。

肌に照射するとムダ毛のメラニンで発熱し、やがて毛根のところで温度が上昇していきます。毛乳頭、毛母細胞、皮脂腺開口部などの組織がその熱でダメージを受け、ムダ毛の成長が防止されるのです。

ただ「原理に差はない」といっても、照射威力については話が別です。レーザー光は局所的な照射ができるのでIPLよりも破壊力が高く、毛根細胞は死滅してしまいます。
そうなるとその部位は永久に無毛状態のままです。

「そんなにパワーの強いレーザー光なら、背中もうまく脱毛できるのでは?」と思われるでしょうが、そう安直にはいきません。

というのも、背中の毛に含有されるメラニン色素は微量で、光を照射しても熱反応が起こりにくいからです。

「では、効率的に脱毛できる方法はないの?」ということになりますが、それについては次のセクションで説明していきます。

背中を効率的に脱毛できる方法は?

背中のムダ毛を効率的に施術する方法には、次の3つがあります——

・S.S.C.方式のマシン
・ダイオードレーザー
・美容電気脱毛

これらについて、順に説明していきましょう。

まず、S.S.C.方式です。S.S.C.は「Smooth Skin Control」の略称で、イタリアのDEKA社が発明しました。

IPL方式とどういう差があるかというと、ライトとジェルを併用する点です。

専用ジェルには「フィリニーブ」というオリジナル成分が配合されています。サルチル酸、ダイズといった抑毛物質が含まれていて、発毛組織を弱体化します。

IPLではメラニン色素が含まれていないと脱毛は困難なのですが、このS.S.C.方式ならメラニン色素の有無にかかわらず脱毛できます。

次にダイオードレーザーです。

現在、医療クリニックで導入されているレーザーには次の3つがあります——

・ダイオードレーザー
・アレキサンドライトレーザー
・ヤグレーザー

これらのレーザーはいずれも波長が異なり、到達する皮膚の深さが違ってきますが、ダイオードレーザーの場合は真皮層に届く丁度よい長さです。

また薄い毛をターゲットにするには出力の調節が大変なのですが、ダイオードレーザーはそれがやりやすく、背中の毛にもキチンと対応できるのです。

ダイオードレーザーの機器には「メディオスターNeXT PRO」と「ライトシェアデュエット」の2つがあります。どちらかを導入しているクリニックを見つければいいでしょう。

最後に美容電気脱毛です。
この方法はIPL脱毛やレーザー脱毛が一般化する前は、脱毛の主流となっていました。

絶縁加工を施した「プローブ」という針を毛穴に差し込み、電気で毛根に大きなダメージを及ぼすため、「ニードル脱毛」「絶縁針脱毛」という呼び方もされます。

毛根に針と電気を使った物理的損傷を与えるため、脱毛効果は非常に高い、といわれています。

ただ針を使うので、痛みは激しくなります。痛いのが苦手な人にとっては、施術は責め苦に近いでしょう。

また、すべてが手作業ということで、手間と時間がかかりますし、料金も安いものではありません。

それらの欠点を理解した上で施術すれば、レーザーよりも良い結果が得られます。

以上、3つの方法を解説してみました。

このうち、最も手軽なのがS.S.C.方式です。「どれにしようか迷う」という人は、とりあえずS.S.C.方式をチョイスしましょう。完全なツルツル状態には至らなかったとしても、減毛だけなら確実に効果があります。

ただ「背中の毛を完全になくしたい」と考えているのなら、やはり美容電気脱毛がベストです。

背中脱毛の疑問&回答

背中脱毛に関する疑問と回答をまとめました。

Q.脱毛するとニキビが完治する?

脱毛によって無毛状態になると、確かに背中にあったニキビが治ったりするようです。

これは、無毛になって毛穴が締まり、色々な肌トラブルが減少するためです。

ただ、施術直後は毛穴にこもった熱で皮膚が乾き、皮脂の分泌が盛んになります。

そうなるとニキビもできやすいので、化粧水やクリームを塗って肌の潤いを保ちましょう。

Q.施術によって硬毛化現象が起きる?

硬毛化というのは、元来は細い毛が、刺激等によって太い剛毛に変わる現象。光線の刺激で毛乳頭の働きが活発になるから、とも言われていますが、まだ確かな原因は不明です。

確かに脱毛で硬毛化が起きることもありますが、施術を継続すると他の毛と同じように処理できますから、特に気にすることはありません。

以上、背中脱毛に関する初心者向けの情報を紹介してみました。いかがだったでしょうか?

暖かくなると、水着や露出度の高い服を身につけたり、髪の毛をアップにすることも多くなります。
そんな時に堂々と背中を見せられるよう、脱毛で肌のコンディションを整えておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*