ワキガの原因と永久脱毛によってワキガを改善できる理屈について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

脱毛でワキガは治るのか

ワキガが気になる女性
生活習慣が乱れてなく汗をかきにくくても、誤った自己処理を脇毛に施すとワキガになることがあります。

なぜなら、脇に存在するアポクリン腺は刺激を受けることで汗を多く分泌するようになるので、ワキガの原因を招くからです。

そのため、毛抜きや脱毛テープといった毛を抜くと同時に肌に強い刺激を与える自己処理は、脇に施すとかえってワキガになりやすくなります。

また、アポクリン腺は一般の汗を出すエクリン汗腺と違って毛穴がないと存在できません。

けれども、誤った自己処理によって脇の肌に負担を掛けると、脇の毛穴を傷つけるのでアポクリン腺から出る汗が多くなります。

永久脱毛によって原因を改善

その影響により、アポクリン腺からワキガの原因となる汗が多く分泌されるようになるので、誤った脇毛の自己処理はワキガの原因を生み出します。

その上、ワキガの臭いを放つ原因となる雑菌が脇毛に繁殖しやすくなるので、脇を何度も自己処理することでワキガを悪化させることになります。

けれども、サロンやクリニックで永久脱毛を施してもらうと、脇毛の毛根を無くすことが可能です。

なぜなら、光脱毛やレーザー脱毛はメラニンに反応するので、深い毛根を破壊することができるからです。

よって、永久脱毛によって脇毛の毛穴を無くすことは、脇毛に雑菌が繁殖しにくくなるのでワキガの臭いを改善することに繋がります。

その上、永久脱毛によって脇毛がなくなるとアポクリン腺が存在できなくなるので、脇から異臭が発している状態を改善できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*