ワキ脱毛をしたいなら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ワキ脱毛するなら、どのサロンを選ぶべき?

夏は一年で最も活動的な季節。長期の休みが取れることもあって、旅行やレジャーを楽しむ人も多いでしょう。

暑いこともあって女性も開放的な服装になるのですが、その時に気にかかるのがワキに生えているムダ毛……。

その処理がいい加減だと、うっかり他人に見られ、恥をかくことになりかねません。

といっても自己処理は結構面倒なもの。さらにカミソリや毛抜きを使い続けていると、黒ずみ、埋もれ毛などの肌トラブルを起こしがちです。

「うっとおしい自己処理なんてやめて、脱毛したい!」

と考えてしまう女性も多いでしょう。

でも、サロンに行ったことのない人にとって脱毛というのは何となく不安なもので、どうしてもハードルが高くなります。

「どれくらいの期間、通わないとダメなの?」
「完了するまで施術は何回必要?」
「痛みがあるって噂だけど本当?」
「料金がずいぶんかかるんじゃあ?」

これらの疑問が解決できないまま、結局、サロンとは無縁にムダ毛処理を続けている、という女性も少なくありません。

そこで、そんなお悩みを解消するため、ワキ脱毛の料金、その効果、サロンなどについて詳しく紹介してみることにしました。

このページが、ワキ毛で悩んでいる女性の助けになれば、と思います。

「脱毛」ってどんなもの?

ワキ脱毛について紹介する前に、「脱毛とはどういうものか?」ということを述べてみます。

世間では勘違いしている人が多いのですが、「脱毛」というのは、別に毛を抜くものではありません。そんなことなら自宅で毛抜きやワックスを使って行えてしまいます。

実はサロンやクリニックの施術においてターゲットとなるのは、肌の表面に出ているムダ毛そのものではなく、皮膚の中に隠れている毛根なのです。

以前は手作業で一本一本の毛根を処置していたのですが、現在では技術革新が進み、特殊な光を照射することで毛根に影響を与える方法をとっています。

この時に用いられるのが、IPLやレーザー。これらの光は、メラニン色素だけに反応する特質を持っています。ムダ毛のある肌に当てると、毛根部分で熱エネルギーへと変わり、毛母細胞、毛乳頭といった発毛組織に大きな損傷を与えます。

この方法は画期的でした。脱毛は気軽に受けられるものとなり、最近では顔、VIOなど、様々な部位を施術してもらう人が急増しています。

その中でもワキは最もポピュラーで、ほとんどの脱毛初心者がまず施術してもらう部位だと言われています。

やはり、夏になると半袖やノースリーブを着る機会が増えますから、「ムダ毛処理をするならまずワキから」と考える女性が多いのでしょう。

また、ワキというのは汗腺が集中している部位でもあります。そのために老廃物が他の部位よりも蓄積しやすく、毛のう炎や埋没毛(埋もれ毛)なども起こりやすいと言われています。

ワキの良い状態をキープするためにも、早くムダ毛を施術してもらい、刺激の強い自己処理は中止するのが得策です。

サロンでの施術回数、値段、痛みの有無について

上記の説明で、ワキ脱毛の特徴がお分かりになったでしょう。
「すぐにサロンで施術を受けたくなった」という女性もいるかもしれません。

ただ、実際にサロンに通うとなると、以下のようなことが気にかかると思います——

・施術回数はどれくらい必要なのか?
・料金は最終的にいくらぐらいかかる?
・施術時の痛みはあるのか? あるならどのくらいのものか?

これらのポイントについて、順番にお答えしていきます。

まず施術回数についてですが、実は脱毛というのは手間のかかるもので、1回や2回程度では終わりません。
ムダ毛が完璧に生えないようにするまで、長い時間が必要です。

特にワキは、狭い場所に太いムダ毛がまとまって生えている厄介な部位。しかも他の部位に比べて毛根が深いところにあるため、顔や脚よりも施術回数が多くなっています。

各サロン、あるいは個人の体質によって違いはあるのですが、施術完了まで12回から18回、というのが平均的な回数です。

続いて料金。これはサロンによってかなりの幅があります。

古くからやっている高級サロンの中には、少しの施術でビックリするような値段をとるところもあるのですが、ワキ脱毛に関しては全般に値段はリーズナブル。
初心者でも受けやすいプランが用意されています。

その中でもオススメのサロンがあって、それはミュゼという全国展開しているチェーン店。

なぜおすすめなのかというと、最も人気を集めている「両ワキ+Vライン美容脱毛完了コース」が驚くほどリーズナブルだからです。

何しろこのプランの料金は100円。缶ジュース並みの金額です。

この値段で脱毛をしてくれるところは他にはありえない、と言い切っていいでしょう。「なるべく安くで最初の施術を受けたい」と考えている初心者にはピッタリです。

最後に、施術中の痛みの有無について。

上述したように、サロンではIPLという特殊な光を使って施術を行います。

このIPLは肌に照射すると毛根部位に含まれているメラニン色素に反応し、熱エネルギーに変化。

そのことで毛乳頭や毛母細胞に大きなダメージを与えるのですが、高熱の影響で周辺の皮膚も軽い火傷を負い、どうしても痛みが生じることになります。

もちろん、火傷といっても軽微なものなので耐えられる範囲内なのですが、多少不快な思いがすることは確かです。

そのIPLのデメリットを解消するために、最近になってSSCという方式が新たに開発されました。

IPLではキセノンランプを使っているのですが、SSC方式ではクリプトンライトというものを使います。
キセノンランプはそれだけで脱毛効果があるのに対し、クリプトンライトは単独では毛根に影響を与えません。

ではどうやって脱毛するのかというと、ムダ毛にSSC専用のジェルを塗ります。

ここにクリプトンライトを照射することで毛根部分にダメージを与え、発毛をストップすることができるのです。

この方式の最大の長所は、ジェルと組み合わせることで脱毛するため、光の威力は弱くても問題ない、というところ。
ライトを強烈にする必要がないため、肌が火傷状態になることもなく、痛みがはるかに軽減されます。

実は、上で紹介したミュゼではこのSSC方式の脱毛機器を使っているのです。

「少しの痛みにも耐えられないので、脱毛の施術なんて受けたくない」という人もいるそうですが、ミュゼならそんな心配なしに脱毛できます。

ワキ脱毛に成功するために

「サロンを選ぶなら、値段、痛み軽減の点でミュゼがベスト」と書きましたが、「近所に店舗がない」という人も多いでしょう。そんな場合、他のサロンを探す必要があります。

ただ、脱毛がちょっとしたブームになったため、現在サロンの数は急増しています。
初心者はどこを選べばいいのか迷ってしまうでしょう。

さらに料金についてもプラン設定が複雑。キャンペーンをチェックしても、どれが1番お得なのか判断がつきません。

そこでサロンを探す時、注意すべきポイントを3点あげてみます。

施術可能回数が少なすぎるプランは選ばない

脱毛がブームといってもまだまだ一般的には馴染みが薄く、勘違いしている人も多いようです。

たとえば1、2回の施術だけでもその部位の毛は一生生えてこない、と思い込んでいる方がいます。

もちろんこれは誤解。施術を1、2度おこなった程度では、ムダ毛を一生生えないようにすることなど不可能です。施術の後、その部位は10日から1ヶ月くらいで確かにムダ毛が抜けて無毛状態になりますが、しばらくすると毛がまた生えてきます。

ムダ毛を完全に処理するには数ヶ月から数年の長期に渡り、IPLやレーザーといった光を定期的に当てていく必要があります。

しかもワキのように太い毛が群がっている部位では、施術の回数が12回〜18回に達するのが普通なのです。

ですから、施術回数があまりにも少ないプランを安さにつられて選んでしまうと、結局完璧な脱毛ができず、施術を追加でおこなう羽目になります。

そうなると出費もかえってかさみますので、回数の少ないプランはなるべく無視し、何度でも施術ができるコースを選ぶようにして下さい。

返金制度や施術期限を契約前にチェックする

サロンに通っているうちに、脱毛技術や接客態度に関して不満を感じる場合があります。
そうなると契約を打ち切りたくなるでしょう。

もちろん解約を申し出ると、サロンの方ではイヤな顔をします。契約をタテに、返金額をケチる、という店が多いようです。

またサロンによっては、施術期間にタイムリミットを設定しているところがあります。それを知らないと「全額払ったのに施術ができない」という泣くに泣けない羽目に陥りますので、事前にキチンと調べておかないといけません。

以上の2点については、契約時にスタッフに確認するのを忘れないようにしましょう。

施術後のケアはしっかり行ってくれる?

ワキは自分で確認しづらいため、知らない間にコンディションが悪くなりがち。
ムダ毛処理だけでなく、黒ずみなどの肌トラブルもしっかりと対処しておきたいものです。

そのために必要なのは、しっかりと肌の潤いを保つこと。

サロンの中にはそれを考え、施術後の保湿ケアに力を入れているところもあります。

こうした店なら美肌効果も期待できるので、一石二鳥です。

脱毛サロンと医療クリニックはどう違う?

ワキ脱毛はサロンだけではなく、医療クリニックでも行っています。

ではサロンとクリニックでは、どのような施術の違いがあるのでしょうか?

現在、サロンでの施術の主流となっているのは、光脱毛(フラッシュ脱毛)と呼ばれる方法。そしてクリニックの方では、レーザー脱毛がもっぱら使われています。

「特殊な光を当て、黒いメラニン色素を含有する毛根に大きな損傷を与える」という点で、脱毛の原理そのものは2つとも変わらないといっていいでしょう。

ではどういう差があるのかというと、毛根に損傷を与える威力です。

レーザーの光は波長が長く、そのパワーも強烈です。毛乳頭、毛母細胞といった組織は高熱によって完璧に破壊されてしまい、ムダ毛がずっと生えてこない、という「永久脱毛」もできます。

また脱毛完了に至る回数にも差が生じます。フラッシュ脱毛だと10回以上かかるところ、レーザー脱毛にすれば数回くらいで完了してしまいます。

もし「短い期間で脱毛を完了したい」と考えている人なら、医療クリニックでレーザー脱毛を受けた方がいいでしょう。

なぜワキ脱毛の料金は安いのか?

ワキ脱毛は他の部位と比べてリーズナブルですが、なぜなのでしょうか?

考えられる理由としては「ワキが元々狭い部位だ」ということ。

実は料金は面積によって決められることが多く、その点でワキは安価なパーツです。

次に考えられるのはサロンの”戦略”。

ワキを最初の施術部位とする人が多いので、「その料金を抑えれば、多くの客をひきつけられる」とサロン側が考えているのです。

脱毛完了後、効果に不満が残る場合は?

サロンに長い間通い続けて、ワキ脱毛が完了。ところがその結果に不満が残る——。

そんな時は、もちろん同じ店で施術を続けることもできます。
ただ、そうなると追加料金が必要となり、出費が馬鹿になりません。

また、そのサロンをやめて、改めて他店で施術をやり直すという方法もあります。しかしこの場合はカウンセリングから始めなければならないので、時間と手間がずいぶんムダです。

これらの事態を避けるためには、とにかく施術回数と期間に余裕を見ておくことが重要。
なるべくなら施術回数に制限のないプランを選ぶようにして下さい。

「脱毛をするとワキの汗が増えてしまう」って本当なの?

最後に脱毛完了後の”ある現象”について、ひとつ説明しておきます。

ネットでワキ脱毛のことをグーグル検索していると「脱毛を終えてからワキ汗がひどくなった」という口コミがヒットします。

こんなことが本当にありうるのでしょうか?

答えを先に述べましょう。——これは完全なデマです。

ただ、「ワキの汗がひどくなった」と誤解している人は確かにいるようです。

調べてみたところ、「これまでワキ毛で止められていた汗が処理後に肌を流れるようになり、汗の量が増えたと勘違いする」というのが事の真相。

つまり単なる感覚の問題にすぎず、汗の量は脱毛前と同じです。

しばらくすると汗が流れていく感覚にも慣れてしまい、違和感もなくなるでしょう。

いかがだったでしょうか? ワキ脱毛の詳細やサロンの選び方について様々な観点から紹介してみました。

ぜひこれらのポイントを参考にして、自分に合ったサロンと契約して下さい。

施術を終えればワキへの視線が平気になり、肌のコンデションもきっと改善されていくはずです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*