産後の脱毛施設による脱毛を受ける際の注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

出産後のムダ毛の処理について

産後の女性
産後は、妊娠中に胎児の体に女性ホルモンが行き渡る影響により、必然的に女性ホルモンの割合が少なくなります。

そのため、男性ホルモンの割合が多くなるので、ホルモンバランスが妊娠前と比べて乱れるので、肌が敏感になります。

また、毛根細胞も機能しなくなるので産後に脱毛施設に通っても利用を断られることになります。

ちなみに、産後に脱毛を受けても脱毛効果を得にくいですが、ホルモンバランスが崩れても母乳には悪影響を及ぼす恐れがありません。

けれども、産後は赤ちゃんの世話をする時間が重要となるので、脱毛施設に通うのが困難となります。

なぜなら、脱毛施設の多くは産後の女性客が利用するのを断るので、妊娠が判明したら利用を休ませるからです。

産後に脱毛施設での脱毛を受ける場合

また、産後から半年経ってホルモンバランスが改善されると、脱毛施設での脱毛を再開することが可能となります。

とはいえ、自己判断で再開するタイミングを計るのでなく、担当スタッフの指示に従う方が肌に安全となります。

担当スタッフは、産後の女性客の体の状態を把握して再開するタイミングを計ります。

それは、産後から半年経ってもホルモンバランスが乱れているままのこともあるので、肌の状態が正常でない可能性が考慮されるからです。

また、サロンの光脱毛とクリニックのレーザー脱毛では、脱毛で使われる可視光線がメラニンに反応する性質を持ちます。

よって、産後からホルモンバランスが落ち着くまで脱毛施設での脱毛を受けても、可視光線がメラニンに反応しにくいので、脱毛効果を得にくい状態となります。

そのため、産後に脱毛施設での脱毛を受ける際は、注意点として利用を断られても脱毛を受けないことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*