VIO脱毛について知らない女性へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

女性の艷やかな肌の美しさは、男性すべてを魅了します。
いつの間にか「美肌」という言葉が作られましたが、それが普及したのも、人が肌の美醜にこだわっている証拠。

また美しい肌は健康さにもつながるため、キレイな光沢を帯びた肌に視線を奪われるのも生物的な本能なのかもしれません。

10代20代の女の子が季節を問わず肌を露出したファッションをするのも、人を惹きつけるその魅力を知っているからでしょう。
特にシルエットの美しさを兼ね備えていると、男性だけでなく同じ女性の目もついそちらに向いてしまいます。

面白いことに、周りの視線を浴びるとその美しさも磨かれますから、さらに肌を露出しようという気になります。

ただ引き締まった健康的な肌をアピールするのはいいのですが、その時に気を配る必要があるのが、知らないうちに成長しているムダ毛の存在。

処理をしっかりと施していないとみっともないですし、一旦美しい肌に視線を向けた男性からも「あんなに露出しているくせに手入れもしてないのか」と軽蔑されかねません。

ただ、月に何回も毛抜きやカミソリで自己処理するのは面倒という女性も多いでしょう。そんな人にとって助かるのは、プロが熟練した技術で脱毛してくれるサロンやクリニック。テレビのCMや雑誌の広告などで、それらの名前はすっかり世間に流布しています。

実は、脱毛がこれほど人気を得たのは近年になってから。以前は電気バリを毛穴に突き刺すという大変な方法を取っていたこともあり、ビックリするような費用がかかっていました。そのせいで「カネとヒマのある中年女性が受ける贅沢なもの」というイメージがつきまとっていたのです。

しかし最近ではレーザー技術を応用したスピーディな脱毛マシンが開発され、脱毛してもらう女性が急増。
さらに初心者をターゲットにした様々なキャンペーンが盛んにおこなわれています。

また、脱毛の対象となる部位も以前よりさらに多くなりました。以前は夏にムダ毛の目立つところ(ワキや脚)が施術部位のメインだったのですが、現在では腕や顔に加え、「VIO」というパーツが人気となっています。

それを聞いて「え、VIO? それって体のどこ?」という女性もいるでしょう。脱毛人口は驚くほど増えましたが、サロンや専門クリニックとはまったく縁のない人も多いのですからそれも当然です。

そこでこのサイトを作ってみました。VIO脱毛についての基本的な紹介し、あわせて脱毛一般のトピックもいくつか取り上げています。

「VIO」って一体どこを指すの?

「VIOとは何?」と聞かれて、「コンピューター関係の専門的な用語」と答える人がいるかもしれませんが、もちろん間違っています。実は美容業界で「デリケートゾーン」と名付けられた部位、つまり女性器からお尻にかけての股間一帯を指します。

V、I、Oはそれぞれ——

・Vライン(股間前面のトライアングルで、「ビキニライン」とも呼ばれる)
・Iライン(女性器の両サイドの細長い部位)
・Oライン(肛門を中心に円を描いた半径2センチくらいの部位。「ヒップ奥」と呼ぶクリニックもある)

をあらわしています。

つまり、各パーツと形が似ているアルファベットがあったことから「VIO」と付けられたので、別に長い用語の略称ではありません。

というわけで、「VIO脱毛」を一言でいえばアンダーヘアーの脱毛のこと。

そしてVIO3つを一気に無毛状態にする場合は、「ハイジニーナ」という別の名前でも呼ばれます。

「外国でアンダーヘアーの脱毛が流行っている」というニュースが流れた時、その呼称は「ハイジニーナ脱毛」でした(現在でも、VIOではなく「ハイジニーナ脱毛」という言い方をしているサロンや医療クリニックがあります)。

その時は、美容に関心の高い海外の女優やモデルがおこなっている変わった脱毛、というイメージがあったのですが、それから年月が経ち、いまでは日本でもすっかり人気のあるプランとなっています。

「これから脱毛する予定」という女性の間でも、「最も施術したい部位は何?」と聞かれて、VIOと答える人がたくさんいます(実際、各種のアンケートでもワキに続いて2位となることが多いようです)。

ただ上で述べたようにVIOは3つのパーツを合わせた呼称なので、実際の契約にあたってはそれぞれバラバラに脱毛することもできます。

Vライン脱毛での定番デザインには、どんなものがある?

Vラインは、デリケートゾーンの3つの部位のなかでも、特に施術希望が多いところ。

外国ではハイジニーナが流行っているので、Vラインも完全にツルツルにしてしまう女性が相当数います。しかし、日本ではまだまだ無毛には抵抗があるらしく、女性のほとんどが一部のヘアーしか脱毛しません。

その場合、「残ったヘアーをどんな形にするか」が問題となります。

サロンやクリニックでは、次のように定番デザインを何パターンか用意しています——

・逆三角形

定番デザインの中でも1番人気があるもの。とてもナチュラルなので、「脱毛しました、というデザインはイヤ」という女性にはもってこいでしょう。

・オーバル型

オーバルというのは英語で「楕円」という意味。ナチュラルさは「逆三角形」ほどではありませんが、デザインそのものは女性らしい可愛らしさがあるので、結構人気があります。

・Iライン型

デザインの中では最も大胆なもの。細い線状になるよう、アンダーヘアーを処理します。露出度の高い水着や下着を楽しみたいという場合にはピッタリ。また縦のラインが強調されるので、足を長く見せたい人にも向いています。

・Uライン型

「逆三角形」を元に、尖った縁を柔らかく処理したもの。ナチュラルさを保ちながら脱毛範囲を広くしたい、という人に最適です。

・スクエア型

「Iラインは大胆すぎてできない……」という女性がよくチョイスするデザインです。ただ、やはりナチュラルな感じはしないので、好き嫌いは分かれてしまうでしょう。

ちなみに、クリニックと契約してレーザー脱毛を受ける人は、デザインはよく考えて決めて下さい。

というのもレーザー脱毛だと毛根部位は徹底的に破壊されます。一度脱毛するともう毛は復活しないことが多いので、施術部位は生涯そのまま、ということになります。

もし大胆なデザインにしてしまうと後々悔やむこともあるので、なるべくナチュラルな形にしておく方が無難です。

Oライン脱毛にはどんなメリットが?

V、I、Oの中でも、VラインとIラインはとりわけ脱毛希望者が多くなっています。露出が高めの水着や下着を楽しむなら、どうしてもこの2箇所のヘアーは脱毛しなければならないからでしょう。

ところがOラインだけはなぜか不人気。VとIの陰に隠れる形で、施術希望部位のランキングに入ることがありません。

でもOライン脱毛をすれば肛門付近は非常に清潔になります。ムレが少なくなり、ニオイの不快感も改善されます。

また、セックスをおこなう時も体位によっては男性の目がOラインに向けられることがあるのですが、脱毛しておけば安心できます。

施術の際は、紙パンツが手渡されるのでそれに履き替えます。スタッフがそのパンツをずらしながら、脱毛マシンで施術していくわけです。

「うつ伏せでの開脚姿勢」か「四つん這い」が、施術時の姿勢。恥ずかしさの点で前者の方がマシなので、「うつ伏せで」とスタッフにリクエストしましょう。

最初の頃は恥ずかしいでしょうが、施術を繰り返せばそのうちに慣れてきます。

時間も10〜15分しかかかりません。ぜひOライン脱毛にチャレンジしてみて下さい。

VIO脱毛の費用はどれくらい?

脱毛してみたいと思った時、真っ先に調べるのはその料金でしょう。

ここでは「VIO3つをすべて脱毛するコース」の施術料を紹介してみます(3つを個別に脱毛する場合は金額も違ってきます)。

まず、サロンでの施術の場合。

有名サロンの施術料は下の通りです——

毛を減らす程度に抑える

・ミュゼ
料金総額……116,640円[施術12回で、1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術12回で、1回分は13,603円]

・ディオーネ
料金総額……103,680円[施術12回で、1回分は8,640円]

徹底的にツルツルの状態にする

・ミュゼ
料金総額……174,960円[施術18回で、1回分は9,720円]

・銀座カラー
料金総額……163,244円[施術18回で、1回分は9,070円]

・ディオーネ
料金総額……165,240円[施術18回で、1回分は9,180円]

続いてクリニックでの施術の場合。

有名クリニックの施術料は下の通りです——

毛を減らす程度に抑える

・湘南美容外科
料金総額……60,750円[施術6回で、1回分は10,125円]

・アリシアクリニック
料金総額……61,900円[施術5回で、1回分は12,380円]

・リゼクリニック
料金総額……98,800円[施術5回で、1回分は19,760円]

・城本クリニック
料金総額……92,700円[施術5回で、1回分は18,540円]

徹底的にツルツルの状態にする

・湘南美容外科
料金総額……82,620円[施術9回で、1回分は9,180円]

・アリシアクリニック
料金総額……92,880円[施術8回で、1回分は11,610円]

(リゼクリニックと城本クリニックは、8〜9回のプランなし)

こうして一覧で比較すると、サロンの方は回数が多くて意外に割高。普通高いと言われるクリニックの方がリーズナブルなのがわかります。

特に湘南美容外科が格安なので、VIO脱毛してもらうならここが第一候補でしょう。

なぜ脱毛では何度も施術を繰り返すのか?

最近はブームということで脱毛を受ける人が増えました。ただ、その施術の詳細についてはまだまだ無知な人が多いようです。

例えば「施術を一度受ければ、それだけでその部位は一生無毛状態になる」と勘違いしている方がいます。

確かに施術してもらうと、普通2週間以内に毛が抜けてツルツルになりますが、しばらくすると毛はよみがえります。そんな再生を防ぐには、日数をかけて施術を繰り返す必要があるのです。

「短期間に施術を繰り返したら?」と思う人もいるでしょうが、発毛の仕組みとの関係でそうもいきません。

毛は伸びては抜けることを繰り返していて、そのサイクル(毛周期)は「成長期」「退行期」「休止期」で構成されています。

毛根から成長し、肌へ先端を出す時期が「成長期」。

伸び切って成長がストップした時期が「退行期」。

毛根から離れ、抜けるのを待っている時期が「休止期」。

実は脱毛マシンの効果があるのは、このうちの成長期だけ。

しかも毛一本一本の成長期は異なるので、どうしても脱毛の施術には日数がかかってしまう、というわけです。

トラブルを避けるために施術後の肌をしっかりケア

サロンや医療クリニックでは、脱毛機で施術をおこないます。

現在主流となっているマシンは、レーザー系の光線を肌に照射するもの。この光線は肌には無害で、メラニン色素を含む毛と毛根部位だけに大きな損傷を与えます。

この時、毛根は高熱で焼かれるので、それに接した毛穴も軽微な火傷を負うことになります。

すると肌の水分が蒸発し、バリア機能も一時的に衰えます。そうなると赤み、かゆみ、そしてむくみといった症状が起こりがちになります。

それだけならまだいいのですが、その部位を爪で掻きむしったりすると菌が入りこみ、さらに重篤なトラブルの一因となります。

特に注意したいのが毛嚢炎です。これは毛穴から菌が侵入して炎症となったもの。見た目がブツブツしている上に赤みを帯びていて、ニキビにそっくりです。

普通炎症は軽いので、かゆみも痛みも生じません。放置しておいても、1週間くらい経てば自然に完治してしまいます。

しかし毛穴の奥に感染が及ぶと、段々ふくらみが大きくなっておでき状になり、かゆみや痛みが生じてきます。

症状がひどいと慢性化し、何度も発症するようになるので要注意です。そうなると炎症が広がり、その痕を肌に残すことになります。

そんな事態を招かないためにも、施術後は入浴や飲酒、あるいは汗を伴う運動を避け、バリア機能の衰えた肌を守りましょう。

以上、VIO脱毛に関する初心者向けの情報を色々と紹介してみました。いかがだったでしょうか?

もし、毎週のようにアンダーヘアを自己処理しているのなら、ぜひ一度脱毛してもらうことをおすすめします。カミソリや毛抜きを用いた自己処理は肌に大きな刺激を与えるので、深刻な肌トラブルを引き起こしかねません。

脱毛すれば股間が衛生的になるばかりでなく、肌トラブルを未然に防ぐことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*