脱毛サロンの勧誘を上手に断る3つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛サロンの勧誘を適切に断る方法

勧誘を断る女性
脱毛サロンの勧誘の上手な断り方としては自分の立場をアピールして自分に契約する権限がないと伝えましょう。だから帰宅してから相談して決めると断るとスムーズです。ちなみに立場のアピールとは学生なら親に相談をしないといけないとか同棲している彼氏の許可が必要とか旦那に無断では決められないといった風に説明することです。だから自分だけでは決定することが出来ないので、自宅で話あってから結論を出すと伝えれば相手も引きます。何故なら脱毛サロンは無理やり契約をさせて問題になることを恐れているので、後から親や旦那さんが出てきて揉めることを回避しようとします。

一度家に帰って冷静に判断する

他にもお金がないことをアピールするのも1つの断り方です。脱毛サロンはローンを組むことも出来ますが、無職、専業主婦、学生はローンを組むことが難しいんです。だから自由に使えるお金が少ないと相手に判断されれば勧誘もあまりしてきません。

他にも押しに弱い人は友達と一緒に体験脱毛に行くようにしましょう。事前に今日は絶対に契約はせずに家に帰って相談しようと打ち合わせをしておくと安心です。

体験コースでキレイになってテンションが上がってしまい、その場では冷静な判断が出来なくなってしまいます。だからどんなにサービスや対応がいい脱毛サロンであっても勧誘は断り一度家に帰って冷静に判断する必要があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*